料理とレシピ 普段のご飯

色々試した!ポテトサラダが美味しくなるコツ4つ

投稿日:2017年4月28日 更新日:

決まった材料で作ることが多いポテトサラダですが、ご家庭ごとに味が違うのが面白いところ。

しかも、みんな自分の味が一番と譲らない(笑)

ここはじゃがいもどころである北海道ですから、ポテト系のおかずにはこだわりたい人が多いという理由もあるかもしれません。

 

でも、元々実家のポテトサラダがあまり好きではなかった私は、自分なりのポテトサラダを生み出すべく研究を重ねました。

「ポテトサラダをより美味しく作るためにはどうすればいいか?」

そんなことを考えて研究した結果をご報告します!

広告

ポテトサラダを美味しく作るには!!

ここでご紹介するポテトサラダは、じゃがいも、ゆでた人参、キュウリ、ゆで卵、ハムや魚肉ソーセージという材料とマヨネーズで作るという前提です。

アボカドとかエビをなんかを入れて、フライドオニオンやナッツを散らしたようなデリ風サラダにはなりませんのでご注意を!

じゃがいもはゆでるより蒸す!しかも皮ごと!

ポテトサラダと言えば、じゃがいもを剥いて水からゆでて……という作り方が一般的。

でも、それだとじゃがいもの旨みやでんぷんがお湯に流れてしまうし、仕上がりがべちゃべちゃになってしまうのが気になっていました。

きたあかりなどの溶けやすいじゃがいもだと、お湯に全て溶けてドロドロになってしまったりもします。

 

それを解消するためにはやっぱり「蒸す」こと!

蒸し器でもタジン鍋でもストウブでもルクルーゼでも何でもいいので、中まで竹串がスッと入るくらいまで蒸すのです。

電子レンジでも蒸すことはできますが、量がたくさんの時はおすすめできません。

時間がかかりますし、時間を見誤ると芯が残った感じになるからです。

じゃがいもをタジン鍋で蒸しています

 

そして、蒸すときは皮ごとを推奨します!

蒸しあがってから皮むきするのは手が火傷しそうになりますが、その方がロスが少ないし皮に近いところの旨みを食べられます。

ちゃんと火が入っていれば、ツルッとむけるのでそれほど手間ではありませんよ。

蒸したら熱々のうちにりんご酢をぶっかける!

私のポテトサラダが水っぽくなるのは、蒸した直後に酢をかけているからです。

これが無ければ水からゆでたじゃがいもでもそれほどベチャベチャにならないのですが、酢を入れないとどうもパンチが足りない。

美味しくするためのコツとしては、酢は欠かせないと思っています。

 

蒸したじゃがいもはフォークなどでざっくり割って、酢を多め(じゃがいも大4個にカップ1/4くらい)にかけます。

熱いうちというのがミソで、こうすることで熱によって酢のきつさがまろやかになるのです。

 

使用する酢はりんご酢がおすすめです。

フルーティーな味と柔らかい酸味がポテトサラダに合います。

ワインビネガーも風味が良いのですが、ちょっと酸味がきつすぎるなと思いました。

 

使うボウルは金属のものよりもガラスやプラスチックにして下さい。

金属ボウルで酢をたくさん使うと、金気が出てしまいます。

砂糖を入れるとぐっとお惣菜っぽくなる!

酢と同時に塩コショウもするのですが、ここで砂糖をちょいと入れてあげると、お惣菜屋さんのポテトサラダになります。

総菜工場、飲食店で働いていましたが、砂糖を入れるのはメジャーなレシピのようです。

 

もちろん、お菓子のような味になるくらい入れてはいけません。

「甘じょっぱい」と感じるくらいが目安です。

でも、最終的な味は全て混ぜて冷やしてからでないとわからないので、これは何度か試してみて下さい。

 

もっともっとお店の味に近づけたいのなら、「味○素」をササッと入れてみて!

いかにも「お惣菜!」という味になりますよ。

 

マヨネーズは「こんなに?!」というくらい入れる!

じゃがいもを蒸して作るとべちゃべちゃにならない……、でも、それはつまり、水分が少ないので固めの仕上がりになるということ。

ここでしっかりしたホクホクポテトサラダがお好みならマヨネーズは控えめでも良いのですが、なめらかさを出すためにはマヨネーズをたくさん入れましょう。

 

適量はそのじゃがいものコンディションによって変わりますが、目安としては、ボウルからヘラですくい上げた時に「ボテッ」と落ちるくらい。

モソッ、とか、ゴロン、とかだとまだ足りません。

 

最近ではカロリーを気にする人が多いので、マヨネーズ少なめのふかし芋のようにモソモソのポテトサラダを作っている人も多いように思います。

ヘルシーには相反するコツですが、美味しさを重視するなら是非、マヨネーズはケチらずガンガン入れてみて下さい。

「口の水分が取られるのは嫌だ!」という人にはおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!

 

普通の材料の普通のポテトサラダを美味しく作るコツについてでした。

これらはもちろん個人の好みの範囲なので、「酸っぱいのは苦手」とか「甘いのは嫌だ」とか、「モソモソしたポテトサラダ最高!」という人は、この通りにしない方が良いでしょう。

 

でも、いつもの材料を使ってもこの通りに作れば味がかなり違いますので、今までのポテトサラダでは満足できないという人は、試してみて下さいね。

 

ということで、今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

広告

広告

-料理とレシピ, 普段のご飯
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

グラタン

お店で食べた「明太子とじゃがいものグラタン」を作ってみる

先日友達との飲み会で出た、「明太子とじゃがいものグラタン」がとても美味しかったのです。 グラタン皿の底にマッシュポテトが敷いてあって、その上から明太子がたっぷり入ったベシャメルソースがかかっていて、チ …

ターメリックミルク

身体に良いと評判のターメリックミルクは美味しいのか?!

カレーに欠かせないスパイスの一つ、ターメリック。 健康食品などでよく見る「ウコン」も同じもの。   先日テレビでウコンの健康効果について紹介されていて、そこで登場した摂取方法に「ホットミルク …

炊き上がり

酢飯にするなら湯炊きしろ!シャッキリ炊き上がり意外と鍋も汚れない

先日の節分では、例年通り恵方巻を作って食べました。 恵方巻の具などについては昨年とほとんど同じなので割愛しますが、今日は炊飯について書きます。   酢飯を作る場合は普通に炊飯器で炊くのではな …

のぼりべつ酪農館の「ピエール・カレ」でグラタンを作りました

前回の記事でお話しした「のぼりべつ酪農館」のチーズ、ピエール・カレです。 ウォッシュタイプのチーズで風味が豊かなのですが、いかんせんそのままではたくさん食べにくい。 個人的に加熱したチーズが好きという …

包む

米粉で作る餃子は小麦粉の餃子とどう違うの?二種類作って食べ比べる

ここしばらく、製菓用米粉を使ったパンやお菓子を作ってその美味しさを楽しんでいたのですが、やっぱり一度は作ってみたいのが「米粉餃子」。   いつもの小麦餃子と共に、米粉の餃子を作って食べ比べて …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930