むらかみ農園の卵で生クリームのロールケーキを作った!

スポンサーリンク
材料 パンとお菓子
スポンサーリンク

卵

先日、イコロランでシフォンケーキを作ってとても美味しかった経験から、美味しい卵はお菓子にしてみるべきだと思うようになりました。

シンプルな卵料理も良いんですが、臭みやコクなどの違いが大きく出るのがお菓子!

ということで、今回は先日買ったむらかみ農園の卵でロールケーキを作ってみましたよ!

スポンサーリンク

卵たっぷりスポンジに生クリームだけのロールケーキ!

むらかみ農園の卵は優しい香りと甘みを感じる卵でした。

それを使って、卵と砂糖と小麦粉だけのスポンジを焼き、生クリームを巻いたロールケーキを作りました!

 

使ったレシピは、山本麗子先生の「101の幸福なお菓子」から。既に廃版となっている本なのですが、どのお菓子も本当に美味しい!

出版物なので詳細は書きませんが、卵1個につき砂糖20g、薄力粉10グラムの計算で作れる単純なレシピです。

材料

砂糖は二等分にしておきます。粉は2回ほどふるう。天板か焼き型にオーブンシートを二枚重ねに敷いておく。

あっという間にできるので、オーブンはもう180℃に温めておきます。

 

卵は卵白と卵黄を分け、まずは卵白を角ピン状態になるまで泡立てる。ハンドミキサーがあると便利。砂糖は3回くらいに分けると泡立ちが早いです。

卵白

そして卵黄にも砂糖を加えてクリーム状に泡立つまで泡立てます。ハンドミキサーは洗わなくてOKだそうです。

卵黄砂糖

こちらは一気に砂糖を加えてよい。

泡立て完了

卵黄はこれくらいで良い。

ここに卵白の半分を加えて泡を潰さないようにゴムベラで混ぜる。

卵白を入れる

混ざったら粉を一気に加えてさらに混ぜる。

粉を入れる

そして残りの半分を加えて混ぜる。

卵白を加える

 

むらなく混ざったところで紙を敷いた型に流す。

型に流す

かなり空気を含んでいるので、そのまま落としたのでは平らになりません。カードやゴムベラでならします。

ならす

平らにならしたら180℃のオーブンで20分焼く。

 

焼き上がったら型ごと伏せて冷めるまでそのまま置く。これが、生地を乾燥させないコツだそうな。

焼き上がり

冷めたら紙を全て剥がします。表面にはラム酒ベースのシロップを塗布。(今回はラムキャンディスの汁を使用)

今回はロールケーキにするので、ここに生クリームを広げて巻きます。

カットしたり型で抜いたりしても使いやすいはず。

生クリーム

生クリームカップ1に対して砂糖を30gとラム酒少々を入れています。泡立ては七分立てくらい。

 

巻いて冷蔵庫で数時間落ち着かせ、カットした姿がこちら!

失敗!!!

ロールケーキ

どうやらスポンジに対してクリームが多すぎたようで、身割れが一か所、そしてはみ出てしまいました!!

本当なら作り直したいところですが、なんせ貴重な卵なので気にせず食べます。自宅消費用ですしね。

味見する

熱いコーヒーと共に味見します!

スポンジがふわふわで、フォークが簡単に入ります。

口に入れると、生クリームとのなじみが良く、溶けるような生地。

 

安い卵で焼いたスポンジケーキのような卵臭さは無く、優しい香りがします……。

このレシピのケーキは今までさんざん作りましたが、その中で恐らく一番の仕上がりだ!

作業における大きな違いは無かったので、これは純粋に味の違いということになりますね。

うーん、やっぱり美味しい卵はケーキにすることで真価がわかるのかも。

なんてったってロールケーキが好き

今回は見た目はイマイチでしたが、味は大成功でした。

 

実は私、生クリームだけのロールケーキが大好きなんです。

シンプルな材料なのに、お店のケーキはどうして美味しいのかしら……と思っていたのですが、卵にそのヒントがあるような気がします。

(今回は薄力粉は「ドルチェ」、生クリームは十勝純乳脂肪45を使用したのも勝因だったかも)

洋菓子は素材のごまかしが効くようで効かないもんです。バターの代わりにマーガリンやショートニングを使うと思いのほか味が変わりますよね……。

 

よーし、他の卵でもどんどんケーキを焼こう。ダイエットなんて知るか!

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました