作り置きと保存食

作り置きと保存食

今年は南高梅がバカ高い!比較的安いアークスグループの梅はどうだった?

梅干しの漬け方は今さら書くこともないくらい書いていますが、毎年変わってくるのが、南高梅の価格です。 私が梅干しを始めた10年前から、一度も前年より安かったことがない……。この話、前にも書きましたね。 今年2020年はさらにさらに...
作り置きと保存食

丸ごとレモンとはちみつで自家製レモネードを作る

夏なので、自家製レモネードを作ります。前に飲んで美味しかったお店のレモネードを目指して、レモンのはちみつ漬けを皮ごとペーストにして炭酸や水で割って作ります。レモンは国産、はちみつも北海道産。安心素材で爽やか美味しいレモネードができました。
作り置きと保存食

家に自生している生ミントをラム酒に漬けてミントラム酒を作ってみる

家の脇で、こぼれ種によって自生したミントが大繁殖中。これを刈り取って細かくして、ラム酒と氷砂糖に漬け込んでミントラム酒を作ってみようと思います。飲める(使える)ようになるまで2か月かかるそうなので、今漬ければ夏のうちに完成するはずです。
スポンサーリンク
アンチョビ

オイルに漬かった自家製アンチョビ(マイワシ内臓漬け)を食べてみる

昨年の夏から仕込んでいたマイワシのアンチョビが食べ時を迎えたので、キャベツのスパゲッティに入れて食べてみることにしました。内臓ごと漬け込み、身が崩れるほど熟成したアンチョビは、美味しく出来上がったでしょうか。
アンチョビ

マイワシを内臓ごと漬けてアンチョビを作る(3)オリーブオイルに漬けなおし

夏に仕込んでいたマイワシの塩漬け(内臓ごと)、半年経過したので漬け汁から出してオイルに漬けなおし、アンチョビ作りの最後の仕上げに入ります。半年も常温で放置していたマイワシは一体どうなっているでしょうか。
作り置きと保存食

弁当食わせて腹が立った発言集!これってあるあるなのか……?

以前異性に手料理を食べさせて余計なことを言われた経験をまとめた記事をアップしました。 アクセス数だけの判断ですが、それが意外に見られているようで……。 世の中には手料理食わせて嫌な思いをした人が思いのほかたくさんいるんじ...
作り置きと保存食

自家製梅酢でさくら大根(駄菓子でなく付け合わせによくある方)を自作する

大根と赤梅酢で、自家製のさくら大根を作ります。さくら大根と言っても駄菓子ではなく、市販のお弁当の付け合わせによく見かけるピンク色の薄切り大根のアレです。少ない材料で簡単に作れて、日持ちもする漬物です。
作り置きと保存食

もっと酸っぱくなったカクテキで大根キムチチャーハンと大根豚キムチを作る

自作のカクテキが酸っぱくなってきたので、炒めてチャーハンや豚キムチにしてみます。通常は白菜キムチで作るこれらの料理ですが、カクテキでも意外と美味しく作れました。結構な古漬けカクテキでも料理に使えばかなり美味しく食べられます。
作り置きと保存食

酸っぱくなったカクテキでスンドゥブ風の鍋を作る

先日漬けたカクテキがまだ消費しきれず、酸味の強い古漬けになってきました。まだそのままでも食べられる程度ですが、美味しいうちに大量消費のためお鍋にしてみようと思います。豆腐や卵を入れ、スンドゥブ風の鍋を、カクテキたっぷりで作ります。
作り置きと保存食

スが入った大根でもカクテキ(カクテギ)は作れるか

「ス」が入った大根がたくさんあるので、有効活用として大根キムチ、カクテキを作ります。新鮮な大根で作った方が美味しいのは言うまでもありませんが、多少フカフカした大根でもそれなりに美味しくできます。発酵によって味が変わる様子もまた楽しい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました