生りんごのアップルパイが好きなんです!パイシートで手軽に作る

スポンサーリンク
アップルパイ パンとお菓子
スポンサーリンク

アップルパイ

以前、由仁町の「はらぺこパンや」で買ってきたアップルパイがとても美味しかったという話を書きました。

こちらは甘煮にしていない、生のりんごにたっぷりシナモンを効かせたものが入っていて、シャキシャキしていてすごく私好みだったのです。

いつか自分でも作りたいと思い、冷凍パイシートを買い置きしていました。

そして今!りんごのシーズンが到来ということで、早速作ってみましたよ!

スポンサーリンク

生のりんごを焼きながら加熱するタイプのアップルパイ

アップルパイは大まかに分け、まずりんごだけで煮て、それをパイ皮に包んで焼くもの、生りんごを入れて焼くものに分かれます。

私は後者のアップルパイがとても好きなんです。

こちらの方がフレッシュな風味が残り、おまけに簡単に作れるので、時間が無い時はおすすめですよ!

材料(4人分くらい)

材料
りんご 1/2個

グラニュー糖 大さじ2
レモン汁 1/2個分(画像ではライムですが、どちらでもいいです)
コーンスターチ(または薄力粉) 大さじ1
シナモンパウダー 小さじ1~好きなだけ(苦手でなければ多めが美味しいです)

冷凍パイシート 1枚

↑こちらの20cm×20cmくらいのパイシートを使用しています。

保管が悪く、割れちゃってます……。ですが家庭消費用なので気にしないことにする。

 

オーブンは200℃に予熱しておく。

りんごとライムの残り半分は別に食べました。

作り方

  1. りんごの皮をむき、1/6のくし形切りにしてから3mmくらいの厚さにスライスする。
  2. りんごにグラニュー糖、レモン汁、コーンスターチ、シナモンパウダーを絡める。
    りんご
  3. 冷凍パイシートはオーブンシートの上で軽くのばし、縦1/2に切り片方(底になる方)にフォークで穴をあける。
    シート
  4. フォークで穴を開けた方のパイシートに2を並べる。縁1cmを残す感じで、こんもりと。
  5. 4の上に残り半分のパイシートをかぶせ、縁をフォークなどでしっかり密着し、上面にナイフで1cm間隔に筋を入れる。(お好みで艶出しの水溶き卵黄を塗る)画像をうまく撮れていなかったので、イラストでご勘弁。
    イラスト
  6. 200℃のオーブンで30分焼いてできあがり。(焼き上がりの画像も撮れてなかった……。すみません。)

パイシートはすぐにダレて扱いにくくなるので、最初からオーブンシートの上で伸ばし、そのまま成形してオーブンシートごと天板に移した方が型崩れしにくいです。

生りんごを焼くと酸味が立って香りもさわやか!生りんごだと汁が出ますが、それを抑えるためにコーンスターチか薄力粉を入れています。とろみの付いた汁もまた美味しい。

アップルパイ

実は、パイシートが割れたところが原因で形が悪くなってしまいました。もっときれいに作れたら、そちらの画像を改めて付けたいです。

作り始めから焼くまで10分でできる

このアップルパイ、作ろう!と思ってからオーブンに入れるまで10分(早いオーブンなら予熱も10分以内で終わる)、オーブンから出すまでは30分の計40分で作れてしまうのです。

冷めても美味しいですが、やっぱり熱々がおすすめ。バニラアイスを添えても!

 

りんごは年中ありますが、やっぱり秋冬のものはジューシーで酸味もあり、お菓子にすると美味しいです。

是非お試しくださいね。

 

ということで今回はここまで!最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
パンとお菓子 料理とレシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました