日本酒を練り込んだ大人のアイス「SAKEICE(酒アイス)」を食べてみました

スポンサーリンク
箱入り お取り寄せ
スポンサーリンク

日本酒を練り込んだ「SAKEICE(酒アイス)」をご存知でしょうか。

このたび、ご縁あってひとセット頂くことができたので、食べてみました。

基本的にアルコールに弱いので、自分ではきっと選ばないアイスなのですが、こうしてプレゼントされると(酔っぱらうとわかっていながら)ついつい食べちゃう。

 

今日は、そんなSAKEICEの各種フレーバーの感想をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

SAKEICEとは

SAKEICE | 日本初の“日本酒アイスクリーム専門店
SAKEICE(サケアイス)は日本初の“日本酒アイスクリーム専門店”です。日本酒をたっぷり練り込んだ、ほんのり酔える、オトナのアイスをご提供しています。

SAKEICEとは、日本初の日本酒アイスクリーム専門店。

日本酒のアイスって、今までありそうでなかったんですね。いや、あるけれど専門店を構えるほどではなく、品揃えの一つにお酒入りがあるという程度だったと思います。

そしてさらに特徴的なのが、風味づけ程度にお酒を入れているのではなく、しっかりアルコールを感じるくらいの濃さで日本酒を配合しているということ。

つまり、アイスクリームでしっかり酔えるというのが売りなのだそうです。これは飲兵衛にはたまらないアイスクリームですね!

ちなみに、SAKEICEの実店舗では、国産クラフトビールやクラフトラム、焼酎を使ったアイスも楽しめるそうです。ラムのアイス美味しそうだな~。

 

そう、私は飲酒習慣は無いのですが、お酒がきいたスイーツは大好きなんですよ。酔っちゃうけど……。

SAKEICEは実店舗が東京にあるほか、全国の催事にも出店していて、私は大丸札幌に出店のタイミングでサンプルを頂くことができました。(この記事の公開時には催事が終了しています、遅くなってすみません)

お店に直接受け取りに行くのではなくクール便で送ってくれて、溶ける心配もなし。親切!

ハコ

箱、おしゃれだなぁ。

6種類のフレーバーを味わってみました

セットに入っていたのは、

日本酒、男山、日本酒×チョコ、日本酒×抹茶、日本酒×柚子、紫あまざけ。

紫あまざけ以外は全てアルコールあり。でも3.5%くらいなので、日本酒をそのまま飲むよりも弱めです。アイスそのものが少量ですし、ちょっと酔いたいときのデザートにいいかも!

日本酒

日本酒

まずは定番商品らしい「日本酒」から。どこの日本酒を使っているかは明記されていないので、アイスに合わせて色々ブレンドしているのかもしれませんね。

日本酒中身

見た目は真っ白なミルクジェラート。

一口食べると、脂肪分が少ない感じのさらっとした口溶けで、まずミルクの味が広がる。

そしてその直後!しっかり日本酒の味が来る!あーこれはお酒のアイスだわ、はっきりと日本酒味です。そして喉を通ったあとに、お酒を飲んだような熱さが残ります。アルコール入りと明らかにわかります。

そして不思議とミルクと日本酒が合うことに驚きます。さっぱりしていて美味しくて、日本酒を飲み慣れていない私でもパクパク食べ進んでしまう。これは危険……!

そして、凍らせてあるせいなのか?乳製品と混ぜているせいなのか?お酒そのものを飲むよりも酔うのが遅いような気がしました。

 

一発目の定番商品から思った以上に美味しくて、飲めない私でも難なく完食できました。

これは他のフレーバーも期待できるぞ!

男山

男山

続いて「男山」、これが先ほどの「日本酒」とはどう違うのか……。

さっきの「日本酒」とは別日に食べたので、味比べしたわけではありませんが、男山の方がさっぱりした味と香りのような気がします。

「日本酒」の方が「酒食べてます!」感が強かったように思う。でも私は男山の方が好みかも。

男山は旭川の酒蔵なので、なんというかご縁を感じます。お酒の男山は飲んだことがありませんが、アイスにすると私でも楽しめるのが嬉しい。

チョコレート

チョコ

ワインやウイスキーとチョコの組み合わせはよく見かけますが、日本酒とチョコってどうなんでしょ?と思ったら、もう獺祭などの銘酒のチョコがたくさん出ていましたね。

でもそれをアイスにしたものは食べたことが無い!

こちらのアイスはチョコが濃い目で、日本酒味はそれをサポートする程度。でもただのチョコアイスとは全く違う。洋酒入りチョコアイスとも違う。

そして大人のアイスというコンセプトを守るためか、甘さがかなり控えめ。チョコの脂肪分による濃厚な味わいがあるので、甘くなくても満足感高し。これはかなり好みだわ……。

酒入りと意識しないで食べきれる味でした。でも食べ終わった後はしっかり酔いが。

全部食べた後での判断だと、このチョコレートが一番私好み。

抹茶

抹茶

日本酒も抹茶も和のフレーバーではありますが、この二つが出会ったらどうなるのでしょう。

なんというか、酒と茶って相容れないというか、お酒飲めないからお茶を飲むというか……。

でも食べるともちろん好相性で、お酒の辛さと、きりっとした抹茶の苦みと風味が引き立ちます。

日本酒の華やかな香りもあるのですが、抹茶が引き締め、ただで酔わせはしない。

すっきりした味で、食後のデザートに少量あるといい感じだろうなと思いました。

柚子

柚子

この辺になってくると、日本酒味にもかなり慣れてきて、柚子と相性がいいだろうと食べる前からわかるようになる。たくさんは飲めないけど柚子のお酒好きです。

柚子の酸味と皮の苦みでさっぱりしつつ、日本酒の豊かな香り。これは湯上りにぴったり!ミルク入りのアイスなのですが、柚子シャーベットかな?と思うくらい柚子の味があって美味しい。

柑橘の風味って不思議で、お酒臭さというか、アルコールの癖をうまく隠してくれるんですね。だから酒の味そのものが苦手な人でも絶対美味しく食べられると思います。

暑い夏にぴったりのフレーバーでした。チョコレートの次に、私好みの味でもありました。

紫あまざけ

あまざけ

最後は唯一のノンアルコール、紫あまざけ。

あまざけと乳製品の組み合わせが結構好きです。

なんで紫色なんだろう?と思ったら、黒米麹から作ったあまざけが入っているんですね。

アイス本体にもツブツブと麹が入っている。

これ、ノンアルコールなのですが、不思議なことに一番麹の味というか、ご飯の味が感じられるアイスでした。

食べて酔わないのに、お酒っぽい香りがある。アルコールが駄目でも甘酒は大好きな人いますよね、そんな人にピッタリのアイスです。

酒好きさんも、少量しか飲めない人もいけるアイス

今回ご縁があり、食べることができた酒アイス。自分では絶対買わないと思っていたけど、食べてみたらどれも美味しい。お酒に弱いからきっと苦手だろうという先入観で避けてきたことが惜しいくらいです。

むしろ、お酒そのものをゴクゴク飲めなくても少量ずつ摂取できるので、急激に酔うことがなく、あまりお酒を飲めない人が楽しむのに向いているとも思いました。

SAKEICEはお酒好きが食べるのはもちろん、ちょっとしか飲めない人でもきっと美味しい、新感覚のアイスでした!

 

今回はいいものを食べさせて頂きました。ごちそうさまでした。

 

では、今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お取り寄せ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました