特別な日に美味しい!プティサレのシャルキュトリー

スポンサーリンク
パテドカンパーニュ お出かけグルメ
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

 

プティサレ

最近では、札幌にもシャルキュトリーの専門店が増えてきました。

おしゃれなお酒のおつまみだったり、ちょっとした前菜に使えたりと意外と便利な食品なので、機会があれば買って楽しんでいます。

今回は、赤れんがテラス内にある「プティサレ」というお店のシャルキュトリーをいくつか買ってきましたので、感想をお伝えします。

スポンサーリンク

シャルキュトリーって何なの?

フレンチに詳しくなければ、シャルキュトリーという言葉はなかなか聞く機会がありませんよね。

私も数年前まではそうでした。お酒を飲む機会が少なく、且つフレンチレストランでの食事も記念日などしか無かったもので……。

 

シャルキュトリーとはフランスにおける食肉加工品全般を指す言葉で、ハム、パテ、ソーセージや燻製などなど、たくさんの種類があります。

特にどのお肉を使うという決まりも無く、豚、牛、鶏、そしてエゾシカやキジなどのジビエ類を使ったものも全てひっくるめて「シャルキュトリー」と言うんだそうです。

これらは美味しくするだけではなく、お肉の保存性を高めることも目的として加工されるため、シャルキュトリーはただ火を通しただけのお肉よりも日持ちし、取り扱いが楽になります。

 

日本ではまだまだ敷居が高いところがありますが、フランスでは一般的なお惣菜で、小さな街にも専門店があるのが珍しくないとか。

こちらで言う干物屋さんみたいな感じでしょうかね。

 

ちなみに、今回訪ねたお店の名前「プティサレ」というのもシャルキュトリーの一種。

直訳すると「甘塩」というような意味で、豚バラ肉を塩漬けにしたものの名称です。

プティサレはシャルキュトリーが自慢のフレンチレストランですが、一部テイクアウトも行っています。

今回購入したものは

シャルキュトリー

今回は、エゾシカソーセージ(左、200~400円くらい?)と、パテドカンパーニュ(右、100gで800円くらい)を購入。

お値段を失念しているのが申し訳ない。年末のことなので、レシートを紛失してしまったのです……。

 

パテドカンパーニュ

パテ・ド・カンパーニュはサラダとコルニッション、マスタードを添えて頂きます。

横に控えたサンタさんからわかる通り、クリスマスの夜に頂きました。

 

以前頂いた「ア・トン・コテ」のパテ・ド・カンパーニュとは違い、野菜やスパイスの風味はほとんど無く、シンプルでとても肉々しい感じ。

脂肪分が多めですが、口の中でサッと溶けます。パンにはさむと美味しいでしょうね。(この日はご飯メニューでした。ご飯に合わないこともない)

これはとても美味しいお肉を使わないと作れないだろうなという味。美味しいです。

 

エゾシカソーセージ

エゾシカのソーセージは、ちょっと焼いてバゲットに挟みました。マスタードとケチャップを少し塗っています。

ちなみにバゲットは、同じく赤れんがテラス内にあるコロンのものです。

 

スモークしてある&脂肪分の多くない赤身肉が合わさると、何だか鰹節みたいな味になる。

うま味が強いってことですよね。こちらもエゾシカ肉と塩こしょうというシンプルな材料で作られているので、素材の味がもろにわかります。

エゾシカ肉ってのはほとんど臭みが無いんですよね。もっと普及すればいいのにな。

今度はプティサレでイートインしたい

今回はテイクアウトのみでしたが、今度はプティサレでイートインしたい。

ランチもディナーも魅力的なメニューが満載でした。

今の時期は牡蛎もあるようですね。

 

P’tit salé  プティ・サレ

〒060-0002 札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス1F
TEL:011-825-2989
営業時間:ランチ11:00~14:00L.O.、カフェ14:00~16:00
     ディナー17:00~22:30(L.O.21:30)

では、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました