冷凍の「格之進 ヤケテル金格ハンバーグ」を買って食べてみた!高級ハンバーグの味は?

スポンサーリンク
格之進 お出かけグルメ
スポンサーリンク

今ではチルドや冷凍のハンバーグもハイクオリティになり、面倒なときの楽ちんおかずというよりは、たまのごちそうにも相応しい味と価格のものが増えてきました。

大手食肉メーカーの商品も高級化していますし、全国でも名が知られた名店の味を再現した、そこらのファミレスで食べるよりも高価なハンバーグもたくさん売られています。

今回買ったのは、そのハンバーグの名店として有名な「格之進」の冷凍ハンバーグ。

味の感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

熟成肉やハンバーグが有名な「格之進」

格之進、聞いたことがある名前……と思っていたら、お肉屋さん兼肉料理屋さんで、TVなどでも紹介されているお店でしたね。

イートインだけではなく冷凍肉加工品も展開している企業で、冷凍メンチカツや冷凍ハンバーグ(生肉の、自分で焼くタイプ)がとても有名なようです。

そのお店が出している「ヤケテル」というラインが、名前の通り既に焼けていて、温め直すだけで食べられるというものだそう。

ギフトにも使われるものですから、結構なお値段ですよ。私が買ったお店では、ばら売りで1つ800円くらい。(公式サイトのギフトセットだと1個単価がもう少し安かった)

800円あればび〇くりドンキーでエッグバーグディッシュ食べられるじゃん……!!いやどっちが優れているという話ではありませんね。

そんな高級路線のハンバーグ、どんな味なんでしょ?!

ボイル18分!格之進ヤケテル金格ハンバーグ

ハンバーグは白格、黒格、金格と3種類あり、今回は金格を買いました。

うら

原材料はとてもシンプルで、豚と牛の合い挽きと玉ねぎ、つなぎ、調味料、香辛料……と、自宅で作るハンバーグと同じような感じ。

これを袋ごと15~18分ボイルすれば食べられる。

ボイル

18分とは長い。座ってゆっくりしてたら、ボイルしていることを忘れそうになりました……。

18分後、するんと袋から出し、頂きます!付け合わせはレタスだけです。すみません、そういう日なんです。

盛り付け

ソースなしだとちょっと地味な見た目ですね。でも、ソース無いのにすごく香りがいいですよ!

格之進のハンバーグは美味しい肉汁が出るよう計算された配合だそうです。

断面からは、ジューシーな肉汁が溢れる。

断面

調味料に塩麹が使われているそうです。ソースなしで食べてみると、確かに肉のうまみと塩気のほか、麹の甘みを感じる!

私もハンバーグを作るとき塩麹を入れるので、なんだか親近感。

ソースなしの味わいは、豚が多い配合なのかほどよくあっさりめで、和風味がとても合いそう。

そのため、おろしポン酢を添えて食べるのがピッタリでした。おろしポン酢を付けた画像は食べるのに夢中で撮り忘れました、すみません。

デミグラスやトマト味よりも、醤油を使った和風ソースで食べるのがおすすめです。

公式サイトにも玉ねぎの和風ソースのレシピがありました。そっちも作っておけば良かったな……。

 

さすが高級なハンバーグ、スーパーで200円くらいで売られているものとは一線を画す味でした。

ただ、ひとつ700円とか800円となると、日常的には食べにくいかも……。ご飯や汁物、ソースと付け合わせを用意する手間を考えたら、外食した方が早いって話になりそう。

でも、こんな美味しいハンバーグはギフトで頂いたら小躍りします。確実に!

 

ハンバーグが好きだけど自分でなかなか作れない、1個だけ作るのが面倒という人におすすめです。

というか、そういう人へのギフトにおすすめです。絶対喜ばれる。

カセットコンロがあれば作れるのもいい!

本当は高級ハンバーグにはちゃんとした付け合わせを用意したいところですが、この日は事情があってそれが難しい環境でした……。

他の調理でガス台が使えず、カセットコンロでボイルしたのですよ……。そのため付け合わせはちぎりレタスのみ。ソースはおろしポン酢。ついでに言えば、味噌汁はインスタントでしたよ。

これ、逆に考えると、出先やガスが通っていないところでも美味しいハンバーグが食べられるということです。

そう思えば、ボイルだけで食べられる食品って本当に便利ですよね。

その便利さを享受した夕食でした!

 

ということで今回はここまで!最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ買い食い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました