コクドウカレー ブランチ札幌月寒店に行ってきた 甘いのと辛いのがある

スポンサーリンク
入口 お出かけグルメ
スポンサーリンク

先日仕事の用事で豊平区に行くことになり、その途中で昼食をとるために入ったブランチ札幌月寒。

飲食店が数々ある中、「コクドウカレー」というカレー屋さんに入ることにしました。

コクドウカレーと言えば、国道36号線沿いに本店があるカレー屋さん。前に手稲にあったスパイスモンスターもこちらの系列店ですね。

 

2種類の違ったルー、各種の具が選べるカレー屋さんでした。

スポンサーリンク

本店は最高の最下位という番組で取り上げられたらしい

昨年、「最高の最下位」という番組で取り上げられたとか……。

私はその番組は見ませんでしたが、コクドウカレーと検索窓に入力すると予測で「最下位」と出てくるのでこの番組のことを知りました。

 

最下位の理由はメニューがよく変わるとか、提供が早いとか、味ではないところだそうです。

まあ、店名を出して、ご店主も顔出しでTVに出ているのですから、今後の経営に悪影響がある内容ではないみたいですね。

カレー、実際に食べて美味しかったですよ!

あまからカレーと辛口黒カレーがある

ブランチ札幌月寒のテナントは入口が外に面していて、まるで長屋のよう。

店内はあまり広くなさそうなので店前の看板でメニューを選んでおきます。

看板

650~750円という価格帯。このスタイルのカレー屋さんにしてはちょっと高いと感じてしまった。

ルーは定番の味、あまからとクセになる強烈な辛さという辛口黒カレーから選び、そのうえで具を選びます。

カレーが決まったら店に入り、着席前に注文、前払い。

店内はちょうど食べ終わって出ていくお客さんが続き、カレーが出てくるころには貸切状態でした。

平日1時過ぎくらいだとあまり混まないんですね。

 

水、麦茶、福神漬けはセルフ。

福神漬けは瓶ごとテーブルに持っていき、食器を下げるときに一緒に下げるのですが、このご時世だと、この取り方はちょっと心配かもしれない。(食べたけど)

カレーが来ました。

チキン

私は煮込みチキン、あまからカレー。650円。

一口食べるとさらっとしているのにしっかり味があるルーで、甘さが強い。

スパイシーさもありますが、甘いカレーだなと思いました。玉ねぎや果物をたっぷり使っているそうです。

チキンはスプーンでほぐせるほどに柔らかく煮えていて、ルーによくなじむ。

ただ、一般的な甘口カレーよりもルーがかなり甘く感じました。これは個人の好みの問題かな。

私は甘すぎない方が好みなので、福神漬けはなくてもよかったかも。

角煮

同行の夫は豚角煮の黒カレー。750円。本当に黒い。そしてあまからカレーよりもさらにルーがさらっとしている。

このルーを少しもらうと、辛い!一口目から刺激的で、漢方薬のようなスパイスの香りとにんにくの香り。これがすごく美味しい。

最初の一口目はあんなに辛かったのに、二口目以降はそれ以外のうま味要素がしっかりわかるというカレーでした。

角煮は後で加えたものらしくルーになじみきっていませんでしたが、こってりした豚の脂身とこの辛さと香りがよく合って、すごく美味しいです。

私も黒カレーにしておけば良かったな……。

 

どちらもちゃんと手がかかっていて美味しいカレーでした。最下位と言われても平気なだけの実力があるカレー屋さんだと思います。

次はスパイシーザンギも試してみたいです。カレーは黒カレーにします。

 

【店舗情報】

コクドウカレー ブランチ札幌月寒店

住所 札幌市豊平区月寒東3-11-1-24 ブランチ札幌月寒内
TEL 011-376-1121
営業時間 11:00~20:30 年中無休

ブランチ札幌月寒は変わったつくりをしているね

一昨年の秋にオープンしたブランチ札幌月寒、実は今回初めて入りました。

一般のショッピングモールとは違った、変わったつくりをしていますね。

ブランチ

飲食店は外に入口があり、街にある独立店舗のよう。

飲食店以外にもいろいろな施設があるんですね。スーパーやスポーツクラブ、クリニック、幼稚園や保育園などが入っていて、子育て世代に特化した施設なんだなと思いました。

 

この日、カレーの後は飲食店街にある久遠チョコレートさんに立ち寄ってすぐに帰りました。

まだ外を目的なく不用意にぶらぶらするのは心配なので、用事があるところだけをサッと回って終わらせる習慣がついてしまいました。

 

明日は久遠チョコレートさんの感想を書きます。

スポンサーリンク
お出かけグルメカレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました