手回し焙煎機のコーヒー屋さん「hato coffee(ハトコーヒー)」へ

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

この日は札幌の東から西まで買い物に走る日。

その合間、休憩したくなって、前々から気になっていた「hato coffee(ハトコーヒー)」という喫茶店に立ち寄ることにしました。

コーヒーとお菓子が美味しかったのはもちろん、ここで過ごした時間が本当に心地よかったです。

スポンサーリンク

手回し焙煎機で焙煎されているそう!

看板(とてもかわいい)にはハンドドリップと書かれています。それだけではなく豆は自家焙煎で、しかも小型の手回し焙煎機を使って少量ずつ焙煎しているそうです。

私も手回し焙煎機で焙煎しているので、なんだか親近感を覚えます。

実は、来たかった理由は「自分の焙煎が正解かを確かめるため」なのです……。

自分以外の人が手回し焙煎機で焙煎したコーヒーを今まで飲んだことがないので、何が正解かわからない。

 

お店は小さいけれど席間に余裕を持たせていて、テーブル席2セットと、カウンター数席のみ。

私は道路に面したカウンター席へ。

店内はコーヒー焙煎の匂いなのか、煙のような、ちょっと果物っぽいような香りが漂っている。

酸味のある浅煎りコーヒーにも近い香り。

 

コーヒーはお店のブレンド(マイルド、フレンチ、ジャズ)とストレート各種あります。

メニュー

アレンジコーヒーや紅茶、お酒もあるんですね。

コーヒーだけ楽しむつもりが、つい別冊のスイーツメニューに惹かれてしまった……。

スイーツ

ここに記載されているピスタチオのタルトのほか、レモンのタルトもあるそう。夏っぽい!

ここはもちろんレモンのタルト!マイルドブレンドとセットにします。

タルトだけではなく、クッキー類(当別の霜月堂さんから仕入れているそう)もあります。ちょっとだけ甘いものが欲しいときも嬉しい。

 

豆を挽いて、丁寧にコーヒーを淹れてくれている気配を背に店内を見回すと、季節感ある生花、ドライフラワーがところどころに飾られている。そしてハトの姿……。

ハト

タルトとコーヒーが運ばれるまで、店内備品のdancyuなんぞ読む。dancyu面白いよね、定期購読しようかな。

結構待った気もするけど、待ちくたびれた感じは一切ない。それだけ居心地がいい空間ということでしょうね。

コーヒーとタルト

コーヒー。うーんいい香り。

コーヒー

お花が映っている。最初自分の顔が映ってしまって、撮り直した。

酸味はあまりなくて、でも苦み走るほどではありません。ちょうどいいバランスというやつです。

雑味がない。(私が自家焙煎したやつはなんか毎回違う雑味がある。これが素人とプロの違い……。)

やっぱり火力とか、予熱とか、回すスピードとか、時間とか、細かい要素が味に違いを生むんでしょうね。

そして焙煎前後のハンドピックも厳しそう。プロの方の目で選別したものはきっと違うんだと思う。

 

自分もこんなふうに焙煎したいなと思いつつ、甘いものを食べます。

タルト、つやつやのレモンカードで満たされています。

タルト

しっかり酸っぱい、でも甘い。台がサックサク。

レモンカードだけでは酸っぱさが立って他の味がわからなくなりそうなところに、添えられた無糖生クリームが嬉しい。

メニューに記載されていないのはなぜだと思うくらい完成されたお味です。

これ、コーヒーにすごく合う、おすすめです。ゆっくり、ちびちび食べるのが美味しい。

 

ゆっくりゆっくりコーヒーとタルトを頂きながら、一人で1時間近く居させていただきました。

外観

大勢でおしゃべりしに来るお店ではなく、一人の時間を心地よく過ごすためのお店という感じ。席数も少なめですしね。

【店舗情報】

hato coffee(ハトコーヒー)

住所 札幌市北区北27条西3丁目1-10 アルトポンテ1F
TEL 011-556-9839
営業時間 8:00~19:00 水曜定休

毎週金曜日は「ジャズ喫茶の日」で、営業時間が21時までとなり、音楽とコーヒーを楽しむ空間になるとのことです。

ジャズ喫茶の日、行きたい……!!

 

※お店の横に2台分駐車場があります。この看板が目印!

駐車場

縦列で2台停める形になります。

また行きたいお店でした

帰り道、なんかこのへん通ったことあるな……と思って車を走らせると、冬に用があってよく来る場所の近くでした。

雪が無いので、来るときには気が付かなかった。

よく来る場所とわかれば、再訪のハードルもぐっと下がります。きっとまた来ると思います。

良いお店でした。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました