落花生の老舗「千葉落花生処 こば屋本店」からピーナッツ菓子その他を取り寄せた

スポンサーリンク
買ったもの お取り寄せ
スポンサーリンク

最近お取り寄せして美味しかったものをご紹介します。

それは、千葉県にある「千葉落花生処 こば屋本店」さんという落花生の老舗からの商品。

と言っても今回買ったのは殻がついた落花生そのものではなく、落花生を使ったお菓子やナッツのペースト類。

 

これらがとても美味しかったのでお伝えします。

スポンサーリンク

もともとはお手ごろ価格のピスタチオペーストを探していた

こば屋本店さんの公式サイトはこちら

千葉落花生処 こば屋本店
自慢の一品『轟太鼓』本場千葉八街の落花生など、ご贈答用からご自宅用まで多数商品を取り揃えておりますので、是非ご利用下さいませ。

 

丸のままの落花生も、それを使ったお菓子も、もともとお取り寄せするほど好きなものではない。

が、今回お取り寄せに踏み出したのは、お菓子に使うためのピスタチオペーストを安く買えることを知ったからです。

よく利用する製菓材料店のものを買おうかと思ったのですが、思いのほか高い。

他に安く買えるところはないか?と検索して検索してこば屋さんに行きあたったのです。

100gで648円って安くないですか……。産地はアメリカ産で、混ぜ物などはされていないようです。

これは「買い」だ!

 

でも、ピスタチオペーストだけでは送料が勿体ない……ということで、主力商品のピーナッツ菓子類も買うことにしたのです。

こば屋さんでは殻付きの落花生だけではなく、「轟太鼓」という看板商品を始めとするピーナッツ加工菓子、その他ギフト類などを製造販売しています。

これらの中から自分の好みに合いそうなのを選んでぽいぽいと買い物かごに入れます。

 

3240円以上だと送料が半額(300円)になります。千葉県から北海道まででこの送料は安いです。(クール便のものはもっと高くなりますが)

私はピスタチオペーストを2本とアーモンドペースト1本、轟太鼓の甘辛1枚、轟太鼓「せいぞろい」という小さな轟太鼓の個包装品、落花生に砂糖をまぶした落花糖を買いました。

発送は迅速!

こば屋さんはとても仕事が早く、発送は注文の翌日にはされていました。しかし日付指定していたので最短ではなく、そこから数日待って手元に届きます。

届いた

落花生関連のパンフレットが3つも入っている。これはあとで熟読しよう……。

箱の中身はこんな感じ。プチプチでしっかり包装されています。

買ったもの

目当てのぴすたちおペースト、製造元はこば屋さんではなく、「軽井沢きなり」さんなんですね。

ペースト瓶

これは信頼がおける。この値段で本当によかったのかしら。

 

他には轟太鼓と轟太鼓せいぞろい。

せいぞろい

轟太鼓というのは、落花生とおかきなどを甘辛いタレで固めたもので、ピーナッツ多めの柿の種みたいな味がする。

お値段は高いですよ。レギュラーサイズは1枚162円、せいぞろいは小さなものが14個入って700円くらい。ナッツ系はどうしても高くなりますよね……。

でも、これがカリポリして、蜜が甘い中にピリッと辛さがあって美味しい。

定番の甘辛だけではなく黒ごま入りや青のり入り、揚げめん(ベビースターみたいなの)入りなども入っている。

ごま

こちらはごま入り。

高いんだけど、美味しいです。ピーナッツ好きはたまらないでしょうね。

レギュラーサイズの轟太鼓より小粒の「せいぞろい」の方が食べやすかった。でも割高なのは否めない。

落花糖

落花糖はむき身の落花生を甘い糖衣で包んだもので、砂糖の味だけではなくほんのりバターの風味もして、洋テイストを感じる。

落花糖

肝心の落花生がちょっとしっとりしていて、サクサクポリポリというよりはポクポクした歯応えです。

私はもっとサクサクした落花生の方が好きだな。

 

ペースト

肝心のペーストを味見すると、思った以上に深い味で香りが良くて高品質でした。

さっそくピスタチオサブレにしたので、この記事は明日更新します。

 

落花生どころの千葉県にはこば屋さん以外にも落花生の会社がたくさんありそうですが、たまたまピスタチオペーストを扱っていたということから、いい出会いになりました。

また機会があれば利用したいです。まとめて買えば送料安いし!

千葉落花生処 こば屋本店
自慢の一品『轟太鼓』本場千葉八街の落花生など、ご贈答用からご自宅用まで多数商品を取り揃えておりますので、是非ご利用下さいませ。

旅行に行けない今、お取り寄せできるのはありがたいですね

飛行機、電車、新幹線など、公共の交通機関に乗って遠出するのが難しいご時世です。

そんな中、通販で地元から離れた土地の美味しいものを購入できるのはありがたいですね。

今回は千葉県の味を楽しむことができました。

また何か気になるものがあったら、どこか遠くの品を取り寄せて感想を書きたいと思います。

もちろん配送業者の方への感謝も忘れません。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お取り寄せ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました