大量消費レシピ 料理とレシピ

ズッキーニ大量消費レシピ★和・洋・中何でもイケます!

投稿日:2017年6月7日 更新日:

ズッキーニを栽培したことがある人ならご存知だと思いますが、あれって一株から何十本(大げさかな)も収穫できる超コスパ良好な野菜なんですよね。

しかも栽培難易度が低いから、家庭菜園初心者でもたくさん獲れるんです。

でも、穫れすぎて困ってしまうこともしばしば。うちではそれほど畑が広くないので栽培していませんが、家庭菜園好きの親戚の婆さんが育てたものをよく頂いたりしていました。

お年寄りってズッキーニを育てるのはチャレンジするけど、料理はチャレンジしたがらないんですよね。なぜだろう……。

まだズッキーニの旬には早いですが、これからのためにどんどん消費できるレシピをご紹介します!

広告

ズッキーニの土佐酢漬け

ズッキーニは和風味も合います!焼いて土佐酢に漬けてさっぱりと。熱くても冷やしても美味しい。

【材料/4人分】全量 225kcal 1人分 56kcal

ズッキーニ 2本 56kcal
サラダ油 小さじ2 70kcal

≪土佐酢≫
酢 大さじ4 20kcal
醤油 大さじ2 26kcal
砂糖 大さじ1 35kcal
水 大さじ2
鰹節 2パック 18kcal

【作り方】

  1. ズッキーニは1cm幅の輪切りにする。
  2. 土佐酢を作る。材料を全て小鍋に入れて火にかけ、煮立ったら一呼吸おいて茶漉しなどで漉す。鰹節をギュッと押して、最後の一滴まで絞り切るようにする。
  3. フライパンを熱してサラダ油を引き、ズッキーニを焼く。時々返しながらじっくり焼き、表面にプツプツとした茶色い焦げ目がついたら容器に入れた土佐酢に浸していく。
  4. 全て入れたら上下をざっと返し、全体に土佐酢が回るようにする。

このまま食べてもあっさり味で美味しいですが、冷やして味がしみたところも美味しい。そうめんなどの付け合わせに合います。

土佐酢は鰹出汁入りの三杯酢のことなのですが、ここではちょっと水で伸ばしています。

もっと簡単に土佐酢を作るなら、鰹系のめんつゆに酢を入れるだけでもそれっぽい味になりますよ。

フライドズッキーニ

おつまみにおやつに。ズッキーニを素揚げしただけです。これ、塩だけでもどんどん進みます。

余っても別な料理に再利用できるので、是非たくさん揚げて下さい。

【材料/作りやすい分量】全量 849kcal 1/8として106kcal

ズッキーニ 4本 112kcal

サラダ油 適量 (吸油率10%程度として80g)737kcal
塩 適量

【作り方】

  1. ズッキーニは縦6等分、長さを二等分してスティック状にし、キッチンペーパーで水分を拭き取っておく。
  2. フライパンにサラダ油を入れて170℃に熱し、ズッキーニを入れる。(たくさん入れすぎない)
  3. たまに混ぜながらじっくり揚げ、縁が茶色くなったら引き上げる。
  4. 塩を付けながら食べる。

塩以外にも、粉チーズ+レモン、ショウガ醤油、めんつゆなどが合います。揚げ物なのでカロリー高めですが、そんなこと気にせずビールでガンガン行っちゃって!

かぼちゃとナスの中間のような味がします。吸油率もナスの14%、かぼちゃの7%から間を取りました。

余ったらこちらのレシピに再利用して下さい↓

ズッキーニの揚げ煮

フライドズッキーニが余ったら、しょうがを効かせた汁で煮含めて晩のおかずにしましょう。これも冷やして美味しい。

【材料/4人分】全量 556kcal 1人分 139kcal

フライドズッキーニ レシピの半量(2本分) 425kcal

めんつゆ(2倍濃縮)カップ1/2 79kcal
みりん 大さじ1 42kcal
水 カップ1/2

おろししょうが 2かけ分 10kcal

【作り方】

  1. 鍋にめんつゆとみりん、水を入れて煮立てる。
  2. おろししょうがを入れ、さらにフライドズッキーニを入れて一煮立ちさせ、火を止めて出来上がり。

食べる時は汁ごとどうぞ。甘めの汁をしょうがの辛味で引き締めています。

ズッキーニとゆで卵のパスタ

ズッキーニはやっぱりオリーブオイルが合います。ゆで卵を入れると色合いがきれいです。

【材料/4人分】全量 2562kcal 1人分 641kcal

ズッキーニ 2本 56kcal
ゆで卵 2個 151kcal
にんにく 2かけ 14kcal
オリーブオイル カップ1/2 829kcal
黒こしょう 適量

スパゲッティ(1.4mm)400g 1512kcal
ゆで塩 適量

【作り方】

  1. ズッキーニは3mmにスライスする。かなりの量になりますが、揚げて量を減らすので大丈夫。にんにくはスライスする。ゆで卵は粗めの角切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ズッキーニを入れて中弱火で水分を飛ばすように揚げ焼きする。カラッと揚がったら引き上げておく。(多ければ何回かに分けて揚げる。)
  3. 1%の塩を入れた湯を沸かし、この時点で麺をゆで始める。
  4. 2のフライパンに残ったオリーブオイルにスライスしたにんにくを入れ、弱火で香りを出す。
  5. フライパンにスパゲッティのゆで汁をカップ1/2程度入れて煮立て、白っぽく濁らせる。
  6. スパゲッティの袋に表示されているゆで時間の1分前になったらざるに上げ、ズッキーニ、ゆで卵と一緒に5のフライパンに入れてソースを絡める。味見して塩気が足りなければ塩を足す。
  7. 器に盛り、黒こしょうをたっぷり振って出来上がり。

ズッキーニがかなり多いレシピです。でも、じっくり揚げればかなり量が減るので食べやすくなります。

動物性たんぱく質はゆで卵で摂る料理ですが、物足りなければアンチョビやベーコンなどを入れても美味しいです。

マーボーズッキーニ

そう、ズッキーニはナスの近縁の野菜です。と、いうことはマーボーにしても美味しいのですよ!フライドズッキーニの余りを使っても作れます。

【材料/4人分】全量 1402kcal 1人分 351kcal

ズッキーニ 3本 84kcal
揚げ油 適量 553kcal

豚ひき肉 200g 442kcal
にんにく 1かけ 7kcal
しょうが 1かけ 5kcal
ねぎ 10cm 7kcal

甜面醤 大さじ1.5 90kcal
豆板醤 大さじ1.5 16kcal

中華スープ(水+創味シャンタン) カップ1 16kcal
紹興酒 大さじ1 19kcal
醤油 大さじ2 26kcal
砂糖 小さじ1 12kcal
こしょう 少々

片栗粉 大さじ3~4 120kcal

酢 大さじ1 5kcal

【作り方】

  1. ズッキーニは皮を縞目にむいて細めの乱切りにする。にんにく、しょうが、ねぎはみじん切り。
  2. 中華鍋に揚げ油適量を入れて170℃に熱し、水気を拭き取ったズッキーニを入れて縁がカリッとするまで揚げ、引き上げる。
  3. 中華鍋の油を少しだけ残して容器などにあけ、残った脂でにんにく、しょうがを炒める。
  4. 香りが出たら豚ひき肉、甜面醤と豆板醤を入れてパラパラになるまで炒める。
  5. 中華スープ、ズッキーニを入れて煮立て、紹興酒、醤油、砂糖、こしょうを入れて味付けする。
  6. ねぎを加えて少し煮立て、同量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみ付けする。
  7. 最後に酢を落としてざっと混ぜてできあがり。

ズッキーニは皮が固めなので縞模様にむいてから調理すると火の通りや味の染み込みが良くなります。

素揚げの下処理をしないと煮崩れが起きやすいです。揚げるのが面倒なら、せめて油多めの揚げ焼きにして下さい。

ズッキーニは和風味も合うんだよ

いかがでしたでしょうか!ズッキーニをメインにした料理レシピをご紹介しました。

ズッキーニはラタトゥイユなどの洋食にしか使えないと思われがちですが、癖が無いので和・洋・中、何でもいけます。

ナスの近縁というだけあって残念ながら栄養価は低い野菜なのですが、ほんのり甘くてとろりとして味は美味しい野菜ですよね。

ラタトゥイユはズッキーニ以外の野菜をたくさん使うのでちょっと敷居が高いという人も、ズッキーニと調味料さえあればできるような料理なら気軽にできますよね。

是非、お試しを。

広告

広告

-大量消費レシピ, 料理とレシピ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自家製ベーコンを作っています#2

前回に引き続き、自家製ベーコンです。 この前は漬け込み液に漬け込むところで終了していました。こんなジップ袋に肉とハーブ、調味料とお酒類を入れて空気を抜いて密封して冷蔵庫→一日2回上下を返すというのが前 …

クリーム

またまた低温調理器でクロテッドクリームを作る(大きな容器で大量生産)

しつこくまたクロテッドクリームを作っています。 西友で純生クリームが2割引きだったもので……。 前回までの経験から、一度にできるクロテッドクリームの量は使用する容器の大きさに比例するということがわかり …

no image

小松菜VSホウレンソウ!!調理の手間や栄養価に優れているのはどっち?!

今は春、色々なお野菜が安くなってきている季節です。 その中でも特売が目立つのが葉物野菜。 やっぱり緑の葉物は太陽光が必要なんですよね。   ご家庭で最も身近な緑の葉野菜は、小松菜とホウレンソ …

白菜の大量消費レシピ☆人気はやっぱり簡単レシピ!

葉野菜の王様、白菜! 昨年は若干高値だったように思いますが、普段なら1/4玉で100円かからずに買えるコスパ優秀野菜ですよね。 白菜の良さは、淡白でどんな料理にも合うというところ、そのくせ旬のものは甘 …

ひよこ豆の戻し方、ゆで方から保存方法まで

ぽくぽく美味しいひよこ豆。炒めて、煮込んで、ゆでたてをサラダにして……と、活用法も多いですよね。 そんなひよこ豆は、水煮缶詰を使えば手軽ですが、味もコスパも乾燥豆を自分でゆでたものには敵いません。 今 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930