森永ムーンライト&チョコチップクッキー生地を発見!買って家で焼いてみた!!

スポンサーリンク
パッケージ お出かけグルメ
スポンサーリンク

森永の二大人気クッキー、ムーンライトとチョコチップクッキー。

これらを自宅で作れる冷凍生地が発売されたとしばらく前に話題になっていましたが、私が住む北海道では未発売だったのか、当時は見つけることができませんでした。

 

それが今、スーパーに並んでいるのを発見!即買いして、その日のうちに焼いて食べてみましたよ!

スポンサーリンク

コープさっぽろで購入しました

このムーンライトとチョコチップクッキー生地は、コープさっぽろのバレンタイン用製菓材料特設コーナーで見つけました。冷凍品なので、パイシートとか冷凍ホイップとか、ほかの冷凍製菓材料とまとめて陳列されていました。

12枚分で2~300円くらいだったと思います。後で詳しく書きますが、完成品として売られているムーンライトやチョコチップクッキーの大きさで12枚作れるわけではありません。もっと小さな一口サイズで12枚だと思ってください。

完成品の方が断然安いが、「作る楽しみ」込みの価格と考えるべきでしょうね。

オーブンでもトースターでも作れます!

今回はオーブンで作りましたが、トースターでも作れるようです。

作り方

オーブンの場合は焼きっぱなしでOKですが、トースターの場合は焦げ防止にホイルをかぶせるなどする必要があるそう。

 

まず生地を解凍する。一旦袋から出します。

生地

今回は半分ずつ焼くので、まず凍ったまま半分に切って残りを冷凍庫に戻す。

作り方はムーンライトもチョコチップクッキーも全く同じです。

半分は室温で解凍し、6枚ずつに切る。40分ほど置いて、スッと包丁が入る柔らかさになりました。

カット

これを丸めて天板に並べる。チョコチップクッキー生地も同様。

焼く前

切る前の生地から想像はしていたけど、小さいな……。完成品のクッキーのようにはならないでしょう。

これを180℃で10~13分焼くとあります。13分にセットして焼いてみる。(結果少し焦げた)

13分後!

焼けた

チョコチップクッキーの方が特に焦げている。

すぐに網に取り、冷ましてから頂きます。

食べてみる

クッキーセット

コーヒーも用意して食べます。焼きたてから10分置いた程度でも、もうサクサクになっている。原材料に含まれるショートニングが多いからかな?

up

とっても小さいけれど、ムーンライトの方は製品として販売されているものに近い見た目。

食感はサクッとしてほろりとほぐれる食感が美味しい。製品の方がバターの風味が強いように感じましたが、切って焼くだけでこの味が出せるなら上々です。

 

チョコチップクッキーの方は、製品よりこちらの方がチョコチップが少ないかも……。

食感はサクサク、というかザクザク。ムーンライトよりもクリスピーで、唾液を持っていかれる。そのため飲み物必須です。

 

どちらかと言えば、私はムーンライトの方が好みでしょうか。

バターと小麦粉をこねて自分で作るクッキーとは別物の味ですが、自分で作ったという満足感も相まって、とても美味しく頂けました。

チョコ掛けしたり何か挟んだり、アレンジの可能性も

ただ丸めて焼いて食べても十分な味ですが、これをさらにチョコ掛けしたり、何かを挟んだり、または具を包み込んで焼いたりと、色々とアレンジの可能性があるのもまたこの商品のいいところです。

薄ーく伸ばしてパン生地やシュー生地に載せて焼けば、メロンパンやクッキーシューを作ることもできるかもしれない。

 

アレンジなど興味が無い人にもおすすめです。オーブンが無くても作れるし、お菓子作りの超初心者でもちゃんと上手にできる。食べきれる量だけ作れるのもいいですよね。

もうすぐ来るバレンタイン、そして来月のホワイトデーに活用できそうな便利食材です!

気になる方は是非試してみてくださいね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ買い食い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました