今さらながらセブンイレブンのマリトッツォを食べてみました

スポンサーリンク
top お出かけグルメ
スポンサーリンク

本当に今さらなんですが、セブンイレブンのマリトッツォを先日初めて食べました。

うちの近くのセブンイレブンにはいつ行っても無くて、商品名の札すらなくて、そのため勝手に「北海道ではまだ発売されてないのだろう」と決めつけていたのです。

しかし、先日普段行かないセブンイレブンに行ったところ、普通に陳列されているではありませんか。

早速2つ買って帰ってきましたので、お味の方をレポします。

 

いろんなお店のマリトッツォ情報はこちら

マリトッツォ
「マリトッツォ」の記事一覧です。
スポンサーリンク

セブンイレブン  オレンジピールのマリトッツォ

セブンイレブンでは、今回買ったオレンジピールのマリトッツォのほか、どら焼きにクリームを挟んだどら焼きマリトッツォもあるそうです。どら焼きマリトッツォは未だ見かけたことがありません。

ということで今回はノーマルタイプを買ってみました。

オモテ

お値段268円。この価格、北海道だけだそうです。

公式サイトによると本州以南では230円と北海道価格より少し安い。見た目もなんか違う。これは委託製造している工場が違うからでしょうね。

北海道版マリトッツォはローズデリカが作っている。

裏

買ったのは20日夜で、22日の午前3時までの消費期限。一般的なコンビニスイーツと同じくらいですか。

中身

クリームの量はこれくらいです。パンは空気をたっぷり含んだフワフワのやつ。表面は粉砂糖などかかっておらず、乾いた感じです。

画像では見えませんが、パンの断面にベリーのジャムのようなものが載せられていて、それを覆うようにクリームが絞られています。

このベリーも口に入るように食べるとなると、上下のパンとクリームを一口で食べる必要があるが、顎関節症気味なので分けて食べます。

上部

冷蔵庫から出したての割にクリームはふんわり柔らかい。空気をしっかり含んで軽い。

ところどころに細かく刻んだオレンジピールが見えます。

 

まず、パンがちょうどいい塩気で、リッチすぎず美味しいです。セブンのパンって美味しいよね。

そして塩気がきいている。ここにかなり甘めのクリームが合わさるとジャンクながらバランスがいい。

クリームだけで食べるとかなり甘いです。そして若干風味が弱いというか、軽いというか。オレンジの香りがある分爽やかなのはいい。

パン下部に塗られたベリーのジャムと一緒に食べると、なんというか賑やかな味になっていました。

このジャムなくてもいいかも、と思ってしまった。酸味がきいているなら良かったが、やっぱり甘いのでアクセントになりきれていない感じです。

 

全体的にはパンもクリームもふわっと軽く、でも味は甘じょっぱくパンチが効いているので、食べやすいと思います。

次はどら焼きマリトッツォも食べてみたいが、こちらに出会える日は来るのでしょうか。

ローソンと比べて申し訳ないが

少し前に食べたローソンのマリトッツォは甘さ控えめだったので、甘さが気になってしまいました。

また、ローソンはバニラビーンズ、ジャンドゥーヤの風味がきっちり効いてて高級感があった。

クリームも乳の味を感じられた。

これでお値段がローソンの方が少し安いということで、比較するならローソンに軍配が上がります。

 

でも、ローソン以外は支持しない!というわけではありません。

甘党で、しかしチョコ味があまり好きではないとかなら十分おすすめできます。

近くにセブンイレブンしかないというエリアも北海道にはたくさんありますしね。

 

ということで、セブンイレブンのマリトッツォの感想でした!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました