北海道あるある

季節の北海道あるある(秋編)

投稿日:2017年9月28日 更新日:

季節の北海道あるある第三弾は秋。

現在すでに秋の装いを始めている北海道。

日中の最高気温は20℃台をキープしているものの、最低気温は10℃を切る日も珍しくありません。

そんな寒さ到来の中で見られる、北海道の秋のあるある話をどうぞ。

広告

風情満点 秋の北海道あるある

木枯らしが吹く北海道の秋。

自然界の変化だけではなく、会話の中にも秋あるあるが見られるようになります。

紅葉の色合いが渋い

秋と言えば紅葉。

厳密には、イチョウが黄色くなることを「黄葉」、モミジやカエデが紅くなることを「紅葉」と呼びます。

これらは色が変わるメカニズムも異なるそうです。

 

北海道のように冷涼な気候の地域は、黄葉は美しく色変わりするものの紅葉は渋めの変色しかしないことが多いです。

なぜなら、紅葉は昼夜の寒暖差が大きいほど鮮やかに変色するため、日中の気温も低めの地域ではうまく変化が起こらないのだとか。

 

修学旅行などで京都や鎌倉の紅葉を見て、あまりの鮮やかさに驚く道民もいるようです。

北海道は紅葉色というよりも枯葉色ですからね……。

雪虫が目や口に入る

10~11月になると「もう雪虫が出てるんだね」という会話がそこかしこで聞かれます。

「雪虫」とは、お尻に綿毛のようなものを付けたアブラムシの一種で、北海道の秋の風物詩の一つです。

↑これ。真っ白というよりちょっと青っぽいんですよね。

北海道だけではなく東北地方にもいるとかいないとか……。

 

北海道では、秋が深まる頃になるとこの雪虫が街中でも僻地でも構わず発生するため、帰宅したら服に付着していたり、自転車に乗っていたら目に入ったり口に入ったり……ということがよくあります。

自転車通学をしている子供は、ワンシーズンで数匹は雪虫を食べているはず……。

おやつがいももち又はかぼちゃもち

北海道の秋のおやつと言えばいももち又はかぼちゃもち。

(作り方はこちら→いももちの作り方記事

いもやかぼちゃの他には片栗粉があれば作れてしまう上に簡単なので、お腹を空かせた子供に食べさせているお家は多いようです。

いももかぼちゃも育てやすく日持ちする野菜なので、家庭菜園で作っていたり、人から貰ったりする頻度が多い野菜ですしね。

 

ところで、地方のスーパー(海沿い)では片栗粉の5kg袋や10kg袋がよく売れているらしい……。

いももちだけではなく、豊富に獲れた魚でカマボコを作るのに使うためだそうです。

巨大キャベツ「札幌大球」がスーパーの入口に並ぶ

札幌特産の巨大キャベツ「札幌大球」をご存知でしょうか。

重さは15kgほど、直径50cmにもなるキャベツです。重さにして普通のキャベツの15倍!

 

これが10月の後半あたりにスーパーに並び始めると、秋の深まりを感じます。

普通のキャベツのようにしても食べられるらしいですが、この札幌大球が本領発揮できる料理は「ニシン漬け」。

ニシン、大根、キャベツを麹で漬け込んだ北海道特産の美味しい漬物です。

 

今ではニシン漬けを家庭で漬けるところも減ってきて、それゆえ札幌大球の生産も減っているそうです。

見た目のインパクトが強い野菜なので、絶滅しないでほしい。

「ストーブもう焚いてる?」が挨拶代わり

10月に入ると挨拶代わりに「ストーブもう焚いてる?」と尋ね合うようになります。

ストーブをいつ焚くか論争は北海道民の永遠のテーマ。

11月までは頑張るという人、10月に入ったら許可するという人、9月下旬には焚いてしまうという寒がりさんも。

 

暖房の話になると、灯油代、ガス代などの光熱費の話に発展していきます。

暖房費が安い家(高性能暖房+断熱性の高い家)に住むということは、北海道民にとってはある意味ステイタスなんですよね。

個人的には都市ガス暖房、特に一戸建てなら売電できるコレモがおすすめです。(うちのコレモは型が古く、売電できないので羨ましい)

 

ちなみに、春になると「ストーブまだ焚いてる?」と尋ね合います。

車持ちは「タイヤ交換した?」が挨拶代わり

車を所有している人同士では「(スタッドレスに)タイヤ交換した?」という言葉が飛び交うようになります。

これも人それぞれ認識が違っていて、遠出の機会が多い人は早めの交換、街乗りしかしない人は根雪(春まで解けない雪のこと)になる直前まで頑張るなど、ライフスタイルによって様々です。

 

私もマイカーを所有して十数年経ちますが、タイヤ交換のタイミングって難しいんですよね。

早めに換えるとせっかくのスタッドレスがすり減る気がするし、雨の時は夏タイヤより横滑りしやすいし。

でも、遅すぎると雪が降ってきたときに危ないし……と、天候との駆け引きが重要になるのです。

 

そして、初雪の直後はどのディーラーもガソリンスタンドも修理工場も、タイヤ交換ラッシュ!出勤前にチョチョッと交換してもらうなんてことはまず難しいです。

安全性と待たされるストレスを考えたら、早めの交換がおすすめですよ。特に仕事で毎日乗る方はね。

次回は冬編!

いかがでしたでしょうか。

北海道の秋に見られる光景をご紹介しました。

 

次はいよいよ冬編です。

雪国・北海道ですから、冬のあるある話はより一層濃くなってきますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!では次回!

広告

広告

-北海道あるある

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

北海道あるある(気温室温編)

夏涼しく冬寒い北海道では、気温に対する捉え方も一味違います。 今年は北海道だけ猛暑という異常気象もありましたが、いつもの夏は涼しいものです。 そんな中で生活していると、北海道民ならではの温度感覚という …

キタキツネ車道

エキノコックス注意報は春休みの北海道あるある!旅行者もご注意を

北海道、それも比較的自然が多い地域にお住いの方なら、春休み前になると必ず「エキノコックスに注意」という紙が配布されていたという記憶があるはず。 地方にお勤めの知人によると、今でも小学校などではその類の …

北海道あるある(ローカルCM編)

たまに道外に旅行に行ったとき、宿でその地域のローカルCMを見るのが楽しみです。 見慣れないCMはとても興味深い。   それと同じくらい北海道ローカルのCMもなかなか味がありますよね。 子供の …

桜

季節の北海道あるある(春編)

雪解けとともに顔を出すふきのとう。   以前、食生活の北海道あるあるについて書きましたが、これからは春夏秋冬と季節ごとに分けて書いてみたいなと思います。 地域によっては該当しないものもあるか …

校舎

北海道あるある・学校編!

久しぶりの北海道あるある。 最近、子持ちの友人らと会う機会があったので、小~中学校の生活についてたくさん聞くことができました。 そこで、「そういえば、この習慣北海道だけなんだよな~」と思ったことが結構 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031