焼き菓子がマイブームなので、ピスタチオフィナンシェを作る

スポンサーリンク
買ったもの パンとお菓子
スポンサーリンク

バターが安かったので衝動買いしてしまいました。

あと、先日食べたピスタチオアイスが美味しかったので、ピスタチオパウダーも買ってしまいました。

送料がもったいないので、ついでにセールになってたフィナンシェ型も……。

 

最近焼き菓子を買う機会が増え、いつの間にか生のケーキよりも焼き菓子がマイブーム。

バターもたくさんあるし、自分でも久々に作ってみようという気になりました。

 

ということで、ピスタチオ風味のフィナンシェを作ります。

材料 12個~16個分くらい

買ったフィナンシェ型は小さいので、これ一枚分だと少量すぎて作りにくそう。

型

なので、手持ちのマフィン型も使って作ります。焼き時間などがなるべく揃うよう気を付けたいと思います。

薄くバターを塗って冷蔵庫で冷やしておきます。

材料

卵白 130g(できれば“いい卵”の卵白がおすすめ!)
グラニュー糖 75g
アーモンドパウダー 25g
ピスタチオパウダー 25g
(とりあえず半々にしましたが、ピスタチオパウダーの比率をもっと多くした方がいいかもしれない)

粉砂糖 50g
薄力粉 50g
無塩バター 130g

型用バター 少々

作り方

  1. 薄力粉はふるっておく。アーモンドパウダーとピスタチオパウダー、粉砂糖を合わせておく。ダマがあればふるう。
  2. 卵白にグラニュー糖を加え、溶けるまで混ぜる。
    卵白と砂糖
  3. 2の卵白に1のアーモンド・ピスタチオ・粉糖を加え、むらなく混ざったら薄力粉を加えて均等になるまで混ぜる。ぐるぐる混ぜてしまって大丈夫。
    粉を混ぜる
  4. コンロの横にバターを冷やす用の氷水を用意しておく。
  5. 小鍋にバターを入れ、泡立て器で混ぜながら弱火にかけて溶かし、焦がしバターを作る。
    溶かし始め

    焦がし完了
    これくらい白い泡が出ますが、液体部分は既に茶色く色づいています。今回はピスタチオの風味を消さないように、焦がしすぎないようにします。
  6. 液体が薄茶色になったら4の氷水になべ底を当て、温度上昇を防ぐ。
    氷を当てる
  7. 50℃くらいに冷ましたバターを3に入れ、
    バターを入れる
    均等になったら口金を付けない絞り袋に生地を入れて、冷やしておいた型に注ぐ。
    型に注ぐ
    角型よりもマフィン型の方が大きいので、浅めに入れた方が焼き上がりが揃います。
  8. 210℃に熱したオーブンに入れ、190℃に下げて15~18分焼いて、できあがり。角型は15分、丸型は18分でちょうどよかったです。
    焼き上がる

 

断面

どうでしょう、うっすら緑色のフィナンシェが焼けました。お皿が青いのでわかりにくいですが……。

アーモンドパウダーとピスタチオ半々でもピスタチオの味と香りはしますが、一口でピスタチオとわかるほどではない。もっとピスタチオ割合を増やした方が良かったか。

ピスタチオ風味は予想より控えめなものの、フィナンシェとしては上出来の美味しいものになりました。

やっぱり発酵バターの焼菓子は美味しい。

 

これは、ちょっと冷ましてからの方が美味しい。もちろんコーヒーが合う。

フィナンシェ

ナッツの風味、それに負けない焦がしバター。フィナンシェ、金持ちのお菓子というのがピッタリですね。

今回は、プリンだかカスタードクリームだかを作ったときに余して冷凍していた、いい卵の卵白を使用しています。いい卵って、意外と卵白に美味しさが出るんですよ。

普通の卵でも絶対美味しいお菓子ですが、卵白の味もしっかりしてより美味しい。

可能であれば、卵までこだわってみて下さい。

 

今回はたくさん焼きましたが、よほど暑いところでなければ、常温で一週間くらいもちます。

でも、手土産にしたりおすそ分けにしたりして、作った翌日にはもう食べきってしまいました。

スポンサーリンク

バターがたくさんあるので、いろんなお菓子を作りたいね

まだ残っているバター。何を作ろう、夢がふくらみます。

せっかくの発酵バターですから、お菓子にしたいですね。

 

パイを焼きたいが……、夏場は手強いかな。

今年のいちごジャムで、先日食べて美味しかったビクトリアケーキを作ろうか。

その場合バタークリームも作るから、サブレも焼いて流行りのバターサンドも作れるかな?

面倒になってショートブレッドで終わってしまうかも……。

……なーんて、色々妄想してしまいますね。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました