昨年流行ったジョージア料理「シュクメルリ」を作ってみる

スポンサーリンク
完成 料理とレシピ
スポンサーリンク

昨年だったか、牛丼の松屋で定食として販売されたジョージア料理「シュクメルリ」。

ざっくり言うと、焼いた鶏肉をにんにくとチーズで煮込んだ料理で、これがご飯にも合うのだそうです。

残念ながら松屋での提供は期間限定で、私は食べる機会を得ることはなかったのですが、すごく興味がある。

 

少し前の「家事ヤロウ」で作り方を放送していて、これが意外と簡単そうだったので、自作してみることにします。

家にある食材の都合で少しアレンジしていますが、しっかりご飯に合う料理ができました!

スポンサーリンク

ジョージアは昔「グルジア」と呼ばれていた

ジョージアってどのあたりだっけ?と思い、家にある地球儀で確認する。

ジョージア

うちの地球儀は古いので、ジョージアではなくグルジアと書かれています。

昔はロシア語発音のグルジアと呼ばれていましたが、今では「ジョージア」と英語発音の呼称で統一するように国家より要請があり、日本でも2015年に「ジョージア」と呼称を改める法律が成立しています。

 

ジョージアは黒海に面するとても小さな国で、温暖な気候からワインの名産地となっています。

あと、美人が多いとも言われています……。ジョージアを含むコーカサス地方は美人が多いことで有名ですね。

 

私がジョージア国について知っているのはこの程度。シュクメルリは松屋に並ぶようになって初めて知りました。

そんな私が正しいシュクメルリを作れるんだろうか……?

シュクメルリを作る

さつまいもは無いのでじゃがいもにします。元々松屋がオリジナルで入れたもののようなので、こだわる必要は無いと判断。

あと家にあったきのこを適当に入れます。

またチーズは溶けるチーズではなくクリームチーズを使います(使い切りたいから)。

そしてにんにくはチューブでなく自分ですりおろす。すごい量だ!

にんにく

焼き油はバターが本式らしいのでそれに倣います。

材料

材料

鶏モモ肉 1枚(300g)

玉ねぎ 小1/2個

じゃがいも 小3個

まいたけ 1株

おろしにんにく 2かけ分

牛乳200ml

クリームチーズ 80g

バター 小さじ2

塩 こしょう少々

作り方

鶏肉を一口大に切る。じゃがいもは皮をむきゆでておく。まいたけはほぐす。玉ねぎはくし形切りにする。

鍋にバターを溶かし、鶏肉を焼く。鋳物の蓋でギュッと押さえつけながら焼くのが本式らしい。数分焼いたらひっくり返し、さらにギュッと焼く。

ぎゅっ

焼けた肉の鍋に玉ねぎを加えて炒め、しめじ、じゃがいも、牛乳を入れて、おろしにんにくを加えて煮立て、クリームチーズを加えて10分煮る。

煮る

塩と黒こしょうで味付けしてできあがり。

できた

思った以上に簡単にできました。カレーより楽かも。

すっごいにんにく臭……。でもご飯に合いそう。

ご飯にかけるべきなのか、別添えにするべきなのかわからないので、とりあえず定食スタイルで。

松屋ではサラダ、みそ汁が付くそうなのでそれに倣ってセッティングします。

定食

シチューっぽいのにみそ汁が付くのはどうか……と思ったが、シュクメルリにはほとんど汁気がないので、結果的にみそ汁ありで良かったです。

完成

口に入れるとすごいにんにく味。そりゃそうだ、あんなににんにくを入れたんですもの。

そしてシチューのような、それより軽めの口当たりで、クリームチーズが濃厚です。

そして鶏肉、ギュッとやって焼いたせいか皮がしっかり焼けていて香ばしい。この鶏肉ににんにくチーズソースがよく合い、ご飯にぴったりです。

じゃがいもとまいたけも好相性。自己判断で入れましたが正解だと思います。

しかし、牛乳とにんにくのこの組み合わせ、何かで食べたことがあるけど思い出せない。なんだったっけ?

 

翌日の臭いが気になるが、これは美味しいしあったまるしスタミナが付きそう。流行ったのがわかる。

休前日の楽しみに、今後もたまに作ろうと思える料理でした。簡単ですしね!

普段なじみのない「ジョージア」がグッと身近に

シュクメルリのおかげで、名前くらいしか知らなかった「ジョージア」を少し身近に感じられました。

ご飯に合うおかずというのもまた良かった。現地ではきっとパンなどと合わせるんでしょうね。

松屋がシュクメルリを提供しだした頃にジョージアでもその話が報道されたそうなので、向こうの方々も日本を身近に感じてくれたらいいなと思いました。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
料理とレシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました