パンとお菓子

パンとお菓子

北海道産ライ麦粉でベルリーナラントブロートを焼く!

稀少と言われる北海道産のライ麦粉が手に入ったので、こちらを使って「ベルリーナラントブロート」というドイツのライ麦パンを焼きます。見た目はそれらしく焼けましたが、出来の方はいまひとつ……。うまくいかなかった原因なども考えてみます。
スペルト小麦

スペルト小麦でパン(お菓子も)を焼く(12)スペルト小麦のシフォンケーキ

強力粉でもシフォンケーキが焼けるらしい、という話を耳にし、早速私も試してみることにしました。普通の強力粉を使ってもよかったのですが、ここはせっかくなのでスペルト小麦粉を使って焼いてみます。ちゃんとふわふわに膨らむかな?
パンとお菓子

北海道産パスタ用小麦粉「ルルロッソ」で食パンを焼く

とても珍しい北海道産のパスタ用小麦粉「ルルロッソ」をたくさん買ったので、パスタだけではなくパンにもチャレンジしてみました。まずはノーマルに食パンから。「さすが硬質の小麦!」という感じの、ふんわりしたパンが焼けました。
スポンサーリンク
スペルト小麦

スペルト小麦でパンを焼く(11)スペルト小麦×ライ麦粉のミッシュブロート

スペルト小麦を使ってライ麦パンを焼きます。今回は小麦粉とライ麦粉を半々に混ぜたドイツパン、ミッシュブロートにしてみました。スペルト小麦もライ麦粉も香りが強い粉ですが、混ぜるとどちらも引き立て合ってとても美味しいパンが焼けました。
パンとお菓子

卵と粉が多め、バター少なめのカサカサッとしたクラシカルなマドレーヌを焼く

焼き菓子の代表格、マドレーヌを焼きます。今流行りのバター多めのリッチなものではなく、卵と粉を多くしたレシピでカサッとした食感のものを作ります。現地フランスでは、少し乾いたものの方が主流だそうな。函館トラピスチヌ修道院で売られている「マダレナケーキ」にも近い、素朴なマドレーヌが焼き上がりました。
パンとお菓子

昨年発売されたヴァンドゥノールという強力小麦粉を買って食パンを焼いてみる

いつも行くお店の小麦粉売り場で「ヴァンドゥノール」という新しい小麦粉を発見しました。ネットなどで調べてみると、お菓子のようなパンが焼けるとのこと。早速買って普段通りに食パンを焼いたところ、確かにお菓子のように香ばしく、噛むと甘味とうま味が滲み出るような食パンになりました!
スペルト小麦

スペルト小麦でパンを焼く(10)黒糖パン(食パン型)

スペルト小麦粉を使用し、黒糖をたっぷり入れた黒糖パンを焼きます。ただでさえべとつくスペルト小麦生地が、黒糖によってさらにべとつきます。でも、成形しにくさをクリアすれば、すごく美味しいコク豊かなパンが焼けます!
スペルト小麦

スペルト小麦でパンを焼く(9)食パン ワンローフ成形

スペルト小麦で食パンを焼くレシピです。普通小麦の食パンよりも水分を減らして、水の一部をコントレックスに差し替えて硬度を上げ、生地を扱いやすくして焼きました。この変更店以外は普通の食パンと変わらない工程で美味しくふっくら焼けました。
スペルト小麦

スペルト小麦でパンを焼く(8)フォカッチャ

オリーブオイルの風味が美味しいフォカッチャを、スペルト小麦全粒粉で焼きます。水の一部を硬水(コントレックス)に換えたり、水分を少なくしたりと過去の失敗を糧に工夫しています。いつもべとついたりダレたりして仕上がりがイマイチだったスペルト小麦パンですが、今回はうまくできました。
パンとお菓子

パンが膨らまない!イーストが死んだわけではないのに膨らまない理由は

ある日、いつも通り食パンを焼いているときに発生したトラブル。 一次発酵も二次発酵も、ほとんど膨らまない……。もちろん焼いても膨らまない。 断面に多少の気泡は見えるが、重たくてまるでかまぼこのようです。材料はいいので味はい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました