色々混ぜて手紡ぎしたらどんな色になるのか(3)

スポンサーリンク
毛糸 手紡ぎ
スポンサーリンク

羊毛

相変わらず染色羊毛を混ぜて手紡ぎしています。

これは、何を何グラム混ぜてこの色を作ったのかを記録しておく目的の記事です。

手紡ぎということで一度に大量に生産することができず、小物でも毛糸が足りなくなってしまうことが少なくない。

そんな時に備えて、画像付きデータを作っておこうという魂胆です。

スポンサーリンク

紡ぎ前→紡ぎ後の様子

色の名前は羊毛メーカーが名付けたものではなく、私が勝手にそう呼んでいるもので書いています。

羊毛の画像を個別に撮るのを忘れてしまいました、トップ画像と見比べてみて下さい。

 

今回は敢えて2色だけを混ぜています。単調になるのはわかっていましたが、変化が見たかったので……。

緑×茶(上段左)

緑茶

緑 9.03g
茶 8.82g

緑と茶色、ほぼ同量ずつ混ぜたつもりでしたが、緑の方が強く出ました。

なんというか、亀を思わせる色。

抹茶×水色(上段中)

抹茶水色

抹茶 8.52g

水色 7.93g

ガツッと混ぜなかったので、抹茶色のところと水色のところがまだらに見える。

これは編んでみないと印象がわからないやつです。

ロイヤルブルー×ラズベリー(上段右)

ブルラズ

ロイヤルブルー 16.18g

ラズベリー 8.54g

画像にするとラズベリーがあまり目立たなくなってしまいました。

肉眼で見るとしっかり主張していて、全体的に暗い紫色です。

なんというか、ブラックライトの世界という印象。

黒×白(下段左)

黒白

黒 12.74g

白 14.19g

ヘザーブラック。シベリアンハスキーのような色です。

グレーになることを期待して作った色ですが、少し想像と違ったかな。

もっとしっかり混ぜればグレーになるんだろうか。

赤×ターコイズ(下段中)

赤タコ

赤 17.47g

ターコイズ 15.47g

赤系と青系ということで紫色になるかと思いましたが、どちらとも言えない、濁った色に……。

毛糸としては魅力が薄い仕上がりになりましたが、編んでみると意外といいものができるかも。

うちには間違って買ったターコイズ羊毛が大量にあり、早く消費したいがために出番が多い。

でも、結構混ぜる相手を選ぶ色なんですよね……。

ラベンダー×ミント(下段右)

ラベンダーミント

ラベンダー 6.00

ミント 8.23

この中で一番きれいな色にできた。

あくまで「この中では」ですが……。

なんというか、女児用服にありそうな色合い。大人色ではないな。

女児用小物を編めばいいのか……。

二色混ぜは納得がいくものができにくい

毛糸

これら6つを紡いでみて思ったのが、「二色混ぜは色が単調で楽しくない」ということ。

これまで紡いだものは3~4色、思いつくままに選んで紡いだ割にはどれも深みがあっていい色でした。

が、今回の二色混ぜはどれも想像の範囲を超えないものばかり。

編み物に使うには使いやすそうな色もありましたが、楽しく紡ぐことを目的にするなら、3色以上混ぜた方が良いと思いました。

多色過ぎると、それはそれでおかしな色になってしまうのですが……(昔、色々混ぜすぎて掃除機のゴミみたくなったことがある)

次回はこの前買った配色アイデア手帖を参考に色選びをしてみよう。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
手紡ぎ 手芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました