ヴェールクレールのマリトッツォ、パンがメロンパンっぽくて美味しい!

スポンサーリンク
マリトッツォ お出かけグルメ
スポンサーリンク

北区新琴似にあるパン屋さん「ヴェールクレール」。

メロンパンがとても美味しくてたまに立ち寄るのですが、ここ最近はまん防だ緊急事態だと外出自粛が続き、今回寄るのはしばらくぶり。

店内を見ると、いつの間にかこちらでもマリトッツォの販売を始めたようです。

朝食用の食パンを買いに立ち寄ったのですが、せっかくなのでマリトッツォも買ってみました。

そしたら、他のお店と違う特徴がある、とても美味しいマリトッツォでした。

 

いろんなお店のマリトッツォ情報はこちら

マリトッツォ
「マリトッツォ」の記事一覧です。
スポンサーリンク

メロンパンが美味しいヴェールクレールのマリトッツォ!

冒頭に書きましたが、ヴェールクレールはメロンパンが美味しくて、何度もリピートしています。

つまり、菓子パンが美味しいお店ということですから、期待が持てます。

ヴェールクレールは小さなお店なので、現在2組以上入店できません。

入口

先のお客さんが出るのを待って、メロンパンと食パンと、そしてマリトッツォを買いました。

マリトッツォはいちごとキウイの2種類あるらしいのですが、この日はキウイしかありませんでした。

お値段380円くらい。ヴェールクレールの他のパンよりもお高め設定です。

要冷蔵なので買ったらすぐ帰り、頂きます。

容器

しっかりとした容器に入れてあります。

マリトッツォ

キウイは側面に貼り付けているだけで、中には入っていません。クリームはしっかりホイップされた、ちょっと黄色っぽいやつ。

よく見ると、パン部分はただのブリオッシュではなくて、メロンパンのサクサクがかかっているような感じ。ちょっとつまんで食べるとやっぱり甘いクッキー生地!

メロンパンが美味しいお店だけあって、マリトッツォもメロン化したのか!これ絶対美味しいでしょ……。

 

パンとクリームを一緒に食べると、クリームがかなり甘さ控えめで、パンの甘さをよく引き立てている。

そう、こんなにクリームが挟まっているのに、パンの引き立て役なんです。だからと言って安っぽいホイップではなく、乳脂肪の美味しさが十分なリッチタイプ!食パンにも生クリームを配合しているお店だし、材料へのこだわりを感じる。

そしてそれに負けないサクサクのパン、このマリトッツォは他のお店にはない魅力があります。

「パンを味わうマリトッツォ」という印象ですごく美味しいです。

そして、側面のキウイはただの飾りではなくちゃんと相性を考えられていて、パンとクリームのバランスを壊しません。

いいものを食べさせていただきました!ごちそうさまでした!

 

【店舗情報】

ヴェールクレール

住所 札幌市北区新琴似1条2丁目10−15
TEL 011-557-6802
営業時間 10:00~18:00 不定休

ジャルディーノディジェルソォ館のパンもヴェールクレール製

そういえば、先月行った「ジャルディーノディジェルソォ館」のマリトッツォがヴェールクレールのパン使用なのですが、そこで使われていたのは塩気の効いたブリオッシュでした。

ヴェールクレールのマリトッツォも同じパンを使っているのかな?なんて思っていたのですが、全く違うタイプのパンで、いい意味で驚かされました。

館は洋菓子店のクリームが自慢のマリトッツォ、ヴェールクレールのはパンが自慢のマリトッツォという感じで、うまく住み分けられているものだなと思いました。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました