Moo%(モーヒャクパーセント)」(西区)でもマリトッツォ販売開始してました

スポンサーリンク
外観 お出かけグルメ
スポンサーリンク

今ブームのマリトッツォ、札幌でも色々なお店で発売しています。

私もマリトッツォが好きすぎて、札幌市内の色々なお店のを食べて感想を書き記しています。

そのせいで、ここ最近このブログがマリトッツォブログになりつつあります……(本当は料理や手芸のブログです)。

そういえば、つい2日前もマリトッツォネタでした。

 

2日前には西区西町にあるブーランジェリーパザパというお店のマリトッツォを買って食べたのですが、そのすぐ近くにある別なパン屋さん「Moo%(モーヒャクパーセントと読みます)」の店頭にもマリトッツォの幟が……!

のぼり

駐車場に車がいっぱいで、幟を引きで撮れなかった。

 

既に手元には別店のマリトッツォがあるが、次このあたりに来れるのはいつかわからない……。

そう思って、Moo%のマリトッツォも買って食べてみましたよ。

 

いろんなお店のマリトッツォ情報はこちら

マリトッツォ
「マリトッツォ」の記事一覧です。
スポンサーリンク

Moo%のマリトッツォは甘め、パン多め

Moo%は、水を使わずに水分として牛乳を加えたリッチなパンが売りのお店。

前に行ったときは食パンが安くて美味しくてびっくりしたな……。

Moo%(モーヒャクパーセント)というリーズナブルなパン屋さん
発寒中央から西野の方に上る道の途中に「Moo%」という看板のパン屋さんができているのを発見しました。 これなんて読むんだろう、と調べると、「モーヒャクパーセント」と読むらしい。 外から見る限りパンの種類が豊富で、価格もお手ごろな...

 

今日は潔くマリトッツォだけを買って帰ってきました。

プレーン、オレンジ、小豆の3種類がありました。お値段はどれも税込み300円の明朗価格。

その中からプレーンと小豆を買いました。全て陳列の段階で個別包装されています。

マリトッツォ2種

左が小豆、右がプレーン。

まずプレーンから。

「極上生クリーム」……そそられるワード。

プレーン

見た感じ、ハンバーガーのバンズのようにこんもりとふくらみのあるパンで、クリームははみ出るほど挟まっているわけではない。

プレーン断面

断面を見ると、やっぱりパンが厚い。

でもクリームがとても甘く味付けされているので、クリームもりもりでなくても満足感はある。

「極上生クリーム」と言うだけあって、固めにホイップされたクリームでも口に残らずするっと飲みこめる。パン自体が軽く、さっくりとした噛み応えで、甘々のクリームと相まって口溶け良しです。

 

ここにあんこを挟むとどうなるか?

ということでもう一つ、小豆の方も食べてみます。

小豆断面

プレーンと同じパンとクリームに、薄くあんこが挟まっています。

パンとクリームとあんこ、どれも相性抜群な組み合わせなのですが、これだとちょっとクリームが甘いかな。あんこ入りならクリームはもっと甘さ控えめの方が相性が良さそう。

 

どちらも美味しかったけれど、好みで言えばプレーンの方が好きでした。

地域に愛されるパン屋さんとして繁盛してました

Moo%は食パンがリーズナブルで美味しいほか、総菜パンや菓子パンが充実していてしかも安い。

昨年あたりにオープンしたパン屋さんですが、もうお客さんがひっきりなしに訪れる人気店になっていました。

マリトッツォもサイズの割にリーズナブルな価格帯で、でも全然安っぽくなかったです。見えない企業努力があるんでしょうね!

いいお店です。

【店舗情報】

Moo%(モーヒャクパーセント)

住所 札幌市西区西町南7丁目2−31
TEL 011-665-2424
営業時間 10:00~18:30

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました