シュー皮が余ったら!シューラスクを作ろう

スポンサーリンク
シューラスク パンとお菓子
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

 

どん!

シュー皮だけ

シュークリーム……ではなくて、皮だけです。

先日わけあってシュークリームを大量に作ったのですが、クリームが先に切れてしまって皮だけが余ってしまったのです。

一個や二個ならアイスクリームを入れ込んで食べちゃうのですが、今回は9個も余ってしまった。(どんな計算ミスだよ)

だから、今日はこれらをサクサク美味しい焼菓子、ラスクにしたいと思います。日持ちもするようになるし、アレンジも無限大!パンで作るラスクよりも軽くて食べやすいですよ!

スポンサーリンク

余ったシュー皮で作るシューラスク

今回はシンプルにシュガーバター味で作りますが、ここにココアを混ぜたり、シナモンを振ったり、砕いたナッツをまぶしたりすると違った美味しさが味わえます!

材料 シュー皮9個分

材料

シュー皮 9個

有塩バター(室温に戻す) 60g
グラニュー糖 60g

上に振るグラニュー糖 適量

 

※シュー皮はパンよりも塩分が少ないので、有塩バターを使った方が味のバランスが良く仕上がります。(甘じょっぱくない方がお好みなら食塩不使用バターで)

作り方

  1. シュー皮を横半分に切り、120℃のオーブンで20分くらいカラッとするまで乾燥させます。シュー皮のレシピによって水分量が違うので、時間は様子を見ながら加減して下さい。

    乾燥前

    クリームを入れる穴があいている

  2. 皮を乾燥させている間、室温に戻したバターを泡立て器やゴムベラでクリーム状に練り、グラニュー糖60gを入れて空気を含ませるように混ぜる。
    シュガーバター
  3. 乾燥させたシュー皮に2のシュガーバターを塗り、その上からさらにグラニュー糖をぱらっと振って天板に並べる。スパイスやナッツを振る場合はこのタイミングでどうぞ。
    バターを塗って上から砂糖をかける作り方もありますが、一度バターと混ぜて塗って焼いた方が軽くサクサクに焼き上がります。メロンパンみたいになりますよ。
    焼く前
  4. 140℃のオーブンで30分焼く。よほど冷めていなければ、予熱なしでOKです。
    140℃
  5. 30分後、砂糖が乾いてカリッとサクッとしていることを確認し、取り出す。
    シューラスク

できました!冷めたら密閉できる容器に入れて室温で2~3日もちます。(しっかり水分が飛んでいる前提)

とても美味しいけど太る

完成

完成したシューラスク!シュー皮の部分はサクッと脆く、砂糖はシャリッと甘く、バターの脂肪分が口いっぱいに広がります。

わかってはいるが……、これは太りますね。あとを引く味だし、水分が無いからついついたくさん食べてしまう美味しさです。きっと、普通のシュークリームより太ると思います。

 

でも、本当に美味しい。疲れたときのお茶菓子にすると、甘さと脂が脳天を突き抜けます……。

パンで作るラスクよりも歯触りがライトなので、誰にでも食べやすいです。シュー側が余ったら是非作ってみてください。

個人的には、このシューラスクのためだけに皮を焼いてもいいかなと思うくらい好きな味です!

 

ということで今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
パンとお菓子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました