コープさっぽろの希少糖ティラミス!スーパーのスイーツとは思えない美味しさ

スポンサーリンク
ティラミス お出かけグルメ
スポンサーリンク

推しスーパーはコープさっぽろ(特にパン・スイーツ部門)と公言している私です。

これまでコープさっぽろの食パン、シュークリーム、フルーツサンドなどなど色々と紹介してきましたが、口コミによると、ティラミスもとても美味しいらしい……。

先日、買い物に行ったついでにスイーツ売り場を見たら、ひとつだけ残っていたので買ってきました!

 

コープさっぽろのおすすめアイテム記事一覧

コープさっぽろ
「コープさっぽろ」の記事一覧です。
スポンサーリンク

希少糖のティラミス

cスイーツ

シュークリームと同じく、C-Sweetsというコープさっぽろオリジナルブランドの商品のようです。

商品名

名前は「希少糖使用のティラミス」!

製造は石狩新港の工場のようですね。

 

希少糖と言っても種類はたくさんあるが、何を使っているんだろうか。

原材料

原材料には異性化液糖とあるのみ。普通の砂糖も入っています。

そして脂肪分も結構なものなので、小さなカップ一つでも287kcal。

希少糖を使っているからと低カロリーではないのです。

血糖値が上がりにくいとか、味がさっぱりしているとか、虫歯になりにくいとか、希少糖と呼ばれる糖には様々な効果があるとされていますが、ここでは取り上げません。

だって、美味しいというから買ったのです。健康上の効果は今はいいや。

中身

上部には厚くホイップクリーム、ココアがかかっている。

内層はほど良くコーヒー味のシロップをしみこませたスポンジとカスタードっぽい風味のマスカルポーネクリーム。

構成としてはコンビニなどでもよく見かけるティラミスと同じです。

味はどうかというと、クリーム類はもちろん、スポンジに至るまでなめらかで口どけが良い。

それでいて軽すぎず、マスカルポーネと卵黄の濃厚さがしっかり残る。

お子様でも美味しく食べられる仕様なのかお酒の風味は無く、コーヒーも苦すぎない。

代わりに上面のココアがアクセントになっています。

 

正直に言うと、希少糖の恩恵はわかりませんでしたが、それ抜きで考えても美味しいティラミスです。

 

欲を言えば、四角くて大きい容器で徳用サイズティラミスを作ってくれればいいなと思いました。

コストコサイズほど大きくなくていいから、せめて4人分くらいの量で。

これなら一人一つ買うよりゴミが出にくいし、家族が多くても分け合えるし、好きな量だけ食べられる。

何より、掬って器に盛り付ければ、来客に出しても「自分で作りました」感を出せるからです……。

美味しくリーズナブルなスイーツで是非おうちカフェを

スーパーマーケットに並ぶスイーツは(シュークリーム以外)あまり買いませんが、今はこんなにレベルが高いものなのか……と、感嘆してしまいました。

もちろんイタリアンレストランのドルチェや、高い技術とこだわりを持つケーキ屋さんのティラミスにはかないませんが、これなら中途半端なカフェのティラミスよりも美味しいと思います。

248円のこのティラミスを買って、家で美味しいコーヒーでも淹れれば安上がりでおうちカフェが楽しめます。カップがプラ製というのがチープだけど。

 

美味しいコーヒーの淹れ方もついでにどうぞ……。

ハンドドリップ

ハンドドリップで真面目にコーヒーを淹れる方法
コーヒーをハンドドリップで淹れる方法を説明しています。ハリオ式のドリッパーとペーパーを使い、シティローストのブラジル豆で淹れます。お湯の温度、豆の挽き方、お湯を注ぐ時間など、できるだけ細かく記載しています。

氷出しコーヒー

優雅に時間を使って水出しならぬ「氷出しコーヒー」を淹れてみる
氷が解ける水滴を利用して、ゆっくりコーヒーを落とす「氷出しコーヒー」を淹れてみました。特別な道具を持たない人でも、ドリッパーが二つと氷とコーヒー豆があれば淹れられるそうです。とても時間がかかりますが、お湯出しとは違った、澄んだ味わいのコーヒーが淹れられます。

サイフォン

サイフォン(ハリオ モカ)を使ってコーヒーを淹れる
サイフォンを頂いたので、これを使ってコーヒーを淹れてみます。普段はペーパードリップ専門の私でも、数回で上手に淹れられるようになりました。お手入れは大変ですが、昔の喫茶店のような風情があって愛用したくなるアイテムです。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました