Moo%(モーヒャクパーセント)というリーズナブルなパン屋さん

スポンサーリンク
外観 お出かけグルメ
スポンサーリンク

発寒中央から西野の方に上る道の途中に「Moo%」という看板のパン屋さんができているのを発見しました。

これなんて読むんだろう、と調べると、「モーヒャクパーセント」と読むらしい。

外から見る限りパンの種類が豊富で、価格もお手ごろな感じだったので、ふらりと入ってみました。

スポンサーリンク

パンは全て水を使わず牛乳で作っているらしい

のぼり

水を使わず、北海道産牛乳でパン生地を作っているのがセールスポイントのようです。

店内はお客さんが数組いたので写真は撮りませんでした。

が、入ってすぐのところに食パンがずらり、その奥にはクリームパン、あんぱんなどの菓子パン、総菜パンなどがぎっしりと並びます。

冷ケースには今流行りのフルーツサンドもあったりして、どの層にも愛されるパンがいっぱいのお店です。

 

品揃えだけではなく「おっ!」と思ったのが価格帯。ほとんどのパンが100~200円で、中でも食パンは190円という低価格。

会計時に受け取ったチラシに書いてあったのですが、こちらの食パンは2.2倍から2.8倍の価格帯の食パン(おそらく流行りの高級食パンでしょうね)と勝負しているようです。

同程度の味なら、190円は安いですよ……。

まず食パンは買いだ!ほかにクリームパン(110円くらいだった)とチョココロネみたいなクロワッサンみたいなやつ(180円)も買います。

お会計はすごくてきぱきしていて、その奥のキッチンのスタッフもてきぱきとパンを作っていた。

好感が持てます。

 

お店を後にし、パンを食べる。

クリームパン。買ってすぐではないので皺が寄ってしまいました。

クリーム

断面

もっちりタイプのクリームが入っている。空洞は開いているけれど、クリームは多めですよ。

昔ながらのクリームパンという感じで、パン生地も歯切れが良くて美味しいです。安かったけれど、安さは感じさせない高コスパのクリームパンです。

 

チョコのパン、名前失念。

チョコ

生地がガリっとしていて、両端をチョココーティング。中には割と固めのチョコクリームが。

断面

このチョコクリームの中にカリカリとしたクッキーのような、チョコクランチのようなものが入っているんです。それが美味しい。ただのねっとりしたチョコクリームよりも飽きがこない。

そしてクロワッサン生地も意外とバターの味がして、安っぽくないです。

 

最後は真打、食パン。後ろにピント合っちゃってますね。すみません。

食パン

すごくきめ細やかで、ふわふわしています。生食するより焼いた方が良さそうな質感なので、トースターでうっすら焼き色がつくくらい加熱。

トースト

牛乳仕込みだけあって焼き色はきれい、表面がサクッと、中がもちっとしている。

甘さはそこまで強くない。巷の高級食パンは砂糖が多いものが一般的なので、こういう「普通の」食パンがすごく久しぶりに感じる。

でも美味しいんです、そもそも食パンに甘さはそれほど必要ないと思うし、食感と香りがいいので毎日食べたくなります。

バターや小麦の香りは弱い方。でも、これくらいの方がジャムもバターもチーズもソーセージも、どんなおかずにも合わせやすい。

190円という価格なら、毎朝食べてもお財布に響きませんね。嬉しい食パンです。

菓子パンも総菜パンも豊富でしかも安いし、食パンも安くて美味しいしで、家の近くにあったらいいのにな、と思うお店でした。

 

【店舗情報】

Moo%(モーヒャクパーセント)

住所 札幌市西区西町南7丁目2−31
TEL 011-665-2424
営業時間 10:00~18:30

店前に3台分ほど駐車場があります。

since1995というのは……

Moo%は確か今年に入ってからできたお店だと思うのですが、チラシには「since1995」と記載が。

調べてみると、Moo%には、元となる「フーズ&ブレッド」というパン屋さんがあり、その本店が西野の方にあるそうで、そちらが1995年から営業しているとのことでした。

直接お店に行ったことはないけれど「フーズ&ブレッド」という名前は聞いたことがある。

公式サイトではパンの通販なども行っている、大手の製パン会社のようでした。

そのキャリアがあるからこの価格が実現したんですね。いいお店だ。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました