お出かけグルメ

結婚記念日にイル・モメントでエゾアワビディナー

投稿日:2017年6月22日 更新日:

 

6月某日は私たち夫婦の結婚記念日だったので、ちょっと豪華にディナーを予約して食べてきました。

毎年恒例というわけではありませんが、こんな機会でもなければかしこまったディナーを食べることなんてまず無い身分なので、できるだけ行けるように予定と予算を組めるようにしています。

今回行ったのはサッポロファクトリーの隣にあるホテル、クラビーサッポロ内の「リストランテ イル・モメント」というイタリアンレストラン。

この日に食べたものとその感想をお話ししますね。

広告

リストランテ イル・モメントについて

クラビーサッポロの1階、エントランスから入ってすぐにあるイタリアンレストランです。

ディナーでの利用は今回が初めて。ランチは以前利用したことがあります。

ホテルのレストランと言うととても敷居が高そうですが、イル・モメントはもう少しカジュアルな感じでとても入りやすいです。

ドレスコードは無く(さすがに記念日ということでおしゃれして行きましたが)、カトラリーもフォークとナイフの他にお箸が用意されているという、慣れない人にも親切な仕様です。

こちらのランチ、2000円でパスタ、肉料理と魚料理にデザートとフルコースが楽しめるというコスパの良さで、しかもスタンプカード(5ポイント満点、1回のランチで1ポイント、ディナーで2ポイント付きます)を満タンにするとパスタランチが無料という嬉しいサービスもあります。

 

これだけカジュアルなのにサービスはしっかりしていて内装もきれい。席と席の幅も余裕があってゆったり食事ができます。

これからご紹介するディナーのお料理を見て行ってみたいと思った方は、是非お気軽にどうぞ。

2018/5月追記:しばらく行かないうちに、貸切専用レストランにリニューアルしたようです。

一般の方は入れなくなってしまったようで、残念極まりない!!

 

リストランテ イル・モメント

札幌市中央区北2条東3丁目
ホテルクラビーサッポロ1F(駐車場あり・食事の方3時間無料)

TEL 011-242-5081

公式サイトはこちら

寿都産 天然エゾアワビ料理の入ったコース

今回のコースは「寿都産 天然エゾアワビ料理の入ったコース」という大変わかりやすいもの。お値段は8000円+税。それにドリンク代です。

サービス料は別途ではなかった気がするな……、旦那が支払っていたので詳細不明。すみません……。

全メニューの構成は以下の通りでした。

出会いの一皿

時しらずのタルタル

阿寒湖産 ウチダザリガニのプリン

温かい前菜

パルミジャーノレッジャーノと道産小麦のタリアテッレ

寿都産 天然エゾアワビのやわらかステーキ ケッパー風味

牛フィレ肉のタリアータこだわり野菜を添えて 和風または赤ワインのソース

北海道産小麦 全粒粉のパン

ブラッドオレンジとマンゴーのドルチェ またはナチュラルチーズ

シェフこだわりの「厳選素材プリン イル・モメント風」

小さなお茶菓子

食後の飲み物

 

ではでは、料理をご紹介していきますよ~。

 

出会いの一皿

まずはアミューズですね。こちら写真を撮り忘れてしまったのですが、小さな小さなブルスケッタと小松菜の塩ケーキでした。

ブルスケッタはカリカリに焼いていてトマトっぽいソースが塗ってあるもの、小松菜の塩ケーキはほんの一口、ピックに刺さった状態での提供です。

どちらも適度な塩気でこれから出る料理への期待を高めてくれました。

 

時しらずのタルタル

叩いた時しらずの身に薄く塩やオリーブオイルで味付けしたもの。流れるように添えられた白くて細長いものは生の白菜、両脇の泡はレモンの泡でした。

生の鮭にありがちな生臭みが全くない!これはもう少し酸味、または塩気が欲しいと思いました。レモンの泡を付けながら食べましたが、ちょっと物足りなかったかな。

 

阿寒湖産 ウチダザリガニのプリン

給仕の方はプリンではなく「フラン」と言っていましたが、まあ同じものですね。

温かいザリガニ風味のスープにプリンが浸っています。

実はこのたびがザリガニ初挑戦なのですが、本当に美味しかった。泥臭かったりなんてことは一切なく、エビに近いお味でした。

プリンは生クリームをたくさん使っているのか濃厚で、スープも甲殻類のうま味がたくさん出ていました。このあたりから全粒粉のパンが出てきたので、最後の一滴までパンに付けて頂きました。

 

温かい前菜

先ほどのプリンが温かい前菜だと思っていたら、もう一品ありました。これはエゾシカのラビオリだったかな?中にチーズ風味?の挽肉が入っています。

ソースは肉汁を煮詰めたようなもので、赤い粉末はパプリカだったと思います。

エゾシカ肉を食べる機会が最近増えましたが、ジビエなのに癖が少なくて食べやすいですよね。このラビオリも食べやすかった。

でも、やっぱり血の気の多いジビエ肉なので、このくらいの量に留めておくのがベストな食べ方だと思います。

 

パルミジャーノレッジャーノと道産小麦のタリアテッレ

これ、せっかくテーブルの前でチーズを絡めてくれたのに、写真を撮り忘れてしまったのです。

よくある半切りのパルミジャーノの中に熱いパスタを入れて絡めるやつです。

この大きなパルミジャーノは2年半熟成させたもので、半分サイズで28kgもあるのだとか。内側だけを贅沢に使った自慢の一品だそうです。

チーズを絡めてお皿に盛り、その上から削ったチーズをかけて、温めた牛乳らしき液体をかけてからオリーブオイルを振っていました。

チーズの塩分だけで食べる料理ですが、チーズのうま味が濃厚で十分なお味でした。道産小麦の麺もモチモチしていて美味しい!

シェフとちょっとした会話をしながら提供されるのが楽しかったです。

 

寿都産 天然エゾアワビのやわらかステーキ ケッパー風味

さてさて、今回のお目当て料理です。エゾアワビのステーキにトマトとケッパーが入ったバターソースがかかっています。

名前の通り柔らかくてプリプリ、そして表面のカリッと感との対比が楽しめました。

左上の黒い塊はアワビの肝で、パンチのある磯風味。添えられた野菜はアスパラとズッキーニ。(やっぱりこの季節はアスパラだよね!)

ソースはそれだけだと塩分と酸味が強いように思いましたが、アワビ、そして添え野菜にピッタリ合っていました。

肝も身と一緒に食べるとちょうど良く磯風味が加わって良かったです。

私はお酒を飲めないのでソフトドリンクで食べていましたが、味が濃いこともあり、お酒好きにはたまらない味だと思います。飲める人、羨ましい!

 

牛フィレ肉のタリアータ こだわり野菜を添えて 和風または赤ワインのソース

こちらがお肉のメイン料理。

最初に焼き加減を聞かれますが、おすすめらしいミディアムを指定しています。ソースは赤ワインソース。和風も捨てがたかったのですが、パンと食べることを考えるとやっぱり赤ワイン。

アワビもさることながら、このタリアータがまた美味しい。これがこの日の一番と言っても過言ではない!

添え野菜も「こだわり」と付くだけあって甘味が濃くて美味しい。特に玉ねぎ、お肉と一緒に食べるともうたまらん。

赤ワインソースはやっぱり塩気が強めかなと思ったのですが、肉にはほんの少しずつ付け、野菜には味付けしていないのでたっぷり付けて食べるとちょうど良かった。

ディナーに行くとどこへ行っても必ず牛肉を選ぶくらいの牛肉好きですが、その中でもやっぱりちょっと赤みが残る焼き加減の料理はいつ食べても美味しい。

 

ブラッドオレンジとマンゴーのドルチェ またはナチュラルチーズ

スイーツ好きなのでチーズではなくでドルチェを選択。どうやら旦那が予約の際に結婚記念日だと申告していたらしく、プレートにチョコでメッセージ入り。もう7年にもなるのか……。

こんな記念日ディナーのドルチェは「いかにも!」なケーキが出そうなものですが、今回はオレンジのグラニテ、マンゴーのジェラート、そしてその下にオレンジとマンゴーのゼリーが隠れていました。

このさっぱり系のドルチェがお肉で疲れた口に心地よかった。この後に濃厚なプリンも出るので、口に入れるとサッと溶けるくらいのものが丁度いいんです。

ちなみにプレートのチョコ文字はガッチガチに固まっていて、剥がして食べることは不可能でした……。行儀が悪いけれど勿体ないと思ってしまうのよね。

 

シェフこだわりの「厳選素材プリン イル・モメント風」、小さなお茶菓子

ドルチェその2のプリンと小さなお茶菓子たち。

このプリンは自慢の一品だそうで、ランチのデザートにも付いてきます。生クリームたっぷりの濃厚プリンで、別添のカラメルを上から注いで食べます。これ、毎度のことながらすっごい美味しい。

小さなお茶菓子は全粒粉のクッキー、ごまのクッキー、チョコレートケーキ、唐辛子入りチョコ、ラズベリーのマシュマロ、生キャラメルと盛りだくさん。好きなものを選べるらしいですが、給仕の方に「よろしければ全種類どうぞ」と言われたのでお言葉に甘えてしまいました。これもランチコースにも付くものです。

飲み物は紅茶とコーヒーのどちらか、私はコーヒーを選択。ですが、コーヒーはあまり美味しくなかった……。それだけが残念。

 

……と、以上でコースの料理全てになります。お腹一杯になりました。

コース料理って一皿に少しずつしか載っていないのに、最後の方は満腹になりますよね。今回も例にもれずお腹を満たしてくれました。

こちらは高コスパのお店です

このような感じで結婚記念日ディナーは終了しました。

二人ともお酒を飲まないので、ソフトドリンクで乾杯するという夜でしたが、料理の美味しさに大満足できました。

この構成で8000円って、すごくコスパが良いと思います。札幌指折りの高級店の半額くらいじゃないかな。いろんなお店を巡ったわけではありませんが!

余談ですが、実は行ったのは結婚記念日の当日ではなく、少し後なんですよね。本当は記念日に予約を入れていたのですが、前日に風邪を引いたために先に延ばすことになったのです。前日の予約延期でも快く対応して下さって感謝しています。

ディナーはしょっちゅう行けるものではありませんが、2000円のランチくらいならたまには行けそうです。また近いうちに利用したいと思えるお店でした。(スタンプも貯めたいしね!)

今回はこのあたりで。また、誰かにおすすめしたい美味しいお店があったらご紹介しますね。

広告

広告

-お出かけグルメ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夢パン工房

ゆめちからテラスの夢パン工房にリベンジ訪問!今回は入れたよ!

先週、江別市野幌のゆめちからテラスのオープン直後に訪問した話を載せましたが、その時はメインスポットの夢パン工房には大混雑で入場できずに帰ってきてしまったのでした。 それを悔みつつ10日ほどの時間が経過 …

納豆と豆腐

月形町を通るなら是非買って食べて!まんまる納豆と月奴

当別と浦臼の間にある月形町。 私のイメージは刑務所のある町というくらいだったのですが、最近通過する機会が多くなって知ったのが、農業が盛んな町ということ。 お米やメロン、スイカなどはブランド農産物として …

しあわせたまご

ニセコの道の駅で「しあわせたまご」という卵を買って食べる

わざわざ養鶏場に出向いて卵を買うことも多いですが、最近は道の駅や農産物直売所で買うことも多い。 どちらにせよ、遠出をしたらその土地の地卵を買う習慣が付いてきています。 今回、ニセコの道の駅、「ニセコビ …

看板

ニセコの奥土農場で素朴で優しい味のパンを買う

先々日、真狩に行ってパンや豆腐を買ったとお話ししていますが、その後ニセコに回り、奥土農場というパン屋さんでもパンを買ってきています。 既に買ったパンもあるので大量購入というわけにはいきませんでしたが、 …

たまご

赤井川 門脇農場の庭先たまごを道の駅で買う

なんと、また卵を買ってきたのです。 これは先日のニセコの帰り、赤井川の道の駅で購入したものです。 「庭先たまご」という名前からわかる通り、放し飼いで飼われている鶏が産んだ卵だそうです。 今回はこちらを …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930