すみれ監修チャーハンの素で、家でもラーメン屋さんのチャーハンが食べられる

スポンサーリンク
炒飯 お出かけグルメ
スポンサーリンク

ラーメンの名店「すみれ」。札幌在住の人も、市外や道外から旅行に来た人も立ちよる人気店です。

お店に食べに行くだけでなく、インスタントの板ラーメンやカップ麺なども監修しているので、家でも楽しめるのがいい。(もちろん、お店で食べるのが一番美味しいけれど)

そんなすみれ監修の商品の中に、「チャーハンの素」があることを最近知りました。

ちょうどチャーハンが食べたい気分の時に見かけたので、買って作って食べてみました!

スポンサーリンク

すみれ監修チャーハンの素は結構高い

外袋

チャーハンの素はこんな感じで、3食分で400円くらいしました……。

ふりかけコーナーに置いてあるような、乾物のチャーハンの素は2食分で100円くらいのものが多いので、高く感じます。ご飯も卵も別に用意するわけですしね。

まあ、すみれブランドと考えればこれくらいするか。インスタントラーメンも結構高いし……。

ちなみに、ネットだともう少し高い。

 

旅先で、ご当地調味料をお土産にする感覚で買うなら高くはないかも。

卵とご飯があればすぐできる

では作っていきます。

裏書

一人前にご飯は200~250g、卵一個。油は適量。

今回は二人前なのでほぼ倍量、ご飯は450gで作ります。

材料

油はラードを使用。量はちょっと多め。

 

フライパンを熱し、ラードを大さじ2杯くらい入れて溶き卵を流す。

卵を入れる

もっとじゅうじゅう言うくらい熱した方が良かったかも。

卵が焼けきらないうちにご飯を投入、ぱらぱらになるまで炒めます。

ご飯を入れる

パラパラになったところで火を弱めて、小袋のチャーハンの素を入れる。ラーメンスープのような、練りタイプなんですね。野菜っぽいものは全く入っていません。

素を入れる

この時点で結構なとんこつ臭がする!これは確かにラーメン屋のチャーハンっぽい!!

混ぜ合わせているうちにとんこつ臭さは弱まっていきました。代わりに醤油が焦げたようないい匂いがしてきます。

しっかりなじんだら盛り付け!

完成

あまりに野菜っ気がないので、三つ葉をあしらってみました。

食べてみます

油多めに作った上に、チャーハンの素も結構な油分のため、パラパラと米粒が独立したチャーハンになりました。でもパサパサではなく油分でしっとり。食感がいいです。

味はかなり濃い目で、とんこつとにんにく、醤油などの香りがご飯にしっかり絡んで、ほぼご飯と卵だけなのに食べ応え十分です。身体に悪そうな美味しさ。癖になる。

ネギが入らないので味が単調になるかと思っていましたが、そこまで気になりませんでした。

ただ、家で食べるなら、インスタントでいいから汁物くらいは欲しいかな。欲を言えば具が多いものを……。

 

この商品、数あるチャーハンの素の中では美味しい方だと思います。値段が高いだけある(そればっかり)。

気軽なお昼ご飯などによさそうです。

ごちそうさまでした!

ラーメン屋ではチャーハンを頼めないので満足

ラーメンを食べに行くと、ラーメンだけで満腹になっちゃうのでチャーハンも一緒に食べられません。もう若くないので……。

たくさん食べられない年齢になると、ラーメン屋のサイドメニューってなかなかハードルが高いんですよね。

だから、お店で食べるものとは別物だとしても、「ラーメン屋のチャーハン」を家で楽しめたのはとても良かったです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
お出かけグルメ買い食い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました