伊勢旅行で食べたものまとめ(1)お食事編

スポンサーリンク
カキフライ その他お出かけ
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

 

少し前のことになりますが、11月に旅行に行ってきました。主に伊勢神宮や水族館などを見て回る目的でしたが、しっかり美味しいものも食べてきました。

今日は、食べたものを思い出しながら、記録も兼ねて感想を書いていきたいと思います。(定番中の定番ばかりのため、どなたかの参考になるかはわかりませんが……)

 

スポンサーリンク

おはらい横丁で食べた伊勢うどん(寳来亭さん)

伊勢うどん

伊勢と言えば、伊勢うどん。伊勢神宮内宮の入口に栄えるおはらい町で食べました。

「CANばす」という観光向けの周遊バスがあるのですが、そのバス停から降りておはらい町に入ってすぐのお店で食べました。

噂通り柔らかくてふわふわもちもちしたうどんで、旅に疲れた胃にもしっくりくる食感でした。上にかかっているタレは醤油味なのですが、どろっとした見た目に反してそれほど濃くはなく、魚の味が効いていました。

ゆで置き温め直しのうどんにタレをかけただけというのが、いかにも昔からある屋台飯という感じで良かったです。調理にたくさんお湯や汁を使わないため準備が楽で、飲み残しが出ず後始末も楽という合理性が感じられました。

 

ただ……、この伊勢うどんを食べたお店、二光堂というお土産屋さんに併設の「寳来亭」という食堂なのですが、こちらは伊勢うどんよりも松坂牛の牛丼が人気のお店でした。だから、うどんよりも牛肉の焼ける香ばしい匂いに惹かれてしまって、あっちにすれば良かったかな……とほんの少し後悔してしまいました。

昼食時から少し遅れた時間だったので、結果的にうどんでちょうど良かったのですが、次の機会には松坂牛丼を食べようと心に誓いました。

寳来亭さん、ごちそうさまでした。

「浦村かき」のカキフライ(扇屋さん)

カキフライ

せっかく牡蠣が旬の季節に旅行したので、カキフライも食べてきました。宿泊した地域、二見浦の駅の近くにある扇屋さんという食堂で、口コミ評価が良かったので入ってみました。

カキフライに使用されているのは浦村かきという鳥羽市浦村町の特産の牡蠣で、浦村かきのカキフライは今の時期だけのメニューだそうです。

三重県の牡蠣と言えば的矢かきの方が知名度がありますが、浦村かきもとても美味しいです。栄養豊富な地域で育てるため、通常生育に2~3年かかるものが、1年で食べられるサイズになるそうです。

タルタル

小ぶりですが、この浦村かきで作ったカキフライが7つも付いて、確か1500円くらい。お安いですよね。大満足です。

うつぼ

話のタネに、サイドメニューのうつぼの唐揚げも注文してみました。カリカリに揚げてあって香ばしいのですが、ちょっと固いです。お酒のおつまみですね。

エビ

これは夫が注文したエビフライ。伊勢海老ではありませんが、立派なエビがぷりぷりで美味しかったです。

扇屋さん、ごちそうさまでした。

うな重(さし汐)

伊勢と言えばうなぎも有名ですよね。我が家は土用の丑の日にうなぎを食べる習慣はないのですが、その代わり、うなぎが美味しい地域を旅行した時は必ずと言っていいほどうなぎ屋さんに立ち寄ります。

外観

今回、観光地からは少し行きにくい場所にある「さし汐」さんというお店でうなぎを頂いてきました。

駅も遠く、近くのバス停も早い時間に終わってしまうようなところにあるお店で、旅行客はレンタカーでもないと行きにくいところにあるのですが、その分地域の人がたくさん訪れるようなお店でした。

うなぎ

こちら、比較的安い方の「梅」で、鰻が3切れ。2000円くらいです。安いですね。

ご飯が茶色いのは、「まぶし」と言ってタレをご飯にまぶしてあるから。満遍なくタレをご飯に行き渡らせたあとに鰻を載せているので、どの部分を食べてもタレの美味しい味がする。

鰻は焦げが香ばしくて、表面はパリッと、中はふんわりとろーりとした食感です。ジューシー、贅沢な味!一度蒸してあるのかな?関東風のものに近い。注文からそれほど時間がかからず提供されたので、一度火を通したものを焼き直して出しているんですね。

肝吸いも上品な味で美味しいです。

五十鈴ヶ丘駅から15分以上歩いてきたのでお腹はぺこぺこ、あっという間に食べてしまいました。食べるスピードは速くても、しっかり味わいましたよ!

さし汐さん、ごちそうさまでした。

次回は伊勢で食べた甘いものを

今回の伊勢旅行、なんせ初めてなもので、おおよそガイドブックに載っている通りの回り方だったため割愛しています。伊勢神宮、二見浦の夫婦岩、水族館という定番中の定番でしたが、大人の旅という感じでとても良かったですよ。(水族館は子供も多かったです)

旅程を本に丸投げにした分、食べるものはじっくり考えてお店を決めました。その甲斐あって、お腹も大満足の旅ができました。

次回、3日後の更新になりますが、そのときは旅先で食べた甘いもの類についてまとめて書こうと思います。伊勢ですから、まあ赤福は食べますよね!ほかにもいろいろな甘味も堪能してきたので、そちらもお楽しみに。

 

ということで今日はここまで、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
その他お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました