作り置きと保存食 料理とレシピ 梅干し

梅干し2018!南高梅を18%塩分で漬ける(3)紫蘇入れ

投稿日:2018年7月1日 更新日:

しそ

もう、札幌のスーパーでも赤紫蘇が出回っています。

私の感覚ですが、紫蘇の出回り期はそれほど長くないように思うので、この機会を逃したら、6kg余りを全て白梅干しにすることになってしまう……。

ということで、先月漬けた梅に紫蘇を入れることにします。

梅干しの記事一覧はこちら

広告

今年は群馬産を買ってみた

今年使った紫蘇はこちら。りんごハウスで買った群馬県産です。

某有名梅干し指南サイトでは、群馬県産はあまり推奨されていませんが、産地を選んで買い逃ししたくないので最初に見かけた群馬県産で手を打つとします。

その後に寄った別なスーパーで、同じくらいの値段の北海道産があった……。まあいいや。

群馬産

香りや色味の違いはわかりません。ただ、北海道住みだから道産を使いたいってのはあるよね……。

運悪く生の紫蘇を買えなくても、今はもみ紫蘇が安価で手に入りますね。こっちの方がゴミが少ないし、コスパも良いかもしれない。

ただ、発色はちょっと暗めになります。

では紫蘇を処理していきましょう

毎年、「これでもか!!」というくらい大量の紫蘇を入れていたものですが、今年は薄い色に仕上げたいので一般に使われる量よりも少なめの紫蘇を入れます。

袋書きによると、1kgの梅に対して1袋使うのが適量とのことですが、今回は2袋とかなり少ない。

色を薄めにする目的だけではなく予算の関係もあります。一袋400円くらいでしたから、6袋も買ったらかなりの出費になってしまう。

 

この紫蘇の葉だけを使うので、全て枝から外します。

新聞や大判カレンダーなどを敷いてやると周囲が汚れにくいです。

葉を取る

全て外した重量、350gほど。ちなみに枝がついた状態だと二袋で700gでした。

しそ

これを流水でザブザブと洗い、サラダスピナーで水切りします。全ては入らないので、何回かに分けて。

あらう

洗って水けを切り終わったら、塩でもみます。

塩分はほとんどアクと一緒に出てしまうらしいですが、おおよそ梅と同じ18%くらいの重量を使います。

18%の塩の半分を紫蘇にふりかけ、

塩をかける

ギュギュギュッと強く揉みます。

もむ

最初はかさばっていますが、あっという間に塩でしんなり。

そこからさらに揉んで搾ると、どす黒いアク汁が出てきます。臭いも青臭い。

アク

この泡立ったムラサキ汁が出なくなるまで揉みます。

もう一滴も出ないよ!ってくらいになったら、残りの塩を入れてさらに揉む。

残りの塩を入れる

そしてさらに揉んで搾って、団子状にまとめておきます。

ここで、前回漬けた梅を出してきます。

梅としそ

落し蓋を取ると、多少潰れた梅と梅酢が見える。

ここから消毒したおたまで梅酢を一杯取り、紫蘇のボウルに注ぎます。

梅酢を注ぐ

すると、化学反応で紫蘇が真っ赤に変色します!

化学変化

こんなふうに紫蘇を梅酢で戻すようにして、いい感じに葉が開いたら全て梅の樽に入れます。

かき混ぜる必要はありません、上に紫蘇が乗った状態で再度落し蓋をして袋をかぶせ、土用干しを待ちます。

紫蘇入れ後

白梅干しを作るなら、ここでいくらか抜いておく

赤紫蘇を入れるとできるのが赤梅干し。紫蘇を入れなければ白梅干しになります。

もし、白梅干しも作りたいということなら、ここで梅酢ごと必要量を抜いておきます。

保存は梅が多ければ消毒した別樽に入れて常温保存、少なければ梅酢ごとジップロックなどに入れて冷蔵庫で土用まで保管します。

今回は2kg弱を抜いたので、ジップロック保管です。

抜いた梅

本当は白梅干しの純粋な梅の香りの方が好きなのですが、紅生姜を作るため(赤梅酢が欲しいがため)にほとんどを赤梅干しにしてしまうんですよね……。

今年は大きい梅の一部を抜いて、白梅干しも楽しもうと思います。

 

次は土用(7/20~)以降、カンカン照りの日を狙って土用干しをします。

 

ということで今回はここまで。

次回をお楽しみに……。

広告

広告

-作り置きと保存食, 料理とレシピ, 梅干し
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マダラ子

マダラ子大量消費!(1)子和えこんにゃくタラコ増し

大量のマダラ子!1.5腹分です。 なんともグロテスクな見た目ですが、これはマダラの卵。今時期の北海道ではスーパーに普通に売っている、メジャー食材です。 マダラの身の方は全国に流通しているはずなので見た …

ハムプレート

ジャンボンハムを家庭で自作する(2)塩抜きし真空低温加熱調理

ジャンボンハムを作るべく、豚肉を塩漬けにして3日後。 塩抜きして加熱し、やっと完成になります。   初めて作ったハムですが、おおむね美味しく食べられるものの、やや納得がいかない点も。 その反 …

きなこもち

わざわざ薬研できなこを作りました!すり鉢の方が楽です!

美味しい道産大豆を手に入れたので、私の愛用している薬研で挽いてきな粉にしてみました。 すんごい面倒くさい&体力を使う作業でした……。 最初に申し上げておきますが、これはすり鉢で作った方が絶対に楽です。 …

ティー

パッションフルーツを頂いた!アイスティーに入れると美味しいと発見!

ゆーめの中であーやかしパッション! ということで、パッションフルーツです。 旦那が職場からもらってきました。 こんな南国フルーツはなかなかお目にかかれないので、ついつい歌ってしまいましたよ。この歌知っ …

砂糖入れ終わり

傷み梅も無駄なく使おう!冷凍して手軽に梅シロップを作る

今年の梅干しの記事を先日書きましたが、そこでたくさんの排除梅が出ました。 その梅の利用法と言えば、ジャムやシロップなどが一般的ですよね。 今回、1.5kgという大量の傷梅が発生したので、ジャムでは消費 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930