憧れていた低温調理器「Felio」を買ったのだ……!

スポンサーリンク
フェリオ 低温調理
スポンサーリンク

フェリオ

去年くらいから巷でブームの低温調理器。

気軽にローストビーフが食べたいという欲求から、ついに買ってしまいました。

スポンサーリンク

購入したのは富士商「Felio」

私が購入したのは、日本のメーカー、富士商の「Felio」というものです。

低温調理器と言えばANOVAや

 

BONIQなどが有名ですが、

ANOVAは輸入品のため説明が英語らしいので躊躇し、BONIQはお値段が高い!

ということで、日本のメーカーな上に12000円くらいで買えるFelioになったのです。

低温調理器はどこのメーカーでも大差ないようで、変わるのはスマホと連動できるか否か、コードの長さや消費電力(予熱完了までの時間)、設定できる温度や時間の幅などだそうです。(ヨドバシカメラの売り場で比較されていました)

 

Felioでも私が作りたい料理には問題無しと判断し、お安いこちらになりました。スマホとの連動はできないようですが、作りながらリビングから離れることはまずないと思うので、連動できなくても大丈夫。

フェリオ

パッケージはシックなボルドー。大人の調理器具!

中身はこんな感じになっています。

中身

なお、Felioはコードが短いという弱点があるので、100均で延長コードを買いました。

延長

さっそく温泉卵を作る

買ってすぐに作ったのは、温泉卵。なぜって、すぐにできるから。

ローストビーフやコンフィは数時間かかりますが、温泉卵はお湯が温まってからたった30分で作れるのです!

 

ということで設定から!

鍋に水道のお湯を張り、Felioをセットします。金属部分の「MIN」の目盛りよりもたくさん水を入れなければいけない。

セット

そしてコンセントをさして電源ボタンを長押しすると、画面が光ります。

電源

大きく表示されているのは今のお湯の温度。右下が設定温度。温玉は67℃が適温だそうです。

そして左上はまだ00:00ですが、ここ設定時間を入力します。今回は30分!

 

そして、まだ卵は入れずにスタートボタン(5つのボタンの右下)を押します。

するとお湯が循環し、温度が上がっていきます。35℃から67℃に上がるまで15分かかりました。最初からある程度熱いお湯を入れれば早いですね。

作動中は結構モーター音がします。近くにいても、うるさいと感じるほどではありません。

67℃まで上昇すると「ピッピッ」とアラームが鳴るので、そこに卵を入れます。

卵を入れる

卵に対してお湯が多いな……。少量を調理するときは底面積が狭く、深さがある鍋を使った方がエコです。

 

……30分後……

30分経過(正確には終了1分前)すると「ピーーーッ」と音が鳴るので、すかさず卵を取り出して冷水に放つ。

冷やす

一つ、ヒビが入って中身が漏れ出していますが、他は無事。これはきっと入れる前に衝撃があったのだと思います。

 

割ってみると、おお、ちゃんと温玉だ!

温玉

スプーンを入れると……

断面

ちゃんと黄身がゼリー状に固まっている。白身も全体が白くなり、透明なところは無し!

すっごく美味しそうな温玉です。ベストな火加減、さすが低温調理器!

ちなみに消費電力は

ずっと保温しっぱなしということで電力を使いそうなマシーンですが、実際の消費電力は最高でも1.0kwhくらい。

でんき

うちはガス発電ユニットが付いているので、大きく電気を使うと自家発電電力から優先的に使われます。

Felioを使う前は冷蔵庫やら炊飯器の保温やらで0.2kWhくらい消費されていたので、調理開始直後は大体1.0kWhくらい増えたことになります。

でも、使用中ずっと1.0も消費されているわけではなく、温度が上がったら消費電力は減り、下がったら電力を消費して加熱する、を断続的に繰り返していました。

なので、思ったよりも電気を使わずに調理できそうです。

次はローストビーフを作る!

今回の温玉は低温調理の中でも初歩の初歩。

やっぱり、低温調理の真価が発揮されるのはローストビーフですよね!

こちら、既にお肉を仕込んでいるので、明日には調理した記録をお話しできそうです!

 

ということで今回はここまで!

明日に続け!

スポンサーリンク
低温調理 料理とレシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました