ゆめちからテラスの夢パン工房にリベンジ訪問!今回は入れたよ!

スポンサーリンク
夢パン工房 お出かけグルメ
スポンサーリンク

夢パン工房

先週、江別市野幌のゆめちからテラスのオープン直後に訪問した話を載せましたが、その時はメインスポットの夢パン工房には大混雑で入場できずに帰ってきてしまったのでした。

それを悔みつつ10日ほどの時間が経過……。

そろそろ混雑も収まった頃だろうかと思い、再訪しました。今回はちゃんとパンを買うことができましたよ!

スポンサーリンク

そろそろ空いてきたか……と思ったら!!まだ人気の夢パン工房

この日はとても天気が良くドライブ日和でした。

とは言え平日なので、ゆめちからテラスの訪問者もそろそろ落ち着いているだろうと見込んで、自宅から車で出発しました。

うちからは車で1時間弱かかる距離。途中寄り道をしながら、1時半ごろに到着。

ゆめちからテラスに到着すると、駐車場にはかなりの車が。

前回訪問時のように車道まで車が並ぶというほどではありませんでしたが、平日でも訪れる人が多いことがわかります。

 

夢パン工房の前には10人ほどの行列が。

パン屋さんなのになぜ行列ができているのかというと、パンをゆっくり選べるように入場制限をかけているのだそうです。

入口で係の方が店内の人数を数え、一組、二組と順番に入れていくというシステムでした。

飲食店でお客が食べ終わるのを待つのとは異なり、すぐに入ることができました。

入ってすぐにイートインスペース。パンだけではなく、ドリンクや店内調理メニューも頂けます。

店内

時間のせいか陳列されているパンはそれほど多くありませんでしたが、主力商品らしい超熟食パンと超熟ハース(ソフトフランスみたいなやつ)は豊富にありました。

昼過ぎですから、総菜パンや菓子パン類はランチ用に買う人に合わせて焼き上げているのでしょう……。あまり数がありませんでした。

陳列札を見る限り、手稲の夢パン工房とはかなり品揃えが違う様子です。あちらのお店では見ないものがたくさんあり、逆にあちらで人気商品とされるものは見かけませんでした(売り切れているだけかも)。

 

ところで、手稲の夢パン工房には「手稲クリームパン」という店舗限定商品がありますが(超美味しい)、ここにも「野幌クリームパン」なるものがあるようです。が、残念ながら売り切れ……。次回は早めに行って、必ず買うッ!!

 

ということで、今回買ったのはこちら。

買ったパン

奥から、メンチカツドッグ(248円)、もちっとこしあんぱん(129円)、金時豆のハースブレッド(324円)、とうもろこしフォカッチャ(194円)。

レジは手際よくどんどん進んでいきます。

支払いだけセルフのレジを採用しているのでスムーズなんですね。

そうそう、手稲の夢パン工房で発行されたポイントカードがこちらでも使えますよ。

店内でイートインもできる

メンチカツドッグ、もちっとこしあんぱんは店内で頂きます。

ここは手稲とは違いコーヒー無料ではないので、お水で……。

 

メンチカツドッグ、とても美味しいメンチカツが挟まっているのですが、その味が強くパンの味はあまりわからず。

でも、夢パン工房のドッグパンは安い割にとても美味しいんです。手稲でよく買っています。ただ、あのボリュームでメンチを挟むなら、もう少しパンが大きい方が好きかも。

こしあんぱんは「もちっと」と付くように、生地がふわふわのもちもち!!そして上品なこしあんが入っています。これ、とても美味しい。

あんこが美味しくなければあんぱんではないと思っていますが、生地の味も大事ですね。生地、あんこの両方が美味しいあんぱんは稀少です。おすすめ。

 

そして、翌朝に金時豆のハースブレッドととうもろこしのフォカッチャを頂きます。厚めに切ってトースターで焼いて。

パン

ハースブレッドは甘い金時豆がたっぷり入っているのに、生地は軽くてさっくり。

ハースブレッドというのは、かまどの炉床に直接置いて焼くパンのことを指しますが、フランスパンのようにシンプルな生地のパンを指すこともあるようです。これは恐らく後者ですね。

ここのは生地が軽いのに引きが強く、小麦の味がしっかり味わえます。豆の甘味が加わると、いくらでも食べられる味。

 

とうもろこしのフォカッチャは、フォカッチャというよりもリュスティックやチャバタのような見た目をしていますが、皮は薄く、中はふんわりしているところがなるほどフォカッチャっぽい。

甘くて香ばしいとうもろこしが適度に入っていて、朝食にちょうど良い加減です。とうもろこしにパン生地を絡めて焼いたようなコーンパンもありますが、こちらはちゃんと「パン」という印象を守っていますね。

 

どのパンも道産小麦を使っているのが売りですから、小麦の味がしっかりわかる配合で焼いているのがわかります。

あんパンもドッグパンも、生地だけ取って食べるとそれ自体がとても美味しいので、具でごまかさずにこだわっていると伝わってきます。

次々と新しいパンが焼けていた

パンを選んでいる間も、次々と奥から新しいパンが出てきていました。

ですから、売り切れたと思っても少し待てば追加される可能性大です。

今回はクリームパンが出てくるまで待つことはしませんでしたが、もしかしたらもう少し粘れば買えたかも……。

まあいいさ、また行きます!!

 

ゆめちからテラス

北海道江別市西野幌107-1
営業時間 夢パン工房 8:00~18:00、その他は9:00~17:00

公式サイトはこちら

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました