ブロッコリーから異臭が!毒ではないけどマズイ、どうすれば美味しく食べられる?

スポンサーリンク
揚げぶろ 料理・食べ物考
スポンサーリンク

売り場で新鮮そうに見えたブロッコリー、いざ買って調理してみるとなんだか臭い!

……なんて経験、したことはありませんか?私は何度もあります。

え?!腐ってるの?と心配になったものの、そういうわけではないようです。

 

今日は、ブロッコリーから異臭がする原因と、色々な対処について書いていきます(実際に試したんですよ!)

スポンサーリンク

ブロッコリーの異臭の原因は「ジメチルジスルフィド」

ブロッコリーからする異臭、腐敗臭のような、にんにく臭のような、または石油のような臭いとも表現されます。

これは「ジメチルジスルフィド」という成分のせい。

元々ブロッコリーや大根やキャベツなど、アブラナ科野菜に含まれている「イソチオシアネート」という成分が変化してジメチルジスルフィドになり、これの量が多くなると臭くなるんですって。

なお、毒性は無いそうなので、異臭がしても安全に食べられるそうです。

確かに大根もキャベツも、臭いと感じることがある。大根の漬物とか!

なお、このジメチルジスルフィドはカットして断面が空気に触れること、時間経過やゆで調理によって発生しやすいと言われています。

そのため、保存が悪かったり、鮮度が落ちているブロッコリーだと発生する確率が高いのだとか!買う時の見極めは大切ですね。

異臭ブロッコリーを色々やって食べてみる

上記の説明文のような内容は検索すればたくさん出てくるのでご存知の方も多いと思います。

では、異臭ブロッコリーを買ってしまったらどうすればいいの!という点についてはあまり詳しくなかったり。

毒性は無いと言っても、美味しくないのはちょっとねぇ。

ということで、ここではわざと臭いのしそうなブロッコリーを買ってきて、どの食べ方が一番気にならないか試してみることにします。

ブロ2

ハイ、買ってきましたブロッコリー。この時点では臭いかどうかはわかりませんが、ブロ臭保有率が高い某スーパーで買ってきたので、きっと大丈夫でしょう。

普通にゆでる

では、最も異臭が出やすいと言われる、小房に切ってからゆでる方法。切り口から例のスメルが漂います。目利きは成功したようです……。

これを、ゆで塩を入れたお湯でゆでます。

ゆでる

あ、いつも通りの異臭がします。マヨネーズで食べてみる。

まよづけ

ブロッコリーにはマヨネーズが付き物ですが、それだと異臭が抑えきれない。香味野菜が入ったドレッシングでないときついかも。

蒸す

ゆでるのが駄目なら蒸すのはどうだ、ということで蒸籠で蒸し野菜にしてみます。

むしぶろ

ゆでるより味が濃い目になります。歯応えもゆでるのとは違っていい感じ。

ただ、うまみアップと同時にブロ臭も強くなったような気が……。

蒸し野菜はポン酢で食べるのが好きなのですが、ブロ臭との相性はあまり良くない。

蒸しは臭い対策としてはあまり有効ではない。

焼く

次、フライパンで焼いてみましょう。油は引きますが、炒め物のように激しく動かさず、じくじく焼きます。

焼き

焼きぶろ

臭いはするが、油の香ばしさがあるので美味しく食べられる。ゆでた時と同種の臭いなんだけど、油と一緒だと食べやすいんですね。不思議……。

素のまま食べた後黒こしょうを振って食べたら、かなりごまかしが効きました。もっと香りの強いもの、例えばにんにく炒めとかアンチョビ炒めとかにするとブロ臭は全く気にならないと思います。

揚げる

小房に切って油で素揚げしてみます。水けをよく切らないと跳ねるので注意。

揚げ

今回早めに引き上げてしまったけれど、本当は蕾がきつね色になるくらいまでしっかり揚げた方が美味しいです。

揚げぶろ

臭いは感じるが、揚がったところの香ばしさとにんにくっぽい臭みが好相性で、むしろ美味しくなりました。ブロッコリーの甘みも引き立ち、塩だけで美味しい。

実はこれ、臭いがあっても結構美味しく食べられるのはわかってて、うちではいつも臭いのするやつは揚げて食べているんです。

クエン酸を入れてゆでる

最後、クエン酸を入れてゆでると臭みがとれるという噂を聞いたので、試してみましょう。ゆで上がりが酸っぱくなったりしないだろうか。

粉末の食用クエン酸。お菓子材料コーナーにあります。

食えん

どれくらい入れていいかわからないので、1リットルのお湯に1/2袋分(5g)入れてみた。いつも通りゆで塩も入れる。

食えんゆで

ブロッコリーを入れると、そんな長時間ゆでてないのになんだか茶色く変色してる……。

そして表面が溶けたようになって、蕾もぽろぽろ崩れる。お酢で煮た青い野菜ってこんなふうになりますよね。酸の力か。

くえゆでぶろ

食べてみます。

いつも通り、いやそれより短めにゆでたのに柔らかい。

臭いは弱まったと思う。でも、臭い以外の美味しさも抜けているような気がする。柔らかいのもあって、気の抜けたような味でした。

そこにクエン酸の酸味がガツンと来るので、正直言って美味しくないです。ブロッコリーはゆでたあと水に取らないので、酸味がそのまま残るんですね。

これは……、ナシだな。

色々試した結果、素揚げが一番

臭くないブロッコリーなら、もちろんゆでたてをマヨネーズで食べるのが美味しいけれど、確実に臭いとわかっているなら、油で揚げちゃうのが一番だと思いました。

焼きも悪くなかったが、揚げの方が素のまま食べて美味しいという点に軍配が上がった。

香味野菜や調味料であれこれやって臭いを出さないようにするよりも、揚げの香ばしさによって臭み成分も美味しさに変わるという点も良かったです。

揚げ物が面倒という人もいるでしょう、でも、揚げたブロッコリーはとっても美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。油との相乗効果で脂溶性ビタミンも摂取しやすくなっているはずです!

蒸しは臭い対策としてはイマイチだけど、ブロッコリーの甘さや歯応えがしっかり味わえたので、臭くないブロッコリーの調理法としてはアリだと思います(今回の趣旨とは関係ないが)。

クエン酸は論外!

 

いやー、この数日でブロッコリーを食べまくったなぁ。栄養とれた。

ということで今回はここまで!最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました