大丸札幌店に出店していた帯広のますやパンを買う

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

看板

もう終了したイベントのお話で恐縮ですが、3月13日~3月18日まで大丸札幌店で開催されていた「いいモノいいコトマルシェ」に行ってきました。

(恐らく)目玉のひとつだと思われる帯広の老舗パン屋さん、ますや商店が出店していると聞き、さっそくパンを買ってきましたよ!

スポンサーリンク

いいモノいいコトマルシェとは

いいモノいいコトマルシェとは、大丸札幌店でたまに行われている催事です。

札幌はもちろん、北海道内のグルメ、道内で活躍されている作家さんの雑貨などを集めたイベントで、札幌からは遠い地域のアイテムを入手できるのです。

 

今回のvol.13は、砂川のお菓子のほんだ、函館のハセガワストア、真狩の湧水の里などなどの有名どころを始めとした美味しいものが集まっていました。

また、雑貨の方も個性的だったり、北海道的だったりと、あまり見る機会の無いものが多くて見ごたえがありそうでした。

 

ますやパンは十勝産小麦にこだわったパンを焼いていて、昔ながらの味から若い人向けのおしゃれなパンまで幅広く製造販売しているそうです。

私も一度、旅行のついでに立ち寄ったことがありますが(麦音という店舗)、大きな店舗にずらりと多種類のパンが並んでいて、ワクワクしたことを覚えています。

さすがに催事場の限られたスペースなのでそれほど品揃えは多くありませんでしたが、主力商品を持ってきているそうなので期待大です。

時間が無くますや定番パンを3種類買う

実はこの日は別な用事のついでに訪問しているため、他のブースをじっくり見るほどの余裕は無かったのでした。

なので、通路の近くにあるお店ばかりを見る格好になってしまい、催事場の奥にあるお店はちゃんと見られませんでした。

看板

ますや商店は通路に面した一番目立つブースだったので、ちゃんと見ることができた。

人が多くて寄った写真は撮れませんでしたが、定番商品らしいあんぱんやクリームパンのほか、その場で焼き上げるシチューのパンやチーズのパンなど、品数は多くないものの魅力的な商品が揃っていました。

ちぎりパンのような形状の「ベビーパン」は帯広では食べたことが無い人はいないほど定着しているパンのようです。が、私と同時に並んだ人が最後の一つを迷っていたので、こちらは見送り。

白あんのあんぱんも、私の目の前で売り切れたな……。

 

ということで結局、これらの3点を買いました。

パン

左上・クリームパン、左下・あんぱん、右・豆パン。どれも100円台だったと思う。

 

クリームパン。

クリーム

見た通り、昔風のカスタードが詰まっています。水分少なめのもっちりしたクリーム。

生地は元祖菓子パン、という風情のフワフワパン。

クリームは甘さ控えめでもちもちしているので、飲み物が欲しい感じ。美味しいですがこれはちょっと期待していたのと違った。

 

続きましてあんぱん。こしあんでした。

あんぱん

生地はきっとクリームパンと同じフワフワのやつ。あんこはしっかりめに作られていて、小豆の風味が美味しいです。さすが十勝……!

このやわらか生地と重ためのあんこがすごく合っていて、バランスも良い。これはすごく自分好みのタイプ。

生地表面にごまやケシがかかっていないのも、小豆の味をよく味わうことができるので好印象です。

 

最後は豆パン。

豆パン

表面からかなりの豆が透けて見えていたので予想はしていましたが、中にはたっぷりと大き目の金時豆が入っている。

この豆がちょっと固めで噛み応えがあって、それほど甘ったるくなくていい。

昔ながらの豆パンの味。北海道のソウルフードだ!これは近くにお店があったら頻繁に買いたい味です。

 

買ったパンのうち、クリームパンは好みと違うものでしたが、ほか2種類はさすが十勝と言わざるを得ない、豆の美味しさを引き出したパンです。

札幌で買える機会は少ないですが、またチャンスがあったら豆系パンを買おうと思います。

バタークリームのパンが食べたかった

実は、過去に帯広のお店に行ったときには、コッペパンにバタークリームが挟まったパンを買って食べたのです。

あの甘くてこってりしたクリームのパン、今はなかなか売っていないのでとても美味しく感じたものでした。

今回の出店には無かったようなので、ちょっと残念……。

また帯広に行く機会があったら、ますや商店に立ち寄ってバタークリームパンを買いたいと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました