ベーコン作り2018!今年は味付けを変えてみるよ!(漬け込み~塩抜きまで)

スポンサーリンク
漬け込み中 ベーコン
スポンサーリンク

塩抜き

今年もベーコンの季節がやってまいりました!

北海道産豚バラ肉も安くなることが増えましたので、そろそろベーコンを仕込んでいきましょう!

 

ベーコン作りの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

今年のベーコンは、味付けを変えてみる

今年は味付けを変えてみようかなと思います。

以前は砂糖と塩、香味野菜、ハーブの他に白ワインのみりんで漬け込んでいましたが、それだとアルコールのおかげで腐敗は防げるものの、果実香が強く残ってしまっていたのです。

これも美味しさの一つと言えばそうなのですが、個人的にはあまり強いと気になってしまうんですよね……。

ということで、今回は白ワインを別なお酒に差し替えて作ってみます!

2.5kgの豚バラ肉に対する調味料

今回は2.5kgの豚バラ肉で作ります。100g108円の時に買いました!

調味料は、

塩 83g
砂糖 25g
生姜 25g
にんにく 15g
玉ねぎ 小玉1個
クローブ 小さじ1.5
カルディの「お肉のためのハーブミックス」1/2袋
黒こしょう 小さじ1
みりん 80ml
ブランデー カップ1/2
水 カップ1/2

↑白ワインの代わりに、ブランデーとお水を入れています。ブランデーの原液ではアルコールが強すぎると思ったので、同量の水で割りました。

ブランデー

ちなみにブランデーはお菓子用の安いやつ。XOだとかの良いものを使う必要はありません。

漬け込む

漬け込み液の材料を全てハンドブレンダーで潰し、液状にします。

タレ

これを肉にすり込みます。今回は肉が厚めだったので、表面にフォークで穴をあけました。

 

すり込んだら漬け汁ごとジップ袋に入れ、空気を抜いて冷蔵庫で寝かせます。

漬け込み中

そして一日二回ひっくり返して一週間。今回は一週間ですが、10日でも二週間でも問題はありませんでした。

アルコールの力は偉大ですね。

塩抜き、水抜きする

一週間後、漬け汁を洗い流し、流水で塩抜きします。

今回はしょっぱめのベーコンが作りたいので、30分でやめにします。

塩抜き

ちょっと焼いて味見すると、それほどしょっぱくない。でも、水分を抜くと味が濃くなるんですよね。

 

塩抜きが完了したらキッチンペーパーで拭き、ピチットシートで包んで脱水します。

5月下旬の北海道は気温が高くなることも多いので、外干しはやめた方が良いという判断です。

今回はネット通販で燻製用の大判ピチットシートを買えたので、そちらを使って余裕をもって包みます。

燻製用ピチット

これは、「そらいろや」さんというお店で購入したもの。最安値の上、メール便対応なのでお得です。

これで巻いて、

肉を包む

輪ゴムで留めます。

輪ゴム止め

この状態で、冷蔵庫で一日半置きます。

次回は燻煙!燻製卵も作るよ!

現時点では、ここまで作業が終わっています。

いよいよ明日は燻煙していきます。(更新は明後日になる予定)

天気は悪そうですが、カーポートの下でやるなら問題ないでしょう!

 

ベーコンだけでは物足りないので、同時に燻製卵も作ります。

こちらの下処理は麺つゆに漬けこんでおくだけなので簡単です。

 

ということで、今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました