スペルト小麦 パンとお菓子 料理とレシピ

スペルト小麦でスコーンを焼く(スペルト小麦で色々焼くシリーズその4)

投稿日:2019年4月23日 更新日:

スコーン

スペルト小麦で色々焼いてみるシリーズ第四弾は、スコーンです。今回はパンではありません。

 

札幌市内でスペルト小麦を使用しているパン屋さんなどを調べてみたところ、スコーン専門店でも使用しているということを知りました。

そちらのお店は営業日が限られていてなかなか行く機会が無いのですが、家にスペルト小麦粉の在庫もまだあるし、スコーン好きだし、自分で作ってみようかなと思ったのです。

ということで、スペルト小麦のスコーンレシピを記録しておきます。

 

スペルト小麦で色々焼いたレシピはこちら

広告

やっぱりフードプロセッサーを使う スペルト小麦のスコーンレシピ

前にフードプロセッサーで作るスコーンのレシピを紹介したことがありますが、そのレシピを基本として、薄力粉をスペルト小麦に変えたり卵を入れたりしてアレンジしています。

薄力粉のスコーンならば牛乳だけだとカリッと、卵も加えるとふわっとするのですが、スペルト小麦はどうなるでしょうか。

 

スペルト小麦粉はたんぱく量だけで言うと普通小麦粉の強力粉と同じかそれより多いのですが、同じたんぱく量の普通小麦粉より粘性(繋がってのびる性質)が高く弾性(縮んで元に戻ろうとする性質)が低いそうです。

弾性が強いと生地が重くなるという認識(だったと思う……)なので、強力粉を使うよりも軽めに焼けることを期待します。

使用しているスペルト小麦粉は北海道産の全粒粉ですが、まだ品薄のようで入手困難だと思われます。

外国産でも美味しく作れると聞いていますので、道産品の再入荷を待てない方はこちらでどうぞ。

材料(8.6cmの菊型4~6個分)

スペルト小麦粉(石臼引き全粒粉) 220g
塩 1つまみ
砂糖 小さじ2
ベーキングパウダー 大さじ1

無塩バター 100g

牛乳と卵1個 合わせて120ml

艶出し用牛乳 少々

 

※オーブンを200℃に予熱しておく。

うちのオーブンの場合ですが、生地を冷蔵庫から出す直前くらいにオーブンの予熱を開始するとタイミングよく焼きに入れます。

作り方

  1. バターはさいの目に切る。粉類は全て合わせてふるう(スペルト小麦はサラサラしているのでふるわなくてもいいか?と思いましたが、念のため……)これらを冷凍庫でしっかり冷やしておく。卵と牛乳も合わせて溶きほぐし、冷蔵庫で冷やしておく。
  2. しっかり冷えたバターと粉類をフードプロセッサーに入れ、断続的に回してバターを細かくする。バターと粉が混ざり合ってサラサラしたパン粉のような状態になったら中身をバットに移す。
    FP
  3. 卵と牛乳を粉に注いでカードなどでまとめ、ひとまとまりになったら手のひらで平らにのばす。ここであまりこねないようにする。ちょっと生地が緩いか……?
    注ぐ
  4. 平らにのばした生地を4等分して重ね、ラップでくるんで冷蔵庫で1時間寝かす(薄力粉のスコーンより長めに寝かす)
    ただ、あまり長く寝かすとベーキングパウダーの炭酸が抜けて生地の膨らみが悪くなるそうなので、1時間を目安にどうぞ。
    4分割

    重ねる
  5. 寝かせた生地を1.5cm厚さくらいに延ばし、型で抜く(または包丁で切る)。個数を取りたくて、ちょっと薄くなってしまった。
    抜く
    今回、本場のスコーンに倣って直径8.6cmの菊型で抜いてみます!残りの二番生地も延ばし直して型で抜き、少量残った生地は丸めて味見用に。
  6. 表面に牛乳を塗って、200℃に予熱したオーブンで20分焼いてできあがり。
    焼く前

    焼き上がり

生地が薄かったせいか高さがありませんが、焼く前に比べるとしっかり膨らんでいます。色が茶色っぽいのは全粒粉だからですね。

スペルト小麦の特徴的な香りが焼いている最中からプンプンしました!

また、卵入りなので卵とバターが焼ける甘い香りも漂っています。

クロテッドクリームが無いのでバターで食べる

今クロテッドクリームが無いので、バター(マルセイバタ)で頂きます!(クロテッドクリームは炊飯器で製造中、この様子は後日)

まずはジャムなしで……。
バターと

スペルト小麦の香ばしさが良く出ている!スペルト小麦の苦みというかえぐみがバターと出会うとコクに変わってより美味しくなります。

薄力粉のスコーンよりも表面がザックリしていて、中はふっくらしている。パンみたいな素朴な味。気取らず食べられるスコーンです。

たんぱく質が多いからか、それとも卵も入れたからか……。どっしり、お腹に溜まるスコーンです。

 

冷めてからはちょっと食感がガチッとしました。こういうところは高たんぱくですね。

リベイクすると食べやすくなりました。

 

大きな型で抜いたということもありますが、一つでお腹一杯になる満足スコーンです!身体に良いという付加価値でより美味しい!

型についての余談

先日食べたクリームティーの大きなスコーンがカッコよくて美味しくて、それに倣った大きな型で抜いて焼いてみました。

でも、大きなホームセンターに行けばあると思いきやホーマックにもカインズにもビバホームにもジョイフルAKにもなく、調理器具のナカタにもなく、いつも利用している通販サイトは売り切れで、結局八軒のケーキランドに行ってやっと入手できたものなのです。

ケーキランド、小さなお店なのにかなり専門的なものまで置いてますよね。最初に行けば良かった……。

 

ということで今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-スペルト小麦, パンとお菓子, 料理とレシピ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自家製ベーコンを作っています#3

自家製ベーコンシリーズ#1、2に続き、ついに燻煙の#3です。前回はこちら 上の写真のようにピチットシートで巻いて水分を抜くところまでが前回のお話でした。   ここでは、燻煙前の準備~燻煙完了 …

皮から作る自家製餃子のおすすめレシピ★皮編

餃子大好き!みんなもそうでしょ?!……と、声を大にして言いたくなる。   王将とかみよしのとか、餃子専門店はいつも人気ということから人々の餃子愛がわかります。 でも、お店の餃子もいいけれど、 …

包む

米粉で作る餃子は小麦粉の餃子とどう違うの?二種類作って食べ比べる

ここしばらく、製菓用米粉を使ったパンやお菓子を作ってその美味しさを楽しんでいたのですが、やっぱり一度は作ってみたいのが「米粉餃子」。   いつもの小麦餃子と共に、米粉の餃子を作って食べ比べて …

桜餅

そろそろひな祭り!今年は桜餅を自作してみない?【道明寺桜餅】

2月くらいになると、和菓子屋さんで桜餅が並び始めますね。(年中置いているお店もありますが) 私は和菓子の中でも桜餅が特に大好きで、毎年必ずいくつか買って食べていました。   そんな買った桜餅 …

漬け中

らっきょう漬けの季節が来た!自分で漬けてみよう【下漬け編】

5月も半ばになると生のらっきょうが出回り始めますね。 先日立ち寄った北海市場屯田店で割と安値で売られていたので、ついついまとめ買いしてしまいました。 それはもちろん、らっきょう漬けを漬けるため! 生ら …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031