高級旅館でも使われている石川養鶏場(倶知安町)の卵を食べました!

スポンサーリンク
パック 2017/11千葉~鎌倉旅行
スポンサーリンク

年末に、ものすごーく久々に中山峠を越え、留寿都の道の駅に行ってきました。

そこで野菜各種のついでに買った卵を食べた感想です。

 

今回購入したのは、倶知安町にある石川養鶏場で生産されている卵。

羊蹄のふもとで、美味しい水とこだわりの餌で飼育された鶏が産む卵はいかにも美味しそうですね!

スポンサーリンク

自家配合のこだわり飼料!石川養鶏場の卵

卵はしんこ卵で、いわゆるMSサイズの小さなものです。プラのパックに10個ほど入って300円くらいでした。

札

私が買ったのは留寿都の道の駅ですが、倶知安町には無人の直売所があるそうです。ほかにもいろいろなところに卸しているかもしれません。

そこの無人直売所で買える燻製卵がとても美味しいとか……。それも食べてみたかった。

 

石川養鶏場は平飼いというわけではないようですが、美味しさはもちろん、安心と安全にもこだわった餌を鶏に与えているそうです。

公式サイトには、サルモネラ菌に汚染されないために注意していることなどがしっかり書かれていて、信頼がおけます。

生卵かけご飯の心配事と言えばサルモネラ菌……。その不安を少なくし、安心して食べられるのはありがたいことです。

このようなこだわりに敬意を表して、卵かけご飯で頂きます。

生卵

しんこ卵はご飯1膳分にちょうどいいサイズ。

白身がぷりっとしている。

体質的に、白身があまりに生っぽいとお腹を壊しがちなので、炊きたてのアッツアツご飯を用意し、ご飯上で卵に火が通るようにして食べるのが好きです。釜たまうどんのような感じ。

ご飯に醤油を先にかけると美味しいとよく言われていますが、それだと熱々ご飯が冷めてしまいそうなので、卵に醤油を入れます。

かける

白身をしっかり入れても味が濃く、濃厚な卵です。全然水っぽくない!

まぜる

卵とご飯の量がちょうどいい。ジャブジャブになりすぎないです。

 

あっという間にかき込むように食べてしまいました。ごちそうさまでした!

高級旅館でも採用されている卵

石川養鶏場の卵を自分で買うのは今回は初めてですが、卵自体は実は以前宿泊した温泉宿で食べたことがあるのです。

出汁巻き卵と、朝食の卵かけご飯に使われていました。もちろん美味しかったです!

そこはいわゆる料理が美味しい高級宿で、温泉よりも料理の方が有名かもしれないようなところ。

そんなお宿でも採用されているとは素晴らしいですね!

 

平飼いなどの付加価値はなくても、美味しいことは間違いない石川養鶏場の卵!

卵かけご飯好きさんにおすすめです!

 

今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました