あのバターサンドが食べたくて「季節のお菓子 霜月堂(石狩当別)」へ!

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

札幌市内の喫茶店のメニューに、「霜月堂のお菓子」というものをよく見かけます。

その喫茶店で作っているのではなく、外注したものだということはわかりますが、そんなにいろいろなお店で使われる霜月堂って、どんなお店なんだろう……?

ふとそんなことが気になり、調べてみて、石狩当別にある霜月堂の店舗まで行ってきました。

スポンサーリンク

営業は週3日だけ 季節のお菓子 霜月堂

霜月堂は今は当別にありますが、以前は札幌市内にお店があり、火災に遭い、しばらくの間は卸やイベント出店のみの営業を経て、今年6月に現在地に移転されたそうです。

コロナの流行などもあり大変だったでしょう、新店舗がオープンとなってよかった!おめでとうございます!

 

霜月堂の実店舗は火曜、木曜、日曜の週三日の営業。(9月より木日のみ営業となるそうです)イベントなどがその曜日にある場合は、店舗はお休みになります。

 

札幌ではなくそのお隣、石狩当別にあります。

石狩当別と聞くと遠いような気がしますが、実はそれほど遠くなく、国道275号線とか337号線に乗ってぴゅーっと行けば、札幌市内各所から1時間かからずに到着してしまいます。

私の場合、毎年行く山菜採りスポットが石狩当別にあるので、他の人よりも親近感が強いかもしれない。

そんなこんなで、お昼前くらいにお店に到着。

店舗

とっても天気が良い日でした。到着したときは先客がいましたが、一組のみ。平日はそれほど混雑しないのかな。

お店は小さく、右手にクッキーなどの焼菓子、真ん中に冷蔵ケース、左にマフィンなどがあります。

焼菓子が中心のお店というのは知っていました。

パウンドっぽいケーキも、クッキーもどれも美味しそう……。

 

が!今日絶対買おうと思っていたのは、季節のバターサンド!

今全国的にバターサンドがブームですよね。マルセイバターサンドよりもバタークリームが軽くて厚めのアレです。

このバターサンドをとある喫茶店のメニューで見かけて、でも食べるには至らず、心残りだったのです。

 

霜月堂のバターサンドは季節ごとに味が変わるそうで、今は国産レモン。先月はいちごとクランベリーだったかな。

このレモンのバターサンドを2つ頂きます。冷凍品なのでショーケースにはありません。奥から出してきてくれます。

ほかにも、パイナップルのヴィクトリアケーキと、チョコミントサンドと、レモンサブレも一緒に買って、会計1630円。いいバターのお菓子はやっぱりある程度の値段しますよね。

バタークリームが!最高に美味しい!

霜月堂はイートインがありませんので、お菓子を買ったら保冷剤(有料)が溶ける前にすぐさま帰って頂きます。

バターサンド

バターサンド。賞味期限にズレがあるのはご愛敬。

買ったのは7月中頃なので、実際の賞味期限は2週間以上あることになります。

 

小ぶりですが、バタークリームはどーんと厚い。

バター

アイスクリームじゃないですよ、バタークリームです。レモンの皮がちらほら見える。

さっくりしっとりサブレに挟まれたバタークリーム、ちょっと歯ごたえがあるのに口に入れるとサッと溶ける。

ふわふわにホイップしてあるので、舌触り滑らか&溶けやすい。

ニッチャリとかベットリとかゴリッとしたやっすいバタークリームとは全く違う、すっきりした香りと口どけです。全然くどくない。

レモンの酸味はあまりなく、苦みと香りで存在感を出しています。

こんな極上のバタークリーム、なかなかないですよ。カプセルモンスターのバタークリーム(私の中で不動の一位)に匹敵する美味しさ。

これは……、わざわざこのためだけに石狩当別まで行って損はない味です。

ドライブがてら、パン屋もうどん屋も回って、とかじゃなくて、もう出発から到着まで霜月堂のことだけ考えて行ってもいいくらい。トンボ返りでもいいくらい。

レモン以外のフレーバーも気になる。

 

そして、それ以外のお菓子類も美味しいです。

その他

茶色いチョコミントサンドは、固めのココアクッキー、ホワイトチョコのクリームにうるさすぎない程度のミントリキュールが入っていて、夏らしい味です。

歯磨き粉みたいなチョコミント味とは別物の、ハーブとしてのミントを楽しめるお菓子。

 

レモンサブレはレモンアイシングがかかったサブレで、カリッと固い。アイシングがべとべとしない。粉とバターの風味がしっかりわかり、レモン風味と酸味が良い。

 

そして!ヴィクトリアケーキ!

ビクトリアケーキ

これ、今流行ってますね?いろいろな焼き菓子屋さんに置いていると思う(というか、今焼き菓子屋さんブーム?)。

ジャムとクリームをスポンジやパウンドケーキに挟んだもので、見た目は地味ながらシンプル美味しいお菓子。

イギリスの伝統あるお菓子で、私が持っている、かなーり昔のレシピ本にも載っている。それが今流行しているとは。

霜月堂のヴィクトリアケーキは、丸く焼いたパウンド生地に季節のジャムとご自慢のバタークリームが挟まっています。かなりボリューミー。

でも、バタークリームの美味しさは前述のとおりですし、バターと粉が美味しいんですからパウンド部分もコクがあって美味しい。

パイナップルジャムは夏らしい華やかな香りと酸味があって、パウンド、クリームにフレッシュさを与えています。

バターサンドだけではなく、ヴィクトリアケーキもマストバイです。

お店情報など

霜月堂の営業日や営業時間、季節のお菓子類は公式インスタなどご覧になるといいと思います。

札幌市内にお菓子を卸しているので、そちらのお店で頂くという手もありますが、車があるなら店舗の方にも是非。選ぶ楽しみがありますよ。

 

季節のお菓子 霜月堂

住所 石狩郡当別町樺戸町50-6
TEL 090-6692-9112
営業時間 11:00~16:30 売り切れ次第終了
火、木、日のみ営業(イベント出店などでお休みの場合もあります)

※9月から木、日のみ営業だそうです

駐車場あります!

駐車場

コロナ対策も万全にどうぞ!

 

今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ スイーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました