スパイス挽いて自宅で作るスープカレー(3)カレーベース編

スポンサーリンク
炒め玉ねぎ スープカレー
スポンサーリンク

どどん!大量の玉ねぎ。しかも幻と言われる札幌黄!!

今回はこちらを使ってカレーベースを作りますよ。フードプロセッサーを使うので、切るのはそれほど手間ではありません。

ただ、炒めるのに2時間くらいかかります!ご覚悟を!

スープカレーの記事一覧はこちら!

スポンサーリンク

カレーベースの作り方

カレーベース。これを先日お伝えしたスープで割って具を入れると、いよいよスープカレーが完成するわけです。

材料(10~15人分)

玉ねぎ 1.5kg
生姜 20g
にんにく 3かけ
塩 大さじ1
トマト缶 1缶

サラダ油 大さじ3

クミンシード 大さじ1
ターメリックパウダー 大さじ1
オールスパイスパウダー 小さじ1

前回作ったスパイスオイル カップ1/2
前回作ったスパイスミックス 全て

作り方

  1. 玉ねぎは皮と芯を取り、皮を剥いた生姜とにんにくも合わせてフードプロセッサーにかけ、ドロドロのペースト状にする。トマト缶も別途フードプロセッサーにかけて固形分を潰す。
  2. 厚手の鍋にサラダ油を引いて熱し、塩と玉ねぎにんにく生姜ペーストを全て入れて強火で炒める。最初は水気が多くよく跳ねるので、蓋をして3分放置→蓋を開けてヘラで底から混ぜる、を繰り返すとどんどん茶色くなっていきます。

    最初はこれくらい白いですが、1時間もすれば真っ茶色になります。
  3. 玉ねぎの水分が減り、茶色くなって木べらの跡が残るくらいになったら火を弱め、さらに水分を飛ばす。

    これくらいまでボッテリしたら頃合いかと思います。
  4. 3の鍋にターメリックパウダーとオールスパイスパウダー、クミンシード、トマト缶のペーストを入れて混ぜ、さらに水分を飛ばすように中弱火で加熱し続ける。
  5. トマト缶の水分が煮詰まったら、スパイスオイルとスパイスミックスを入れてなじませる。
  6. スパイスミックスを入れたら香りが飛ばないように80度以下をキープしつつ10分くらい軽く温め、カレーベースが完成です。すぐに食べないならこのままタッパーに入れて冷蔵庫へ。

最初の玉ねぎの潰し具合で食感が変わります。

粗めでも美味しいですが、ジュース状になるまでピューレにすると見た目もきれい。(今回は粗すぎました。)

 次回は具を用意して仕上げますよ!

さてさて、次回はいよいよ最終回、スープとベースを合わせて調味し、具を入れてスープカレー完成です。

スープカレーの具となるものはたくさんありますが、今回はいわゆるチキン野菜、つまりチキンレッグと大ぶりに切った野菜を使います。

チキンレッグはスープ取りの際に取り分けたアレを使います。他には、人参やじゃがいもなどお好きな具材を用意しておいて下さいね!

 

ではでは次回!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました