ローソンUchi Caféの新発売アイス「ひとくちピスタチオ」を食べてみた!

スポンサーリンク
表 お出かけグルメ
スポンサーリンク

ピスタチオスイーツが大好きです。

ケーキもアイスも焼菓子も、どれもピスタチオ味のものはハズレが無いと思います。

ピスタチオ特有の香りとナッツのコク、そしてあの美しいグリーンの色もたまりませんよね。

 

今日は、昨日ローソンで新発売されたアイスクリーム「ひとくちピスタチオ」を早々に買って食べてみました。

コンビニアイスのクオリティも向上している今ですから、期待してます!

スポンサーリンク

ローソンuchi-cafe「ひとくちピスタチオ」

昨日、発売当日にローソンに立ち寄る機会があったので、見つけてすぐに買ってきました。

お値段は214円。6個しか入っていない割にお高めです。

 

持ち帰ってさあ食べます。北海道の冬はアイスを持ち歩いても溶けないからいいですね。

食べる前に箱を鑑賞……、ん?「種類別 ラクトアイス」なのか……。

裏

ラクトアイスと言えばチープなアイスの印象があるので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

214円でこの量でラクトアイスか……。

気を取り直して開封し、食べましょう。

6個

中身は小さな個包装されたアイスが6個。

ピノみたいな円柱形です。

断面をチェックしてみましょう。

断面

薄いチョココーティングの中に、うっすらグリーンがかったアイスが詰まっています。

食べるとコーティングのパリッとした食感が心地よくて、ピスタチオの味もちゃんとします。

中のアイスからはあまりピスタチオ味はしない。良く言えば癖のない、あまり印象がないアイス。

過去に食べたローソンの「濃密ピスタチオバー」はかなりピスタチオ味が強かったのですが、こっちはそうでもない。

しかもアイス部分もミルク感やクリーミーさがあるわけではなく、あっさりめ。

美味しいことは間違いないのですが、高級感はないかな。この値段でこの味か……と思ってしまう味です。

 

他社製品と比較してしまって申し訳ないですが、森永乳業のピノも6個入りで、種類別アイスクリームで、あの価格で……と考えると、今回食べたひとくちピスタチオのコスパの悪さは否めないです。

 

ローソンのひとくちピスタチオは、ピスタチオ味のアイスを一度にちょっとだけ、一口だけ食べたい人向けのアイスだと思います。

うーん、酷評気味になってしまいましたが、前食べた濃密ピスタチオバーが美味しかっただけに期待が大きすぎたのかもしれません。

種類別ラクトアイスというのが残念

本文中でも書きましたが、高級路線の価格帯なのに「種類別 ラクトアイス」なのが気になってしまいました。

ラクトアイスというのは乳固形分が3%以上含まれているもののことで、生クリームや牛乳を多く入れず、植物油を乳化させて作るのが一般的です。コストが低いため、低価格帯のアイスによく見かけます。

だから、少量で200円以上という高価格帯のアイスなら、もっと乳製品を豊富に使ってほしいなと思って、つい低めに評価してしまいました。

アイスクリームの美味しさはやっぱり乳製品の美味しさが大きいと思うので……。

あくまでも個人の好みの範囲です。

 

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ コンビニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました