コーヒー豆を焼酎に漬けてコーヒーリキュールを作る

スポンサーリンク
一日目 家飲みコーヒー
スポンサーリンク

先月くらいにラム酒やホワイトリカーに紅茶の葉を漬け込んだものを作りました。

漬け込んで一か月、アールグレイ風味のラム酒とホワイトリカーはどうなった
先月頭、ラム酒とホワイトリカーにアールグレイのティーバッグを入れてアールグレイ風味のお酒を作っているという記事を書きました。その様子はこちら↓ それから一カ月ほど経過し、そこそこ風味の付いたお酒ができたようなので、味見...

このときはラムが本命で、ホワイトリカーの方はついでに作ったものだったのですが、ただ飲むのならこちらの方が勝手が良かったのです。

市販の紅茶リキュールとは違い、無糖なのが良かった。

 

これと同じようにコーヒーを漬け込んだらどうなるか……?と気になったので、作ってみることにしました。

スポンサーリンク

コーヒー豆を焼酎に漬ける

昔々、クッキングパパでコーヒー焼酎が紹介された回があったと思います。

そのときは氷砂糖とコーヒー豆(深煎りだった気がする)とホワイトリカーを漬け込むというものだった記憶があります。

が、色々な使い勝手を考えて、甘くしなくても作れるなら甘味抜きで作りたいところです。

ここでは砂糖類は入れずにコーヒー豆と酒だけでいってみます。

コーヒー豆なら果実酒のように果物の水分からくる腐敗の心配もないはず……。実際紅茶酒は砂糖なしでも腐りませんでした。

砂糖が入った方が浸透圧で成分の抽出が速いそうですが、そこは時間をかければよいだけです。

 

ということで漬けていきます。

30g

使うコーヒー豆は自家焙煎のコロンビア、シティローストです。200mlの焼酎に対して30g入れます。

材料

漬け込むお酒はホワイトリカーではなく、普通の焼酎。アルコール20度。

たまたまホワイトリカーがなく、買い足そうにも大きなパックしかないということで、来客用の普通の焼酎で代用します。だって全然減らないんですよ。

キンミヤ

このキンミヤ焼酎は完全なるジャケ買い……いやパケ買いです。水色に金色、桜や菊?の模様がきれいだったもので。しかも安かったです。

これを200mlと、先ほどのコーヒー豆を空き瓶に入れて蓋をする。そして冷暗所に放置です。

一日目

注いだばかりの状態はこんな。挽いてない豆なので、すぐには色が出ない。そしてまだ内部に空気を含んでいるのか、豆は浮きっぱなし。

 

翌日、漬け込んで二日目。

二日目

二日目になると、半分くらいのコーヒー豆が沈んでしまいました。

色もかなり茶色っぽくなってきてはいるが、コーヒー色というにはまだまだ薄いですね。

蓋をあけて香りを確かめてみると、コーヒーの芳香はあまりせず、代わりに焦げ臭が漂います。

これで本当に香りが出るのかな?心配。

 

そして少し飛んで5日目です。

5日目

2粒を除いたほとんどのコーヒー豆が沈みました。

香りも、焦げ臭さの中に水出しコーヒーのような繊細なコーヒー香が加わってきたように思います。

でも、まだまだコーヒーのお酒と呼ぶには香りが弱い。

このまま一か月くらい放置して様子を見てみようかと思います。

 

粗挽きにして漬け込めば、もっと抽出が速かったかもしれない。

一か月後に飲んでみます

今回は完成まではいきませんでした。

このまま放置で、良い加減に香りや苦みが出てきたところで味見することにします。

 

次は飲めるようになったところで更新したいと思います。

 

ということで、今日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
家飲みコーヒー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました