こんなに簡単に作れる!自家製マスタード

スポンサーリンク
マスタードを潰す スパイスとかカレーとか
スポンサーリンク

マスタードを潰す

黄色と茶色のツブツブ。マスタードシードです。

先日までソーセージやそれに合うパン作りについてお話ししてきたので、せっかくですからマスタードも自作してみることになりました。

ソーセージ関連の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

乾燥のマスタードシードを使います

粒マスタードには黄色い粒と茶色い粒が入っていますよね。

これはイエローマスタードとブラウンマスタード、二種類のマスタードを混ぜ込んでいるんだそうです。

マイルドなイエローと辛さと苦みが強いブラウン、二種類を混ぜることで風味に奥行きが出るんだとか。

 

これらのマスタードシードは通常のスーパーではあまり売っていません。

私はこちらのお店から取り寄せました。

イエローとブラウンが100gずつ入ってゆうメールで送られてきます。送料無料なのが嬉しい!

二色一緒に買いたい人にはおすすめのセットです。

ではマスタードを作ります

出来上がったマスタードは瓶に入れて保管するので、瓶のサイズに合わせた分量で作った方が良いと思います。

今回は瓶サイズよりも少なかったため、ちょっと見た目が悪くなってしまいました……。

材料

材料はこちら。

マスタードの材料

イエローマスタード大さじ2、ブラウンマスタード大さじ1、お好みのお酢、はちみつと塩二つまみ。

よくあるレシピではワインビネガーが使われていますが、今回は穏やか酸味のマスタードを作りたかったのでりんご酢です。

また、甘味も砂糖ではなくはちみつを使ってみます。ハニーマスタード味のものが好きなので、合わないことは無いと思いましてね。

作り方

  1. まず、マスタードを合わせて水でさっと洗い、ボウルなどに水を張って2時間漬け込む。(1時間と書かれているレシピもありましたが、それでは固すぎました)
    マスタードを水に浸ける
  2. 戻したマスタードの水気を切り、すり鉢に入れて潰す。よく潰すとねっとりしたマスタードに、軽く潰すと粒感の強いマスタードになります。今回は半ずりくらいで。
    マスタードを潰す
  3. マスタードが浸るくらいのりんご酢を入れる。今回は多すぎました。
    酢を入れる
  4. はちみつを小さじ1/2、塩2つまみを入れる。フレンチドレッシングくらいの味付けが美味しいと思います。
    調味料を入れる
  5. 混ぜ合わせたものを瓶に入れ、冷蔵庫で2~3日置きます。この時点ではまだ味がなじんでいませんが、日を置くと美味しくなるのです。
    瓶に入れた

ということで3日後の様子がこちら。

マスタード三日後

マスタードがお酢を吸って、シャバシャバ感が無くなってとろりとしてきました。味はまだ尖っていますが、ソーセージに合わせると美味しい。

ちょっとはちみつが多かったのか甘めですが、料理に使えば美味しくできそうです。

 

ただ、市販品よりも美味しいかというとそういうわけでもなく……。市販品の方が味にまとまりがあるように思います。

単純な材料で作られているからこそ、「コレだ!」という味を決めるのが難しいんですね。

感想

市販のものより美味しく……というわけには行きませんでしたが、好みのお酢と甘みを使って作れるので、改良すればもっと美味しくなりそうです。

マスタードシードはまだたくさんあるので、色々な酢を使って試してみたいと思います!

市販のカシスマスタードはカシスのお酒を入れているらしいですし、お酒で風味を付けるのも楽しそうですね。

 

ということで、今回はここまで。ソーセージシリーズもとりあえず完結かな。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました