千葉~鎌倉旅行に行ってきました(4日目・秘境上野センター街地下編)

スポンサーリンク
2017/11千葉~鎌倉旅行
スポンサーリンク

藤沢駅から成田空港に向かうとなると、東京駅から高速バスで乗り継ぐのが一番安い。

ということで、藤沢駅から上野への直通列車に乗り、アメ横でちょろっと買い物してから東京駅に向かうことにしました。

スポンサーリンク

上野アメ横センタービル地下に潜入!

実は、到着が9時半過ぎくらいで、アメ横ではオープンしているお店が少なかった。

なので、街並みだけをぐるーっと一周して時間を潰し、お店が開いたら見て回ろうということになりました。

と言っても、地上にあるお店の中で私が行きたいのはいくつかのスパイス専門店とお豆の専門店のみ。

特にお豆はネットで買うと重さのせいで送料が高くつくので、この機会に買っておこうという程度の動機です。

 

本当の目的は、センタービルの地下にある食品街。

相当ディープな食材を取り扱っているとTVで見てから、一度行ってみたかったのですよ。

 

地下食品街も同じく10時オープンでしたので、開店とともに潜入します。

階段の途中にちょっと古びた看板があります。

 

入ってみると、まず豚やら羊やらの骨付き肉がごろごろある肉屋、中国語表示の魚ばかりの魚屋が目に飛び込んできます。あとは八百屋さん。

臭いがきついと聞いていましたが、これくらいなら二条市場や札幌場外市場と変わりません。

そして奥の方にはアジア食材店や中国食材店、内臓ばかりのお肉屋さんなど。

聞こえてくる言語も中国語、韓国語、片言の日本語。まるで海外にいるみたいです。

 

ここでエッジの効いた土産を買おうと思ったのですが、生ものは厳しいし、輸入の瓶詰なんかはラベルもボロボロで読めないものが多く。

結局、上の画像のお店、野澤屋さんというお店でジャスミンライスを1kg買いました。これもなかなか通販では買いにくいのです。

1kg700円が安いのか高いのかはわかりませんが、カルディで買うよりは格段に安い。

 

あとは、地上にある豆のダイマスさんというお店でひよこ豆を1kg購入。

これらは預かり荷物のスーツケースに入れて帰ります。(スーツケースの総重量15kgだった。20kg制限なのでもっと色々買っても良かったかも)

昼食は上野駅前の「クラウンエース」で普通のカツカレー

さて、アメ横をひとしきり見たところで時間は11時半。

サラリーマンで混む前に早めに昼食を食べようということになり、近くにあった「クラウンエース」というカレースタンドでカツカレーを頂きます。

何の変哲もないカツカレーなんですが、500円は安いなあ。すぐ出てくるし。

 

カツカレーを食べ終え、たった一駅ですが東京駅にJRで向かいます。

駅前で空港行シャトルバス(片道1000円、予約すると900円)に乗るのですが、少し時間があったので大丸東京でお買い物。

ここで、試食が美味しかった東京カンパネラを買い、道中小腹が空いたとき用のエルメのマカロンを買い、バスに乗り込みます。

 

バスで成田空港まで1時間と少し、運賃は電車よりも格段に安いです。しかも、途中車窓からスカイツリーがしっかり見えるのも良かった。おのぼりさんですから!

空港に無事到着して空の旅、そして帰ります

空港到着は飛行機出発の1時間半前と余裕を持ったつもりでしたが、チェックインカウンターが混雑していてギリギリでした。

やっぱり荷物があると時間がかかるな。無ければWEBチェックインでサーッと抜けられたはずですが……。

 

帰りの便も座席指定していて、左側の窓際席だったので夕暮れの富士山が見えました。

曇り空だったので、雲に浮かぶ富士山の影が見えます。

成田から千歳行ですが、逆方向の富士山が見えるんですね。一度上空を旋回するのかしら?

 

新千歳からは行きと同じく高速バスで。乗り場近くにマイカーを置いているのでね。

同乗客の中にいかにもミュージシャンぽい3人組がいて、その人たちが降りる時に楽器を忘れそうになってたのを見て笑ってしまった。

大事な商売道具だろうよ……。

余談ですが

実は、この旅の途中、座間の連続殺人犯が片瀬江ノ島駅のトイレに被害者の携帯を捨てたというニュースを目にして戦慄したことがありました。

実際に使った駅は片瀬江ノ島ではなく江ノ電江ノ島なのですが、タイミングが悪かったらニアミスしていたかも、と思うとちょっと怖いですね。

これくらいのニアミスは首都圏ではよくあることかもしれませんが、田舎者には刺激が強かったです。

被害者の皆様のご冥福を心よりお祈りします。

 

ということで、今回の旅行記はおしまい!いつものようなお役立ち情報とは程遠いですが、ほんの少しでも参考になれば幸いです。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございます。またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました