料理とレシピ 普段のご飯

のぼりべつ酪農館の「ピエール・カレ」でグラタンを作りました

投稿日:2017年9月25日 更新日:

前回の記事でお話しした「のぼりべつ酪農館」のチーズ、ピエール・カレです。

ウォッシュタイプのチーズで風味が豊かなのですが、いかんせんそのままではたくさん食べにくい。

個人的に加熱したチーズが好きということもあり、グラタンにチャレンジしてみました!

(そんな食べ方したら勿体ない……と思う人もいるでしょう……。ごめんなさい!)

広告

ピエール・カレのグラタン

昔何かで見た「モンドール」というウォッシュチーズのグラタンがとても美味しそうだったので、そんなイメージで作りますよ!

材料(2人分)

ピエール・カレ 50g
じゃがいも 中1個(ここでは家庭菜園産のちび芋を使っています)
ベーコン 1枚
にんにく 1かけ
トマト 1/2個
マカロニ 50g

白ワイン 大さじ2
オリーブオイル 小さじ1
パセリ 少々
黒コショウ 少々

作り方

  1. ピエール・カレは皮ごとスライスする。ベーコンは短冊、じゃがいも、トマトは一口大に切る。にんにくはみじん切り。
  2. じゃがいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、マカロニは塩を入れた湯でアルデンテにゆでておく。
  3. 小さめのフライパンかスキレットにオリーブオイルを引き、弱火でベーコンを炒める。
  4. じゃがいもを入れて焼き目を付けるように焼く。
  5. 白ワイン、ピエール・カレを入れて溶かし、マカロニを入れてざっくり絡める。(時間をかけすぎると分離するので注意)
  6. スキレットならそのまま上にトマトを並べ、黒コショウ、パセリを振ってオーブントースターに入れる。
    (フライパンで作った場合は耐熱皿に移してからトマト、黒コショウ、パセリを乗せる)
  7. チーズがぐつぐつしてトマトに火が通ったらできあがり。

泡は分離した油分。ちょっと焼きすぎたかな?でも美味しかったです。

 

いわゆるホワイトソースのグラタンのように汁たくさんにはなりませんが、焼けたチーズが具にしっかり絡んで美味しいです。

スキレットがあれば是非そちらで。フライパン→耐熱皿に移す際にチーズのロスが出るのが勿体なく感じます。

スキレットにこびり付いたチーズはもちろんパンで拭って&おこげも剥がして食べますよ!

 

では、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-料理とレシピ, 普段のご飯

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ねぎ(長ネギ)の大量消費レシピ◇人気の定番レシピも!

うちの近くに、たまに長ネギを大束で安売りしているスーパーがあります。 大束で買ってしまっても冷蔵庫に全部は入らないので、買ったその日にいそいそと長ネギメインのおかずを作って美味しく頂きます。 玉ねぎと …

スパイス挽いて自宅で作るスープカレー(4)具の用意と仕上げ編

さあさあ、自宅で作るスープカレーも今回が完結編。 ああ、長かった……。でも手間をかけた甲斐がある味わいです。 今回はベーシックなチキンと野菜を具にします。 スープカレーの記事一覧はこちら! 広告 Co …

豚丼

家でも豚丼をたらふく食べたい!豚丼のタレの作り方

てりってりの豚丼! 帯広まで行かないと食べられないと思っていませんか? そんなことはありません。タレさえあれば、あとは豚肉を買ってくるだけで作れてしまうのです!! 今回は、そんな豚丼のタレの作り方をお …

食べ物に興味がない?!何で?!と思う前に

「食べ物に興味がない」という人。 実は、何人かそんな主義の人が近くにいるのですが、なかなか相容れない部分が大きく困ったこともありました。 でも、ちょっと視点を変えて、「何でそんな考えに至ったのだろう」 …

低温調理中

Felioでサーモンのミキュイを作る!

先日から、低温調理器「Felio」を使って温玉やらローストビーフやらを作っています。 卵、肉ときたら次は魚だよね!……ってことで、お刺身用のサーモンを低温調理し、「ミキュイ(半生という意味らしい)」を …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930