なんでそんなこと言うの?手料理食わせて腹が立った発言集(同性編)

スポンサーリンク
調理器具 料理・食べ物考
スポンサーリンク

少し前に弁当食わせて腹が立った話、彼氏に手料理食わせて腹が立った話などをしましたが……。

思い出すと、同性が相手でも結構嫌な事言われてるなー……と。

明らかに悪意がある発言ばかりではなく、親しいつもりで行き過ぎた発言するとか。

 

いやもしかしたら単純に私が嫌われ者というだけかもしれませんが、だからって直接言うかという発言もいくつかあって、そのたびに腹を立てたり、落ち込んだり。

 

もう終わった話ですが、思い出してしまったらもうなんとかして成仏させてやりたい。

ということで、今回は同性に手料理食わせて腹が立った話を書いていきます。

お待たせしました、今回は世間の皆さんがお好きな愚痴エピソード回です。

スポンサーリンク

手料理食わせてこんなこと言われた(同性編)

私の場合、彼氏に手料理食わせる機会は少なかったが、お菓子や保存食のおすそ分けから家飲みだとか自宅飯会だとかで同性に何かを食べてもらった経験は結構あると思います。

どの話も社会人になってからなので、少なくとも自己アピールのために押し付けるような状況ではないはず……。

「彼氏いないのに無駄に女子力高い」

料理1

会社でのランチ時に、作ったものを持参して分け合うような慣習がありました。

作るの好きだし、食べてもらえるならとお菓子を持って行ったところ、上記の発言をいただきました。

(当時は)彼氏もいないし友達も少ない。でも料理はしたいから自己満足のために作っているだけなのに、それではダメですか……。

男に食べさせる前提でないと料理する意味がない、という価値観もあるんだなと知りました。

「今時料理なんてできたって何にもならない」

これね、親族(と言っても血縁関係なし、つまり姻族)に言われています。

作った保存食を親戚におすそ分けし、そこからまた別な親族に渡りました。

その相手からお礼とともに「旦那は美味しいもの食べられていいねー」とお世辞を言ってくれた人を制止するように、ほかの親族に上記の言葉を言われました。

実の親による教育的指導ならまだしも、血縁の無い本人に直接、しかも食べ物もらっといてそれ言う?と愕然としましたよね。

 

それでも頑張って親戚づきあいを続けてわかったことですが、この発言主は、結婚当初に(その人から見て)小姑にあたる人に料理スキルの低さを馬鹿にされたことがあるそうです。

その恨みを私にぶつけてこなくても……。

「そんなことする暇があって羨ましい~」

煮込み

こねたり焼いたり煮込んだり、時には漬け込んだりと、料理には手間がかかるものもあります。

料理に限ったことではないですが、私は何かしら手間をかけるのが好きな性質なので、時間があればなるべく時間いっぱい手間をかけて作る方です。

 

かつて友人だった人が家に来て何か食べたいというので食べさせたのが自作のパスタソース。

これ、作ってしまえばパスタにするのは一瞬ですが、作るまでがまあ大変。

そんな手間で作ったものだとと話すと、「えー羨ましい、うちにはそんな暇ない(笑)」と言われてしまいました。その時間あったら別な事したいんだと。

でもその「別な事」って、家事でも子育てでも仕事でもなくスマホいじりやTVの録画消化……。

 

スマホにTVに忙しいから料理に時間を割けないというのは個人の自由ですが、「暇だから料理に手をかけている」というのは、作ったものを食べておいて失礼では……。

暇だから料理しているんじゃなくて、料理するために他のことに割く時間を削ってるんですよ……。

「私は「食べる側の人」だから」

何だったか忘れたが、作ったものを差し上げてとても美味しいとほめてもらいました。

それはとてもありがたいことで喜ぶべきなんですが、「また食べたい」というので作り方を説明すると……。

「いや、自分では作らないの。私はほら、「食べる側」だから」

と言われました。

意味がちょっとわからなかったのですが、要約すると、私が常に与える側、彼女は与えられる側という意味らしい。

ギブアンドギブ、テイクアンドテイクということか。

ちょ……、いつそういう立ち位置になった?!

 

深い意味はない発言だろうと思いますが、なんか「食べてやっている」という感じがして嫌だった……。

いため 

コンプレックスに触れてしまったのか

なべ

女同士の付き合いは難しいです。特に歳を取ると色々こじれてきますね。

会話の内容も、こいつマウント取りに来ているな、と感じる場面が増えました。

 

料理に関してだけ言っても、男女間と違って色恋沙汰の駆け引きがないから、食べたいっていうから食べさせてるだけなのにこの有様です。

恩を着せるつもりもないし、美味しい不味い、いただきますごちそうさまだけでいいのに、暇だとか女子力とか関係ないでしょ、と心を痛めていると、ある人から「料理が好きじゃない人が抱えるコンプレックスは料理好きの想像を絶する」という意見を頂きました。

なんか、「ちゃんとしたものを出されると、「お前もちゃんと作れ」と言われている気になる」んですって。

 

「うまいべ!」「うまいね!」だけの話だと思いたかったのですが、コンプレックスに食い込んでくるとそうはいかないものなのか。

 

難しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました