菓子パンを食事にするのはダメなことではないと思う(個人的意見)

スポンサーリンク
かしぱん 料理・食べ物考
スポンサーリンク

かしぱん

最近、どこかで「朝食に菓子パンなんて……」と書いている記事を目にしました。

食事に甘いものは食べないという嗜好の人がいることはわかっていますが、その記事(コメント欄での議論なども含む)では「菓子パンを食事にする=子育ての手を抜いている」という流れになっていて、私はそれに違和感を覚えました。

ここでちょっと、自分の考えを書いてみようと思います。

 

※全て個人的な考えです

スポンサーリンク

菓子パンを食事にするのはダメだとは思いません!

材料

菓子パンの材料は、小麦粉、砂糖、油脂分、たまに卵やチョコレート……という構成が一般的です。

これは、栄養バランスで考えたら確かに、ご飯とおつゆと鮭とお浸しと……という献立には及びもつかない。

カロリーばっかり高くて、必要な栄養素は無いに等しいです。

 

でも、栄養摂取の不足については、その日の他の食事で脂肪を控え、野菜やたんぱく質をたくさん摂れるようにすれば済む話です。

ラーメンやらチャーハンだけで昼食を済ませるのと比べて、バランスの悪さは大差ないですよ。

 

毎食バランス良く食べる!とガチガチに縛られて献立作成すると、かなり制限が出ます。

特に支度に時間をかけられない朝や、お弁当が作れない環境のときも。

 

そんな縛りに囚われてストレスを溜めるより、ゆっくり寝てたい朝は菓子パンを用意しておいたって良いと思うのです。

バランスが気になるなら、一緒に生野菜スムージーでもジュルっと飲めばいい!

 

そして、食事を抜くよりも菓子パンでも食べた方が絶対良いです。

朝を抜いた方が調子が良いという人もいるかもしれませんが、基本的に朝は日中使うべきエネルギーを摂るべき時ですからね。

忙しいのに食べてくれない偏食のお子さんに手っ取り早くカロリーを摂らせる手段としても便利です(もちろん毎日ではなく、たまに)。

学校の嗜好調査に「菓子パン」と書いてあっても気にしないはず

アンケート

学校給食の現場にいた頃の話ですが、年に一度、嗜好調査(食生活アンケートみたいなの)を実施していました。

そこでは、子供が好きな給食のメニュー、嫌いなメニューなどを尋ねるだけではなく、普段家で何を食べているかも調査します。

私が現場から離れてしばらく経ちますが、今でも同様の調査はされているはず。

 

しかし、今の親御さんって、その嗜好調査で子育ての査定をされている気分になるらしいですね。

嗜好調査では必ずと言ってよいほど「朝食は何を食べましたか?」という質問がありますが、そこで菓子パンとかドーナツとか書けないんだとか。

 

冒頭でお話しした記事にはそんなことも書いていたのですが、それをを読んで「あ、勘違いされているのかな?」と思いました。

確かに今、食育食育と叫ばれてますから、より良い食生活を心がけなければ親失格と評価する人がいてもおかしくない。

 

でも、朝食の内容を尋ねるのは、栄養バランスの良い朝食を食べているかどうかを確認するためではありません。

ざっくり言うと、「何でもいいから何か食べさせているか・何も食べさせていないか」を調べるのが目的なのです。

その陰にある虐待の有無はもちろん、夜更かしして朝食が食べられない時間まで寝ている子がいないか、いつも体調が悪そうなあの子は朝ちゃんと食べているのか……などを見ています。

菓子パン

だから、菓子パンを食べさせているから駄目な親だとか、ご飯に味噌汁、魚と野菜を準備している家庭が優れているとかを見るわけではないのです。

しいて言えば、肥満気味の児童が家で太りそうなものばかり食べていれば指導する感じですかね。

 

今は親の仕事や勤務時間も様々ですし、働く親の代わりにおばあちゃんが作ってくれるという世帯も減りました。

そんな中でできる範囲のことをしている家庭に、何を文句が言えましょうか。万が一学校から何か言われるとしても、それは絶対に子供のためになることのはずです。

 

だから、嗜好調査には嘘を書かず、脚色もせず、堂々とありのままを書いた方がよいと思うのです。

むしろ矛盾していると嘘がバレることも……。兄弟の調査用紙で記載に食い違いがあったりね(兄は自筆できる年齢でしたが、弟は親が代筆したのでしょうね)。

個人的にはおやつに菓子パンの方が勇気がいる

シナモンロール

むしろ、日常的におやつとして菓子パンを丸々一個食べる方が健康上やばいのではと思ったりもします。

だってさ、カロリーから考えたら、間食にできる数値じゃないですよ。300kcalとか400kcalとか、3食のほかに食べたらそりゃ太るよ。

そう考えたら、菓子パンを食べるチャンスは食事時しかないじゃないの!

 

菓子パンそのものの存在意義はさておいて、あの味が好きな人が食べるべきベストタイミングが食事時ということになりますよね。

もちろん、おやつにすることもあるでしょう。パン屋の前を通ったら焼きたてが出てきたとかね。

ですが、その誘惑に負けておやつに食べた場合は、食事のカロリーを減らす(しかし必要な栄養素は減らさない)配慮が必要です。

私のように中年と呼ばれる年頃になると特に、栄養不足よりもメタボの方が深刻ですからね。

 

 

と、まあ、ダラダラと書いたのは、きのうシナモンロールを作ったからです……。

焼き上がってすぐ味見するとき(16時くらい)に、「これはおやつなのか?パンなのに?!」と迷ったんですよね~。

結果、夕食が野菜たっぷりラタトゥイユと焼いた鶏むね肉と少なめの飯、という構成になりました……。

残ったシナモンロールは翌朝、朝食として食べたよ!美味しかった!そして昼飯はラタトゥイユの残りと目玉焼きと飯……。

 

ということで、ダラダラとすみません。

とにかく、菓子パンを食事代わりにすることは、そんなに悪いことではないと言いたかったのです。

以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました