コーヒーって結局ダイエットにいいの?悪いの?そんな説をまとめてみる

スポンサーリンク
コーヒー ダイエット
スポンサーリンク

普段からコーヒーをよく飲みます。

理由は単純に美味しいからですが、世の中には健康効果やダイエットを得んがために飲んでいるという人もいますよね。

 

今、コーヒーはカフェインが脂肪燃焼効果を高めるとか、クロロゲン酸が血糖値の上昇を抑えるとか、ダイエット効果があるという説が強いようです。

バターコーヒーダイエットというダイエットもありましたね。

 

しかし……、私が若い頃は、コーヒー(というかカフェイン飲料)はダイエット中は避けるべし、みたいな説の方がよく聞かれていました。

 

一体コーヒーはダイエットの敵なの?味方なの?

そんなことが気になったので、コーヒーとダイエットに関する説をまとめてみました。

スポンサーリンク

コーヒーがダイエットに良い説

まず、ダイエットに良い効果をもたらすという説から。

あくまで「と、言われている」話です。自分で効果を実感したわけではありませんのであしからず……。

カフェインが脂肪燃焼を促進する説

ジョグ

コーヒーに含まれる有名な成分、カフェインが脂肪燃焼を促進すると言われています。

それは交感神経を活発にして心拍を上げるからだとか、脂肪の燃焼を行う褐色脂肪細胞を活性化させるからだとか、いろいろと言われているようです。

運動前にカフェインを摂ると中性脂肪の分解を促し、効率よく脂肪を落とせるという話もありますね。

利尿作用でむくみが取れる説

コーヒーを飲むとカフェインの利尿作用によってトイレが近くなりますね。

この利尿作用で体の余分な水分が出てむくみが解消されるという説があります。

 

私はダイエット関係なくコーヒーを日常的に飲みますし、飲めばトイレも近くなります。

が、それでむくみが解消されたという実感はなかったな……。

クロロゲン酸が脂肪燃焼を促進し血糖値の上昇を抑える説

豆

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸もダイエットに良いと言われています。

クロロゲン酸は肝臓の代謝を活性化し、脂肪の燃焼を促すそうです。

また、すい臓の細胞も活性化させて血糖値の急上昇を抑える、という話も。

 

クロロゲン酸は熱に弱く、深煎りコーヒー豆よりも浅煎りコーヒー豆に多く含まれているそうですね。

食欲を抑える説

コーヒーのカフェインやらタンニンやらクロロゲン酸やら、いろいろな成分が食欲を抑え、結果的にカロリー摂取のし過ぎを抑制するという説もありますね。

確かにすきっ腹にコーヒーを入れると食欲がなくなりますね。単純に胃に刺激が加わって気持ち悪くなっているだけかも……。

コーヒーがダイエットに悪い説

続きまして、ダイエットに悪いという説です。

不思議なことに、良いという説と同じ効果をダイエットに悪いと考えるものもあるんですよね。

身体が冷えて代謝が悪くなる説

コーヒー2

カフェインは交感神経を活発にするというのは、「良い説」の方でもお話ししました。

が、その交感神経が血管を収縮させ身体が冷えやすくなるという説もあるのです。

身体が冷えると代謝が落ち、ダイエット効果を落とすというんですね。

確かに交感神経が優位になると身体がかなり冷えますね。

 

また、おしっこが近くなって身体が冷えるという理由もあるようです。

むくみ解消で痩せるのか、身体が冷えて太りやすくなるのか。どっちが本当なんだろう。

睡眠の質が悪くなる説

これはとてもわかりやすい効果。

眠気覚ましとしても飲まれるコーヒーですから、飲むと睡眠の質が落ちるというのは納得がいきますね。

睡眠の質が落ちると睡眠時に分泌される成長ホルモンが少なくなるからだそうです。

子供にはコーヒーを飲ませない方が良い、という理由がこれですね。

 

これがどうダイエットに関係するかというと、成長ホルモンは子供から大人に成長した後でも、脂肪の燃焼を促進するなどダイエットにかかわる作用もあるんですって。

イライラして食欲が増す説

交感神経が活発になりすぎると、イライラします。

コーヒーと言えばリラックスタイムの飲料としても使われますが、集中力を上げたいときのパワードリンクとしても用いられますね。

この集中力を上げる作用が神経を過敏にし、苛立ちを呼び起こし、やけ食いに走らせる……という説があります。

コーヒーは食欲を抑制すると先ほど書きましたが、逆の効果を提唱する人もいることに驚きです。

砂糖とかミルクを入れると太る説

体重計

これはもう余談レベルの話ですが……。

コーヒーに入れる砂糖とミルクのカロリーがダイエットを妨げる、だからダイエット向きではない!という説も目にしたことがあります。

これは、「野菜スティックはマヨネーズのカロリーが高いからダイエット向きではない」と言っているようなものなので、コーヒーの罪ではありませんね。

じゃあブラックで飲めばいい、というだけの話でした。

逆の効果が提唱されている理由は

コーヒーがダイエットに有効だという話は、ここ数年の間に盛んになった気がします。

冒頭でも述べた通り、コーヒーがダイエットに良くないという話は私が若い頃(20年近く前)の方がよく聞きました。

この違いは、コーヒーの研究が進んで新しい成分や効果が発見されたことや、ダイエットに関する認識が変わってきたという理由によって発生したものだと思います。

コーヒーに限らず、昔はダイエットの敵だったのに今は味方というものやその逆のものがたくさんありますよね。

もし今後さらに研究が進んだら、今「ダイエットに最高!」と言われているものが目の敵にされているかも……。

結論→適度なら飲んだ方がいいのではないか

このようにコーヒーとダイエットの関係についてさまざま並べてきましたが、結局ダイエット中はコーヒーを飲むべきなのか、飲まないべきなのか。

私個人の結論としては、適度にブラックで飲んだ方がいいのではないか、ということに落ち着きました。

冷えもイライラも睡眠の質の低下も、飲みすぎなければ起こらない問題なので、飲む時間やタイミング、量を決めてダイエットに取り入れればデメリットは避けられるかな……と思います。もちろんブラックでね。

ダイエットに関係なくコーヒーが好きなので、今後も不定期に行うダイエット中にコーヒーが飲めないとなるとストレスになりそうですし。

 

上記の説は具体的な論文まで読んで調べたものではないので、眉唾モノもあるかもしれません。

「そんな話もあるのかー」という程度にとどめておいてくださいませ。

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました