ホルストガーン(HolstGarn)の毛糸がデンマークから札幌に届くまで

スポンサーリンク
毛糸 手芸
スポンサーリンク

最近お気に入りの毛糸メーカー、ホルストガーン(HolstGarn)。デンマークの会社です。

昨年の11月にもブラックフライデーに合わせて結構な量の毛糸を購入したのですが、その時買った毛糸が足りなくなりそうなので、1月に行われるセールの際に再び個人輸入してみました。

一回目の購入のお話はこちら

 

今回は前回と違い、到着までトラブル(?)があったので、同じような状態になっている人の参考になればと思い、経緯を記録しておきます。

スポンサーリンク

一回目の購入時は、単純に配達が遅かった

先に、11月に購入した際の流れをざっくりと書いておきます。

12月

スクショする際に画面の上半分が入らなかったのですが、細かい経緯を書くと、

11/29(ブラックフライデーセール初日)に注文。

12/3の21時半ごろに梱包完了のお知らせメール、同日23時48分に出荷のお知らせメールが届きます。

そして12/5にデンマークの郵便局、PostNordから荷物の引受とデンマークからの出国の連絡。

 

あとは上の画像の通り、5日後の12/10に日本に到着して、数日かけて北海道の私の手元に届いています。(年末なので国内の輸送が滞り気味で、普段より1~2日遅かった)。

今回は通関手続きがいつまでも終わらず焦る

前回、ちゃんと荷物が手元に届いたので、安心して2回目の注文をしたのですが……。

ホルストガーンの1月セールはブラックフライデーよりも割引率が小さいせいか、注文→出荷→出国まではとてもスムーズ。

1/8に出荷され、1/9には出国。

そしてその3日後の1/12の夜23時には日本に届き、翌日9時に通関手続きに入ります。

前回の経験上、ここからはもう安心とタカをくくっていたのですが……。

しかし!2日待っても3日待っても、通関手続きが終わらない!

スクショ1

ずーっと、この状態で止まっているのです。

 

通関手続、具体的に何をするのかわかっていませんが、慣れない個人輸入だし、もしかしたらトラブルがあったのでは……と心配になり、16日のお昼12時ごろに川崎東郵便局に電話で問い合わせます。

電話口で追跡番号を伝え、中身は毛糸ということ、商品代金は9000円くらいと伝えると、「その内容だと通関で止まることはないと思うんですけどねー……」との返答。

調査して折り返し連絡をくださるとのことなので、いったん電話を切って待ちます。

 

数分後折り返し着信。

先ほどの担当者さんから、「どうやら機械に登録せずに北海道に送ってしまったようです」とのこと。

なんだ、もう北海道に向かっているのか……。

そして、私の荷物の内容だと通関手続に時間はかからずすぐ発送となり、明日には北海道に到着しているはずという話でした。

 

日本郵便のサイトで追跡できないのはとても不安ですが、急ぎではないのでもう少し待ってみると伝えて終話しました。

その直後!と言っても電話を切って1時間後くらい!

スクショ2

ステータスが「到着」に変更されました。

やっぱり通関手続に入ったその日のうちに発送されていたようですね。

でも、前回は「国際交換局から発送」というステータスを経てから到着という流れだったのですが、そこをすっ飛ばしてしまうこともあるんですね。

 

荷物は無事、17日にうちに届きました。

毛糸

今回の経験まとめ

今回の海外からのお買い物は、デンマークから日本まではスムーズに届いたものの、川崎東郵便局での通関手続で止まっている(ように見える)というトラブルがありました。

でも、登録を忘れてしまっただけで、内側ではちゃんと通関手続完了→発送という作業が行われていたようです。

郵便局側のミスではありますが、問い合わせにも丁寧に応対してくれたし、状況を知ることができてよかったです。

ですから、追跡してもステータスが変わらないとか、いつもと様子が違うということがあれば、電話で直接問い合わせてみることをおすすめします。

 

また、電話口の担当者の口ぶりから、よほどの金額や量でなければ毛糸で通関が止まることはまずないという印象を受けました。

今後も毛糸を海外から取り寄せることがあるかもしれないので、購入金額や数量には気を付けたいと思います。

 

ただ、個人輸入をされている人のブログなどを見ると、登録忘れなどではなく本当に荷物が一週間くらい動かないなどはよくあることらしいです。

だから、「個人輸入は基本的に待たされるもの」と思って大きく構えて待つのが精神衛生上良いのかもしれませんね。

 

ということで今回はここまで!

届いた毛糸で早速編むぞ!

スポンサーリンク
手芸 編み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました