パンとお菓子 料理とレシピ

ロデヴ風パン☆時間はかかるがレシピは簡単!

投稿日:2017年7月23日 更新日:

パンドロデヴというパンをご存知ですか?

フランスの南部にある街の名前が付けられた、水分が多く中身がモチモチしたパンです。

本来は天然酵母を用いて作りますが、私はドライイーストを使って手軽なレシピで作っています。

本式のロデヴとは程遠いかもしれませんが、粉のうま味がしっかり味わえるパンができます。

今回は、ロデヴ風パンのレシピをご紹介します。

広告

ロデヴ風パンのレシピ

※本当のロデヴとは工程、仕上がり共に異なるものだということをご理解くださいね。

材料を測り、合わせる

大きめのボウルに以下の材料を入れます。

  • フランスパン用小麦粉(今回はリスドォルを使用)240g
  • 全粒粉 30g
  • ライ麦粉 30g
  • 塩 6g
  • ドライイースト(赤サフ) 小さじ1/2

これらを泡立て器でグルグル混ぜ、均等にします。

水とハチミツを入れ、へらでこねる

ロデヴは水分の多さが特徴。今回は85%の水分量で作ります。

255mlの水にハチミツ小さじ1を溶かし、混ぜ合わせた粉に一気に注ぎます。

そして、ゴムベラでひとまとまりになるようにこねます。

水分が多いので手でこねるのは難しいです。

ボウルの側面に付いた粉をカードなどでこそげ落としながら一塊になるまでこねます。

ここで、普通のパンのようにしっかり膜が張るようになるまでこねる必要はありません。

まとまったら室温で寝かせる→ガス抜きを繰り返す

一塊になったらボウルにラップをして室温に30分置きます。この日の室温は26℃、寒い日ならオーブンなどの発酵機能を使います。

少し膨らんでつるりとしたらヘラを真ん中に入れてガス抜きし、もう少しこねて一塊にしてからラップをして30分放置。

もう一度ガス抜き→30分放置→ガス抜きと、合計3回繰り返します。

一次発酵して成形

最後のガス抜きを終えたら同じボウルに入れたまま90分室温に置きます。

これが一次発酵らしいです。今までの発酵は何だったのか……。

90分後には2.5倍くらいに膨らんでいます。↓

この状態になったら再度ゴムベラでガス抜きをして、粉を振ったこね台に移します。

こね台はテーブルや調理台ではなく、薄くて大きなまな板などを使うことをおすすめします(理由は後述)。

うちでは100均で買った下敷きくらいの薄さのまな板を使っています。

やはり生地が柔らかいので、手にしっかり打ち粉を付けておきましょう。

べろんと広がるので、縦に三つ折り、横に三つ折りして成形します。

べとついた面が見えるたびに打ち粉を振ります。

オーブンシートに移し二次発酵

つなぎ目が底面になるようにオーブンシートに移します。

生地が柔らかく、手で持って移すことが大変に難しいので、生地の上にオーブンシートを乗せ、こね台ごとひっくり返します。

ここでまな板を使う理由がわかりますね。

このようにきれいな面が上に来るようにシートに乗せたら、濡れぶきんをかぶせて室温で50分発酵します。

発酵後↓

二倍程度に膨らんだら完了。

オーブンの予熱をしながら、生地に化粧粉を振り、カミソリで井桁にクープを入れます。(クープは十字でも波型でもお好みで)

オーブンを高温に予熱して焼く

天板を入れたオーブン260℃に熱し、天板にお湯を少量注いで蒸気を起こします。

そこにすかさず生地をシートごと入れ、260℃で5分、210℃に下げて7分、180℃で25分焼きます。

(温度管理はオーブンの癖によって変わります。とにかく、蒸気を起こした高温で表面を焼き固めてから温度を下げてじっくり焼くということです。)

焼き上がりはこんな感じ。ちょっと不細工でした。

少し冷ましてカットしてみました。

もっと気泡が大きく粗くなるはずでしたが、細かくなってしまいました。

恐らくハチミツの入れすぎだと思います。小さじ1では多かったですね。

でも、これはこれでカンパーニュっぽくて美味しい。

今回使ったおすすめアイテム

フランスパン用の小麦粉、リスドォルはとても便利。

ハード系のパンだけではなく、菓子パン、餃子の皮などにも使えます。

ゴムベラはつなぎ目が無いオールシリコンのものが洗いやすく衛生的です。

パンは発酵の際の雑菌繁殖が心配なので、特におすすめ。

甘いものを付けても、おかずに添えても、オイルだけでも

今回はいかにもなロデヴにはなりませんでしたが、味わいは最高です!

水分が多いので喉越しがいいんですよね。

食べ方は料理に添えて食べても、オリーブオイルを付けてそのまま食べても。

合わせる料理は何でもいけますが、個人的にはラタトゥイユがおすすめです。(作り方はこちら

私はヌテラをがっつり塗ってモリモリ食べるのが好きです。子供っぽいですけどね!

【追記】後日、ロデヴによく合うアンチョビきのこペーストのレシピを更新しました。よろしければどうぞ!
最後までお読みいただきありがとうございます。では、今回はここまで!

広告

広告

-パンとお菓子, 料理とレシピ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

蒸し布と麦

麹から手作りする寒仕込み味噌(1)麦麹を作ろう!1日目

一度は手作りしてみたかった『味噌』! 今年こそはと思って作ってみましたよ! それも、麹菌と乾燥丸麦を使った麦麹作りからやってみました。 これは失敗なのか……?と思われる不安要素が満載ですが、どうにかそ …

ハムチーズ

薄焼きパン「ラップス」で恵方ラップスを作ろう!

私はヨード制限アリの病気のため海苔をあまりたくさん食べられないのですが、恵方巻の時だけは太巻きを食べることを許しています(元々、一日に全型海苔3枚までなら大丈夫と言われていますが、市販の出汁の素などで …

味噌漬け

青唐辛子の味噌漬け(牛タンの横についてるアレ)の作り方

こちらの画像の、牛タン定食の皿の上にちょこっと付いているアレが好きです。 牛タン定食自体あまり食べに行く機会が無いので、青唐辛子の味噌炒め?佃煮なのかな?などと深く考えずに食べていましたが、ある日調べ …

のぼりべつ酪農館の「ピエール・カレ」でグラタンを作りました

前回の記事でお話しした「のぼりべつ酪農館」のチーズ、ピエール・カレです。 ウォッシュタイプのチーズで風味が豊かなのですが、いかんせんそのままではたくさん食べにくい。 個人的に加熱したチーズが好きという …

薬研

憧れのアイテム、薬研をついに買いました……!

↑こんな道具、時代劇のお医者さんや薬種問屋のシーンで見たことありませんか? これは「薬研(ヤゲン)」と言って、生薬をすり潰すための道具なのです。 車輪の部分とそれを受け止める船の部分が鋳物でできた、と …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031