北海道あるある

北海道あるある(1)食習慣編

投稿日:2017年8月22日 更新日:

ついにこのテーマに着手する日がやって来ました。

ブログを始めてからいつかは書こうと思っていたネタが山ほどあるので、ジャンルごとに分けてお伝えしていきます。

記念すべき第一回は、食生活におけるあるある話です。

広告

赤飯には甘納豆+ご飯は食紅

全国的には赤飯は「ささげ豆」という豆を入れて、豆自体から出る色素でご飯を染めて赤くします。(小豆が使われないのは、お腹から割れる様が「切腹」を連想するため)

北海道では赤飯に甘納豆を入れます。しかも、甘納豆からは色が出ないので食紅を使って鮮やかなピンク色に染めてしまいます。

このピンクの加減がご家庭それぞれで、淡い桃色のところもあれば蛍光ペンのような鮮やかなピンク色のところも。

甘納豆を入れることからわかる通り、北海道のお赤飯は甘いです。お菓子みたい。

これにごま塩を振ったり、紅生姜を添えたりして食べて甘じょっぱさを楽しむのが北海道流。

道外から来た人には確実にドン引きされる北海道流赤飯ですが、食べ慣れると癖になる味という声もあります。

まだチャレンジしたことが無い人は、コンビニの赤飯おにぎり(真ん中に甘納豆が埋め込んである)から試してみて下さい。

甘党なら美味しく食べられると思いますよ!まずはおやつ感覚でどうぞ!

茶碗蒸しに栗の甘露煮

北海道はどれだけ甘いものが好きなのか……。

茶碗蒸しには肉やエビ、百合根のほか銀杏を入れるのが一般的ですが、北海道ではこれを栗の甘露煮に変えちゃう!

銀杏、けっこう北海道でも拾えるんですけどね。なぜ栗になってしまったのかはわかりません。

銀杏に比べると栗の甘露煮って結構大きめですよね。だから、他の具材よりも遥かに存在感が大きいんです。

エビも鶏肉も入っているのに栗を食べた印象しか残らないくらい……。

 

茶碗蒸しの味付けも甘めにしているお家が多いと思います。

甘いと言ってもプリンまでは行きませんが、みりんの他に砂糖も入れるご家庭が多いようですね。(うちの実家は特に甘い)

子供行事の「芋堀り」がじゃがいも

幼稚園、保育園の芋堀りと言えばサツマイモ。ツタを引っ張ってあの紡錘形のサツマイモが出てくるイメージは私も知っています。

でも、北海道では芋堀りは恐らくどの地域でもじゃがいもです。

土壌と気候の関係で、サツマイモは北海道ではうまく育たないらしいんですよね。

確かに、幼稚園などの芋掘りは「たくさん掘れた!」という楽しみのための行事ですから、ヒョロヒョロのサツマイモがほんの少ししか穫れないなんて淋しいですもんね。

じゃがいもにもそれなりの良さがあるので、これはこれで良い経験だと思います。お母さま方も「サツマイモよりもじゃがいもの方が使い勝手が良くて助かる」と喜んでいます。

子供の頃は「あの甘い焼きいもが食べたかったな……」とじゃがバターをかじりながら思っていましたが。子供は甘さに弱いですもんね~。

海水浴でジンギスカンや焼肉をやる

これ、普通じゃないって知ったのは大人になってからです。

学校行事でも会社の慰安でも、海に行ったらジンギスカンや焼肉をやるのが当たり前でした。

夏場、海沿いのスーパーはどこでもBBQセットを一番目立つところに置いて売り出しています。

この理由についてちょっと考えたのですが、ただ北海道民が焼肉好きというわけではなく、

北海道の海は真夏でも冷たい→入っていると身体が冷える→火をおこす→そのままでは勿体ないので何か焼こう

……という流れで定着したのではないかと思うのです。

私の地元の海はどんな猛暑でも海水温が25度を上回ることが無いと言われていて、2時間も入っていれば歯の根が合わないくらい身体が冷えてしまいます。

だから、途中で休憩を取るときは焚火を囲むようにするのが普通でした。そうしなければ寒くて耐えられない!

こんな事情で昼食を兼ねて焼肉するようになったのでしょうね。

 

先日のニュースによると、積丹の海水浴場で炭の不始末のせいで他の海水浴客(お子様)が足を火傷した事故があったそうです。

海水浴場で焼肉するなら、どうかどうか、火の始末は万全にお願いします!焚火禁止になったら泳いだ後に凍えてしまいますよ~!

花見でもジンギスカンをやる

花見でも肉を焼くんですよ、北海道民は。

本州から転勤でいらした方は春の花見でこの習慣に驚くらしい。「みんな花より網の方を見てるじゃねーか!」とね。

しかも、マナーが悪いとかではなく、花見スポットの管理者公認ですからね。(もちろん目に余るマナー違反は注意されますし、火おこし禁止のスポットもありますが)

これは身体が冷えるのとは違った事情がありそうです。

北海道では、会社の仲間や大学の同級生なんかと一緒に肉を焼いて食べることで親睦を深めようという文化が根付いているのだと思います。

野外で肉を焼いて食べることは原始に立ち返った行動だとも言われます。ジンギスカンはフリーダムな料理なので、無礼講のような雰囲気になりやすいという特徴もあります。

一緒に野外で肉を焼いて食べた仲になると、距離も縮まる気がしますよ。

(おまけ)北海道ではなぜかBBQと言わない

北海道民は野外の焼肉をBBQ、バーベキューと言いたがらない傾向があります。

北海道民はどこから来たイメージなのか、BBQは串にささった肉と野菜をあぶり焼きするものだと思い込んでいる人が多いです。

本来はBBQとは炭や薪で野菜や肉を焼いて食べる調理法を指すので、何肉を焼こうが、網を使おうが串を使おうがBBQには変わりないはずなんですが……。

このイメージが定着してしまった理由はなぜなんでしょう……?

さいごに

いかがでしたでしょうか。北海道の「食」あるあるを思いつくままに挙げてみました。

これは私が子供の頃の体験をベースにしているので、今では廃れたものもあるかもしれません。

でも、これらは大事な文化として残してほしいなと思うので、道外の方も嫌わないでやって欲しいところです。

以前自治体に近い位置で栄養士をしていた頃、道外出身の役場付保健師さんに「砂糖の摂りすぎを防ぐために、全国的な赤飯(甘くないやつ)を推進したい」と言わたけれど反対したことがあります。

砂糖の摂りすぎを防ぐのなら食べる量を考えれば良いだけの話で、それが「間違った料理」と決めつけるのは良くないですよね。

(というか、いきなり役場から「甘納豆でなくささげ豆で作りなさい」と言われても聞き入れるはずありませんしね)

……なんてことを思い出しながら書いていました。

 

今回はここまでにしておきます。

今後も北海道あるあるを更新していきたいと思っていますので、次回をお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-北海道あるある

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キタキツネ車道

エキノコックス注意報は春休みの北海道あるある!旅行者もご注意を

北海道、それも比較的自然が多い地域にお住いの方なら、春休み前になると必ず「エキノコックスに注意」という紙が配布されていたという記憶があるはず。 地方にお勤めの知人によると、今でも小学校などではその類の …

風除室

北海道あるある・住居編

さあさ、みんな大好き北海道あるあるです。 今回は住居編!主に、知人の不動産屋さんに聞いた話が中心なので賃貸住宅ネタが中心になるかも?! では、どうぞご覧ください! 広告 Contents1 瓦屋根がほ …

ごはん

料理や食べ物にまつわる北海道弁あれやこれ

北海道弁に関するまとめはネット上に数えきれないほどありますが、ここで私も書かせて頂きたい。 普段食卓や台所でよく耳にする言葉の数々、中には使っている本人も北海道弁と知らない言葉もあるのです。 実際私も …

ホッケフライ

「ホッケ=開きしかない」という認識の人は意外と多い

皆さん、ホッケと言えばどんな料理を思い浮かべますか? 道外の方は恐らく、開きを思い浮かべたことでしょう……。   でも、道内の方はどうでしょうか。煮付け、フライなど、何種類かは思い浮かんだは …

校舎

北海道あるある・学校編!

久しぶりの北海道あるある。 最近、子持ちの友人らと会う機会があったので、小~中学校の生活についてたくさん聞くことができました。 そこで、「そういえば、この習慣北海道だけなんだよな~」と思ったことが結構 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031