最近、松屋珈琲で生豆を買っています

スポンサーリンク
コーヒー豆 家飲みコーヒー
スポンサーリンク

数年前に、自家焙煎用の生豆を早川コーヒーというお店で買っているというお話を書きました。

が、その当時から色々と状況が変わり、今は別な業者さんで買っています。

「松屋珈琲」という、群馬のお店です。

そちらがなかなかいい生豆を届けて下さるので、ここで紹介させて下さい。

スポンサーリンク

松屋珈琲に切り替えた理由

早川コーヒーさんは札幌のお店なので送料も安く到着日数も早い、そして品揃えも豊富でありがたかったのですが……。

昨年くらいでしょうか、欲しい産地の、欲しいグレードの生豆が品薄な時期があったんですよね。

欲しい生豆が無い、でも家にある生豆はもう尽きる……というときに別な生豆業者を調べていて知ったのが松屋珈琲さん。

 

サイトはとても見やすく好感が持てます。

パプアニューギニア エリンバリGOLDという生豆が新入荷された時期で、お値段も手ごろ。

これを是非焙煎して飲んでみたいと思って注文してみたのがきっかけ。

対応もよく、発送も早い。

そして、何より生豆が新鮮できれい。(これはエリンバリGOLDそのものの品質もあるかも)

買ってよかったと思えるお買い物ができたので、以降こちらに切り替えることにしました。

よほどマニアックでなければ欲しい生豆が見つかる品揃え

それから、半年から1年に一度くらいの低頻度ですが、利用させて頂いています。

お値段は早川コーヒーと同じくらいかな?送料を考えると松屋珈琲の方が割高なものもあるかもしれません。

商品は、取り扱っている国は多く見えますが、国ごとの種類はあまり多くありません。

しかし、恐らく産地もグレードもメジャーどころを押さえられていると思うので、選ぶのに困るということはありませんでした。

月替わりでセールしている生豆が数種類あり、こちらはお買い得です。

容量は1kgの少量から69kgの麻袋入りまで選ぶことができ、私のような個人の焙煎愛好家から商売としてお店をされている方まで利用しやすいです。

また、少量より大容量の方が安くなります。1kg袋のお値段よりも5~10kgの方が1割以上安くなり、20kgだともっと安い。

送料は群馬→北海道なので1000円くらいかかりますが、10kgで買った分の値引き額を考えると高い買い物ではないと思います。

先日、コロンビアのサンアグスティンという産地のものを買いました

つい先日も、ちょうど生豆切れの時期だったので利用させて頂きました。

コロンビアのサンアグスティンという産地の豆です。

お支払いは銀行振り込み、代引き、ペイパル。

注文日のうちに振込すればその翌営業日か翌々営業日に発送されて、さらに2日後に北海道に届くという流れです。早い!

荷姿

意外とコンパクトな箱で届く。10kgなので持つとずっしり。

産地

シールを確認すると、注文したもので間違いないようだ。

 

松屋珈琲さんで好感が持てるのは、梱包にもあります。

中身

こんな感じで、箱に直接ビニール袋を敷いて、その中に生豆をザーッと入れて輪ゴムで閉じた状態で来る。

これだと箱ごと収納すればコンパクトだし、ゴミも少ないです。

こんな簡易包装で大丈夫だろうかと最初は思いましたが、いつもきれいな状態の箱で届きます。

「取扱注意」のシールが貼られているので配送員さんも丁寧に扱っているのでしょう。

 

中身はきれいな生豆。新鮮そうです。

コーヒー豆

生豆も買うお店によってはカッサカサの黄色いやつとか、割れたのばっかり入っていることもありますよね。

松屋珈琲は今のところそういう豆が届いたことはない。今後も贔屓にします。

買った豆はまだ焙煎していないが、美味しいはず

新鮮な豆が届くのはとても嬉しいです。

水分を飛ばすのに時間をかければ、私のようなズブの素人でもそこそこ美味しく焙煎できる気がします。

ネット通販は品質を目で確認せずに買うことになるので不安も大きいですが、その反面良い品を届けてくれるお店を見つけることができたときの喜びも大きいですね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
家飲みコーヒー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました