Bon Vivant(ボン・ヴィバン)のケーキを頂きました どれも感動の美味しさ

スポンサーリンク
ケーキ お出かけグルメ
スポンサーリンク

自分で買いに行ったわけではなく、頂き物ですが……。

中島公園にあるケーキとチョコレートのお店「Bon Vivant(ボン・ヴィバン)」のケーキを友人よりたくさん頂きました。

前に札幌大丸の催事でケーキを買って食べて感動してから、ずっと本店の方に行きたい、そしていろんなお菓子を食べたい!と思っていたお店だったのですごく嬉しい。

 

結論から言うとどれもすごく美味しかったのですが、ひとつひとつ、細かく感動したポイントを書いていきます。

スポンサーリンク

チョコ系とミルフィーユ系が格別に美味しい

自分用にケーキを買うときはこんなに色々と買うことはないので、箱を開けた瞬間テンションがMAXまで上がってしまいました。

 

一つを除き、どれも味を見させてもらったので、しっかり感想を述べさせていただきます!

自分で選んだわけではないので商品名などがわかっていません。すみません。

いちごムース

まず、このベリーのムースのようなケーキですが、これは私の口には入らず。

ただ、食べた人の感想によると、酸味と甘味のバランスが良く、お腹に溜まらないので食後のデザートに最適ということでした。小ぶりですしね。

通年あるお菓子なのかもしれませんが、春らしくてとても美しいビジュアル。

ミルフィーユ

いちごとピスタチオのミルフィーユ。最高。優勝と言ってもいい。

上下に薄めのパイ生地があるだけで、ほぼクリームといちごなのですが、このクリームが素晴らしく美味しい。

ピスタチオが濃厚な風味を出しているのに、ふわっと軽くてしつこくない。そこにいちごの酸味と甘味と汁気が加わると最強です。

パイも香ばしく、サクサクしていて薄いのにバターと粉の風味が強く美味しさ抜群で、ピスタチオクリームのなめらかさといい対比になっています。

三角

三角形のチョコレートのムースのようなケーキ。

ふわっとしたチョコムースとチョコスポンジ?が交互に層になっていて、上にはチョコのグラサージュがかかっています。

どこを食べてもチョコ、チョコ好きにはたまらないケーキ。

そして使われているチョコそのものがすっごく美味しいのでしょう、香りが良くて、甘さもあるけれど渋味とコクがそれを引き締めていて、味が濃くて鼻血が出そう(いい意味です)。

ボン・ヴィバンはチョコレートのお店としても有名なくらいですから、チョコのケーキが美味しいのも当然ですね。

アールグレイ

アールグレイとチョコレートのムース。端正に絞られたクリーム、上にオレンジピールが散らされているのがまた素敵。

これもチョコの美味しさが存分に引き出されたケーキで、そこに加えてアールグレイの風味!

チョコとアールグレイの組み合わせ、大人になってからその美味しさに気付きましたが、本当に何にも代え難い独特な相性の良さがありますよね。

いやー、これも美味しいです。ミルフィーユ最強と思ったが、これも最強だ。

 

最後、柑橘のタルト(トップ画像左上のやつ)は単品の写真を撮り忘れてしまいましたが、これは中にピスタチオの生地が仕込まれていてすごく香ばしい。

そしてこれまでのクリーム系とは別路線の、お腹にしっかり落ち着くどっしりタイプのお菓子でした。

上に乗っかっている柑橘、焼き色が付いているのでドライフルーツのようなものかと思って食べると、フレッシュな汁がじゅわっとしみ出るジューシーなもので意表を突かれました。

ピスタチオのこってりと柑橘のさっぱりがいい感じ。ピスタチオはベリー系以外の果物にも合うのですね。

 

このほか、マドレーヌなどの焼菓子、シナモンロールも頂いたのですが、これらもすごく美味しくて、買ってきてくれた友人と、作り手の方々に感謝するばかりでした。

ボン・ヴィバンは駐車場がなく、自分で買いに行くにはハードルが少し高いんですよね。

人から頂くことができて本当に嬉しかったです。

【店舗情報】

Bon Vivant(ボン・ヴィバン)

住所 札幌市中央区南11条西1丁目5−23 キャトレール中島公園
TEL 011-521-3433
営業時間 11:00~19:00 月火定休

駐車場はありません

美味しいお菓子は生きる力になるね

お金を出して買ったとはいえ(私ではなく友人が)、やっぱり食べ物で人に感動を与えるってすごいことですよ。

特に今色々煮詰まり、自分でわざわざケーキなどを買いに出かける気力もなかったときだったので、思いがけず美味しいものを食べられたことがとても嬉しかったです。

お菓子って、三度の飯と違って「なくてもいいもの」と思われがちですが、ちゃんと心の栄養になっているんですね。

明日からも頑張れそうです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました