レールデュトン(桑園エリア)のカヌレが本格的ですごく美味しい

スポンサーリンク
カヌレ お出かけグルメ
スポンサーリンク

ほんの数日前にもカヌレ関連の感想記事を書いたばかりですが、今日もまたカヌレの話題です。

カヌレブームが来ていると数日前に書いたように、今いろいろなカフェ、ケーキ屋さん、パン屋さんなどでカヌレを提供するように。

 

そしてついに、オープン直後から大好きで何度も利用させてもらっている、桑園のレールデュトン(L’air du temps)でもカヌレが買えるようになりました!

 

カヌレ関連記事はこちら

カヌレ
「カヌレ」の記事一覧です。
スポンサーリンク

これぞカヌレ!なレールデュトンのカヌレ!

レールデュトン

もう何度もこのブログで紹介している、桑園のレールデュトン。

かなり古い建物(失礼)にお店を構えているのですが、すごくおしゃれな佇まいで、ここだけ別世界のようです。

 

店内には生のケーキ、ショコラ、マカロンのほか、焼菓子やパンなどが並んでいて、意外にもなんでもあるお店。

カヌレは生のケーキのショーケースの上の常温スペースに並んでいます。先月から販売開始したそうで、カヌレブームということもあり人気だそうですよ。

ひとつ300円くらいだったかな?すみません、値段を見ず他のものと一緒に買ったので覚えてないのです……。

日曜、お昼過ぎの時点で残り少なかったように思います(出ている分が全ての在庫かどうかは不明)。

カヌレと、その他ケーキを買って、帰ってさっそく食べる!

カヌレ1

こちらがレールデュトンのカヌレ。画像ではわかりにくいですが、かなりしっかりめに焼き込んであって、表面が固い。焦げているわけではないんだけど、ガリガリしています。

そのままてっぺんから食べちゃいたいところをグッと我慢して、半分に切ってみました。

断面

潰れることなく、包丁がざっくりと入りました。思った通り、焼き皮が厚く、しっかり茶色い。

切っただけですごいラムとバニラの香り。そして表面の焦げた糖分の香り、この3つが一緒になると、これぞカヌレという香りになります。

近づいて見るとわかる、たっぷり入ったバニラビーンズ。

そしてスの入り方もきれいです。

断面アップ

カヌレは中が瑞々しくぷるぷるしたものと、あまり水分を感じないむっちりしたものがありますが、レールデュトンのカヌレはむっちりしています。そして表面がザクザクといい歯応えで、食感の対比も楽しめる。

味は甘いです。そう、カヌレって甘いものなんですよね。でも、しっかり焼かれた表面がほろ苦いし、お酒も効いているので、甘いだけではない美味しさがあります。

一般的なサイズのカヌレですからかなり小さめですが、これは一つで相当な満足感がありますよ。

芳醇な香りとしっかりした甘さ、皮の苦さとラム酒のパンチ。素晴らしいです、美味しいです。

これらの味の要素から大人向けのお菓子ということがわかります。

フランスでカヌレを食べたことは無いが、きっとこんな感じなんだろう。流行りだからって万人受けするように日和ってないのがいい。

ごちそうさまでした!いつも驚かせてくれる、素敵なお店です。

 

【店舗情報】

レールデュトン(L’air du temps)

住所 札幌市中央区北7条西17丁目7−5
TEL 011-688-8292
営業時間 11:00~19:00 月、火定休ですが不定休の場合もあるので公式インスタなどで要確認

ついでに一緒に買ったケーキもご覧ください

今日はカヌレの感想分を書くつもりでしたが、一緒に買ったケーキも素敵な見た目&とても美味しかったので、見てください。

タルトフリュイ

タルトフリュイ、フルーツのタルトです。花弁が素敵ねぇ……。こないだ買ったお皿にぴったり。

これも台がざっくざくに焼かれていて、フルーツは新鮮&美味しい&組み合わせがいい!

季節ごとにフルーツが変わります。いちごだけのタルトも美味しかったけど、ゴールデンキウイやオレンジも入ると、にぎやかで豪華な感じになり良かった。

ショコラオランジュ

ショコラオランジュ。チョコとオレンジのケーキです。

チョコのムースやオレンジのプリンっぽいものなどで構成されていて、酸っぱい甘いチョコほろ苦いの味のバランス、言葉では表せないくらい美味しいです。

初めて食べたときから好きなケーキなのですが、一度レギュラー落ちしてから最近また復活したそう。おすすめです。

 

と、最後、カヌレでなくケーキの感想になってしまいましたが、どちらも美味しかったです。

きっと、次ケーキを買いに行ったときも、カヌレを一緒に買うと思います。

こちらのお店好きすぎて、他のケーキ屋さんにあまり行かなくなっちゃったくらいです。

これからもお世話になります……。

 

ということで今回はここまで。

最後までおよみいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました